« 医学会寄りの記事 | トップページ | 俺城化するNHK »

2014年7月28日 (月)

政策変更では得られない安定性

海江田降ろしと一線=野田前首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014072700176
「(首相在任中に)後ろから大きな弾が飛んできて、誰がやっているのかと思ったら元リーダーだった。そういうことを私はしたくない」

『禊(みそぎ)』大好きっ子の前原に聞かせてやりたい言葉。
 自分(身内)に厳しいことで、潔癖性とかアピールしているつもりなら、狂った武士道である。 一人稽古に励むときの鍛錬での矜持ならよいが、敵前でやるのはド阿呆というものだ。 「勝っての兜の緒を締めよ」という諺があるが、勝つ前に兜の緒で味方を絞め殺してどうする。
 海江田降ろしの先鋒の玄葉、安住は、今まで競争の中で自分を磨いてきた意識が強いせいか、淘汰思考で行動しがちなのではないか。 食傷気味の国民を前にして、党首という料理を次々とすげ替えたところで口にさえしてもらえないのにねぇ。 かなわない政府に手出しできずに内ゲバをする過激派みたいなことをするべきじゃないだろう。 野田前首相は、こういった当たり前のバランスをちゃんと持った人。 これだけの人を引きずり下ろしたなんて、日本ももったいないことをしたものである。

追記

グアルディオラ監督、W杯王者ドイツの模倣に警鐘
http://www.afpbb.com/articles/-/3021674
「どの連盟も、最高の施設を作り、選手たちの才能を開花させるための機会を作っていると信じるべきだ」

W杯優勝のドイツ監督の言葉。 「敗退したら首!システム変更!」の如何に愚かなことか。 「選挙で負けたら辞任!政策変更!」も同じことだろう。 人気取りと安定は両立しないと知るべし。 強いて言えば、バランスがある人に長期に任せるのが望ましい。 劇的な展開はもういらない。

« 医学会寄りの記事 | トップページ | 俺城化するNHK »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 医学会寄りの記事 | トップページ | 俺城化するNHK »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ