« 心の隙を突く輩 | トップページ | リスクと活躍 »

2014年10月10日 (金)

検索結果に匿名度の反映を

グーグルに「検索結果の削除」命令 国内初か、東京地裁
http://www.asahi.com/articles/ASGB96DSDGB9UHBI021.html

 病的に勘違いして粘着するものはどうしても出てくる。 それをまともな会社が補助してやることはない。 ただし、機械式に集めたデータを人海戦術で内容判断までしていてはGoogleは破綻してしまう。 また、名誉毀損をしているサイトを調べることが困難になり、温床として残ってしまう可能性もある。 これを解決する手段として、検索結果には情報鮮度だけではなく匿名度も反映させるべきなのだろう。 そうすれば、Googleを訴えずとも、直接加害者を特定したり、そうでなくとも連絡を取りやすくなるだろう。

« 心の隙を突く輩 | トップページ | リスクと活躍 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の隙を突く輩 | トップページ | リスクと活躍 »