« 地方再生 | トップページ | 安部首相のブラフ »

2014年9月22日 (月)

維新が描いた餅

学力テスト:全国平均下回った大阪「息の長い取り組みを」
http://mainichi.jp/select/news/20140826k0000m040069000c.html
担当者は「家庭環境が整っていない子どもが多い。根本的な解決に至らず、大きな課題だ」と漏らす。

学力テスト:低迷市町村強化へ主事派遣 大阪府教委
http://mainichi.jp/select/news/20140919k0000e040272000c.html
大阪府は今年度、小中学校とも全国下位に低迷しており、陰山英男委員長は「結果が上がった県は学校に厳しく指導している。指導主事には鬼になってもらいたい」と発破をかけた。

全国学力テスト [ 2014年第一位 秋田県 ]|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]
http://todo-ran.com/t/kiji/12090

家庭環境に問題があるなら、学校で復習もさせればいいだろうが。 ところが、

大阪府立高:「開かずの図書館」2割…行革で専任司書廃止
http://mainichi.jp/select/news/20140922k0000m040117000c.html

自習さえ、ろくにできそうにない。 府政もろくにできないものが国政ができるのか。

橋下氏「安倍政権に緊張感を」 維新の党が結党大会
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK21H0G_R20C14A9000000/

「反対のための野党はもう脱ぎ捨てます」と、政府のブレーキどころか政府以上に暴走する気満々。 また「民主党とは違うんだ」と言いながら、民主党の政策を意識した独自路線ばかりを狙う姿勢。 「反対」だから悪だとか善だとか言っている時点で政策の中身を見ない政略思考ではないか。 新たな問題が沸き起こったときに、自民・民主の出方を待ってからしか行動できないとしたら、政党としてジリ貧だろう。 政策発案能力においても、突拍子もない奇策だらけとなれば、まとまりのない野合と批判を浴びること間違い無し。 結局は、自民の傲慢さを真似ただけの口達者な弟分という立ち位置にしか過ぎないのではないか。

« 地方再生 | トップページ | 安部首相のブラフ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地方再生 | トップページ | 安部首相のブラフ »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ