« 韓国社会の闇 | トップページ | 親馬鹿後遺症 »

2014年10月20日 (月)

天皇・皇后の心、届かず

皇后さま、80歳の誕生日 「争いの芽摘む努力を」
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014101901001530.html

天皇・皇后は日本の民族主義化をさほど望んではいない。 天皇家自身が政治に翻弄される歴史を持つために、自ら国民を先導して排他純化を進めることなんぞありえないし、例え国民がそう望んだとしても国際関係を詳細に学んでいる身として、日本が世界の特異点となることも嫌うであろう。 これを当の日本国民が理解していないことが愚かしい。 皇后の言葉も、単なる当り障りのないメッセージ程度にしか受け止めずに、今日もヘイトスピーチを繰り返すのである。

« 韓国社会の闇 | トップページ | 親馬鹿後遺症 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国社会の闇 | トップページ | 親馬鹿後遺症 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ