« 国の不法体質の根源 | トップページ | 偽装GID »

2014年5月 9日 (金)

陳情者の実態

【オウム法廷再び 菊地被告初公判(4)】「パンッと乾いた爆発音とともに爆発」 被害男性が生々しく証言
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140508/trl14050816520007-n2.htm

ぜんぜん、記事の本旨とは関係のない部分なのだが、つい気に留めてしまった。

証人「右翼が3分の1、共産党系が3分の1、残り3分の1がおかしなことを言う人。1割くらいはまともな人もいました」

※証人:オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件の被害者で、当時の都知事秘書、内海正彰さん(63)

ネットはまた比率が違うのだろうが、実際に行動を取る人の動向というものがわかる。 やはり、陳情者のすべてというか、そのほとんどを受け入れるわけにはいかない。 しかし、まともな1割を見出す鑑識眼は必要だということ。

« 国の不法体質の根源 | トップページ | 偽装GID »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国の不法体質の根源 | トップページ | 偽装GID »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ