« 政治干渉と秘密保護法悪用 | トップページ | 非難する側にも求められる人となり »

2014年7月24日 (木)

軍復活への画策

元慰安婦ら、像撤去訴訟で棄却求める 6基目の碑除幕式に出席も
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140723/amr14072321270004-n1.htm

つまるところ、安倍政権は慰安婦の対応を間違えたのだ。 
 まず、真実云々は差し置いても、アメリカの仲介努力に泥を塗ったことは間違いない。 嫌韓派が日本国内に台頭してきた理由として、韓国のセンセーショナリズムへの反動だと私は考えている。 元慰安婦たちの多くは単に名誉のために口を噤んでいるというのは間違いではないか。 高齢化が進んでいるからという理由を加味しても、韓国が言うほどに慰安婦の規模があったなら、日本と険悪になるほどに国際的な登場を待たれるのに名乗り出ないのは不自然である。 仮に名乗り出れない事情があったとしても、それは韓国国内の事情であろう。
 韓国では常に日本との差異を意識する土壌がある中、政治レッテルを日本に貼っている連中のほとんどは、慰安婦と関係ないと思われる。 その粗雑なシュプレヒコールに日本の戦後世代が嫌悪したわけだが、日本側も戦後はアメリカとの安全保障下でぬくぬく経済発展してきたことにより喧嘩慣れしていない。 そのため、無駄に過剰反応を起こす。 南京虐殺同様に慰安婦の規模と所属理由に個人差があることを丁寧に韓国民および国際社会に説明するべきだったところを、「強制連行は存在しない」という乱暴な解釈の声に与党議員が賛同あるいは否定しないという態度を取った。 そのあとは御存知の通り、国際社会からしらけムードを買い、今はトーンを緩めてどっちつかずの玉虫色になりをひそめている。
 問題は、過剰反応している者の中に、事情を理解してなお扇動している者がいること。 前戦争の勝敗のせいで未来永劫無理解が続くのだから、もう一度戦争を起こして立場を入れ替えてやれというものが彼らの企み。 これは憲法9条の全否定行為である。 勝ち組に付くには、アメリカ側であることは絶対の必須事項だ。 だから、彼らは韓国を中国側へと追い立て日本国内は改憲へと世論誘導のための思想ステマを吐く。 その不気味さに気づかないほど、日本は平和ボケしてしまったようだ。

« 政治干渉と秘密保護法悪用 | トップページ | 非難する側にも求められる人となり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治干渉と秘密保護法悪用 | トップページ | 非難する側にも求められる人となり »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ