« 生死の押し付け | トップページ | 間違いを糺す脅迫 »

2014年9月30日 (火)

ネットのデタラメ民主タタキ

「御嶽山の観測強化、自民が除外」 枝野氏、仕分け否定
http://www.asahi.com/articles/ASG9Y66R3G9YUTFK015.html
「観測強化対象を外したのは2008年12月の自民党政権のときだ」

では、批判していた連中が間違いを認めて自民に矛先を変えるのかというと、そうじゃない。
 結局、彼らは事実かどうかは問題じゃなくて、民主党を貶めて自民(とくに安倍政権)や太陽の党を通じて軍国化を推進させたいだけである。 陰謀論とヘイトスピーチを振りまき、自分とその取り巻きだけが生き残れるようエリート格差社会を作り上げ、数多の一般人を戦禍に散らし、あるいは経済のためと称して自国の領土を汚染させても、平気で罪を他に擦り付ける。 こんな人間であふれている現状で他国と戦争したら本当に侵略行為がまかり通るのは間違いだろう。 如何に隣国が意地汚いとしても、それ以上に醜い心でいては批判する資格もない。

「民主が御嶽山はずしたとは事実無根」片山氏に抗議へ
http://www.asahi.com/articles/ASG9Z527ZG9ZUTFK00J.html

片山さつきがなぜ知名度の割に女性閣僚枠に選ばれなかったのかを考えればわかるだろう。 正直言って、同じ自民党議員からも、うざがられているのではないかと推察できる。 今は人気取り発言ばかり行っていてポピュリストそのものだ。 真実性よりもウケを取れるかどうかの判断が優先してしまい、度重なる失言(失投稿)を招いている。 借りパクの罪は重い。

御嶽山被害拡大は「火山観測」仕分けた民主党のせい? 早とちりで「仕分け人」勝間氏がとばっちり
http://www.j-cast.com/2014/09/29217026.html?p=all
勝間和代さん所属事務所、事業仕分け時の発言めぐる批判受け「誤解」とコメント 御嶽山噴火に関して
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1409/29/news120.html
2010年の事業仕分けにおける勝間和代の発言について 勝間和代オフィシャルサイト
http://www.katsumaweb.com/news.php?id=1902

健常者とネトウヨが見えている世界は違うと改めて思うと感じる。 ネトウヨは、存在しない敵を作り、存在する敵には言論ではなく武力・暴力を以っての制圧・屈辱的屈服を目指し、面白半分で人格攻撃をし、自己正当化と責任逃れはデフォルトで、病的とも言える投稿数でのステマ・やらせ・風説の流布による世論操作を行う。 これに情報免疫のない低年齢・高年齢層が次々と絡め取られているのが現状で、情報社会が健全に機能しているとは言い難い。

« 生死の押し付け | トップページ | 間違いを糺す脅迫 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生死の押し付け | トップページ | 間違いを糺す脅迫 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ