« 孤独な正義 | トップページ | 西と東の警戒 »

2014年8月13日 (水)

君も自衛隊員

安倍首相、再三否定も… 「徴兵制」の発言、議論なぜ?
http://www.asahi.com/articles/ASG887SZ9G88UTFK00T.html
「(徴兵制の採用は)全くの誤解。徴兵制は憲法上認められません」

何を言っている?
 必要とあらば憲法さえ捻じ曲げる党であろうが。 これほど憲法を蔑ろにしているのだから、「憲法があるから」という言葉にはぜんぜん重みを感じない。 産経どころか朝日まで現実性は乏しいというが、これほど平和ぼけしたマスコミは老害に侵されているようだ。
 集団自衛権の行使で実績を積み、「条文を現状に沿わせる」と称して9条の正式な改正に持ち込めば、日本国家と自衛隊にかかる負担を現状規模で維持できない。 過去の歴史など知らないこれからの世代は、負担や責任に対処するのに精神的な足枷なく動こうとするだろう。 そのときになって、先人たる我々が想定していなかったなどと恥ずかしくて言えない。
 私の懸念が杞憂だというなら、なぜ憲法で明確に徴兵制を否定しないのか、考えて見ればわかる。 戦争を放棄しているのだから軍隊もなくだから徴兵制はそもそも対象が存在しないために憲法に書かれていない、という理屈が破綻しかかっている。 改憲で自衛権の行使条件を緩めるのなら、歯止めの条件を追記するべきなのに、我が国はそれさえ口約束ですませようとしている。

« 孤独な正義 | トップページ | 西と東の警戒 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孤独な正義 | トップページ | 西と東の警戒 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ