« 不明とは否定でも肯定でもない | トップページ | 電力会社の体質 »

2014年5月20日 (火)

クリミアの所有権

ロシアがクリミアを手放さない理由は、

  1. 黒海への海軍の出入口
  2. ナチス・ドイツからの奪還地という歴史
  3. トルコからの戦利品という歴史

では、ウクライナがクリミアを自国領とするに足りうる根拠があるのかどうかといえば、

  1. ホロドモール(数百万人規模の虐殺 1932-1933)に対するソ連(現ロシア)の罪滅ぼし
  2. 数百年(1249-1783)に渡るタタール人の定住地(後に強制移住)
  3. クリミアを含むウクライナ全土が独ソによる蹂躙の地という歴史

ロシアは戦勝国としてのプライドを振りかざすのに対し、ウクライナは暴虐の犠牲感を強く持つ。 パワーバランス的には、ロシアが管理するのが安定するのだろうが、正当性があるとは言い難い。

« 不明とは否定でも肯定でもない | トップページ | 電力会社の体質 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不明とは否定でも肯定でもない | トップページ | 電力会社の体質 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ