« 『押し付け』というネグレクト | トップページ | まるで他人事の林農相 »

2014年6月 5日 (木)

軽薄抗議

開発者が女性差別的なプレゼンを行いTwitterで炎上し会社が謝罪
http://gigazine.net/news/20140605-gender-gap-tech/

明らかなブラックジョークや冗談に謝罪要求するのはおかしいと思わんのか。
 悪意をカモフラージュして、『相手がどこまで許すのか』とかまをかける強か(したたか)者に対しては、それに見破って抗議する場合があるだろうが、悪意のない冗談にまで過剰反応することに異常性を感じる。 一体、抗議をしている人はどんな人なのだろうか。 本来、現実社会では正当性を見る際には人と形(なり)を眺めるしそれができる。 匿名ネット抗議を簡単に許してしまうコンテンツの軽薄さに、そろそろ飽きが来てもおかしくないのだが……。

« 『押し付け』というネグレクト | トップページ | まるで他人事の林農相 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『押し付け』というネグレクト | トップページ | まるで他人事の林農相 »