« 戦前回帰 | トップページ | 絶叫朝礼の反動 »

2014年6月 9日 (月)

自民議員に期待した農家

JA全中廃止に「対案」、自民が新組織を検討
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140607-OYT1T50146.html

TPPに反対しながら、自民党議員に票を入れた農家は哀れという他ない。
 自民には、はじめからTPP参加は絶対で有りきで、交渉によって多少は有利にするだけのこと。 それを選挙時にひた隠し、あるいは嘘をつき、圧倒的多数を手に入れてしまった後にすることといえば、農協の解体だ。 次の選挙で反対勢力になり得る存在を今のうちに弱体化させようという意図は馬鹿でもわかる。 地方農家は過疎と相まって、政治家から足元を見られていると気付けないのだろうか。 自民議員なんて、長いものに巻かれる体質は昔から変わっていないよ。

« 戦前回帰 | トップページ | 絶叫朝礼の反動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦前回帰 | トップページ | 絶叫朝礼の反動 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ