« Bay Trail-D で Client Hyper-V 不可 | トップページ | 二枚舌市長 »

2014年3月18日 (火)

国家暴走に高支持率

プーチン大統領 クリミアの編入を表明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140318/t10013074061000.html

高支持率だとしても、被害妄想になって国家暴走を起こす。
 日本が資源目的に満州を手放さなかったのとよく似ている。 世界を敵に回しても生き残る自信を持つことが国のあり方だと彼らは信じて疑わない。 自分らが何かしら他よりも秀でていることの証明をしたくて堪らないのだろう。 よく言われるように、これは劣等感の裏返しである。 いないはずの敵を作ってそれに備える。 共産主義を捨てても仲良くしようとできないのはそういう理由からだ。
 ウクライナがロシアを嫌うのは当然のことをしたからに他ならない。 計画経済の失敗で何十万人も餓死させられたり、他のところに強制移住させられたりした。 それでも、ロシアには軍港の提供を認めさせて関係維持に務めたのだが、その努力をロシアは今回全否定したのである。
 「国家には自国民を守るために他国民を殺す権利がある」 これは是か非か。 欧米は人権というか、人の協調性や連帯や博愛・平等そして良心の観点から、どうにかしてこの戦争殺人の否定に取り組んでいる。 が、まだ成功には程遠い。 それは日本の9条と同じ憲法を持つことが未だにできていないことからもわかる。 日本は壮大な実験国だったが、情けないことに自ら失敗の宣言をしようとしている。
 弱肉強食社会の中での消耗戦をやって喜ぶのは開戦当初だけであろう。 平和構築を上辺だけとバカにして心中で否定してきた人は開戦を喜々として賞賛するが、そのあとは御存知の通り、ヤセ我慢の時代が到来する。 「国に協力さえしていれば間違いない」などと言い張る頑なな人は、色んな判断の責任から逃れられる手段として、実にアンチョコに国を擬似宗教化する。 日本は新たに宗教をこさえなくても、すぐそこに借りてこれる天皇家の祭祀があるから、ことさら危うい。
 さて話を戻すが、国の暴走を国民が高支持率で支えるなら、周辺国は逆に包囲網を築く心理的負担が少ないことになる。 被害妄想VS徹底包囲の結果に予期しない第三国が関わると、世界が不安定になりかねない。 その第三国が中国かブラジルか、それとも日本か。

« Bay Trail-D で Client Hyper-V 不可 | トップページ | 二枚舌市長 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bay Trail-D で Client Hyper-V 不可 | トップページ | 二枚舌市長 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ