« 君主もどき | トップページ | 反潔癖主義 »

2014年11月 1日 (土)

功利主義会社の公益活動

国会図書館蔵の古書、電子書籍で販売…アマゾン
http://www.yomiuri.co.jp/it/20141029-OYT1T50124.html

功利主義を批判されるアマゾンだが、これに匹敵できる存在が日本にない。
 規模は仕方ないとしても、社会貢献を含む活動をしたがらないというのは問題である。 それは、日本には十分な収入を得たならば寄付をするという習慣がまだ根付いていないことと関係があるのかも。 赤字にならない程度に利益を度外視しても、きっと大勢の人が喜んでくれると思われることをしたり、その環境を整備することは大事だろう。
 ところで、Kindle Voyage を予約した。 300dpiつまり推定解像度が1080x1440らしいので、高品位フォントで50字/行を実現できそうというのが理由である。 やはり、紙以下では手が出なかったが、ようやくここまで来たかという気持ち。 すぐに陳腐化しそうなのは覚悟の上だが……。

« 君主もどき | トップページ | 反潔癖主義 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君主もどき | トップページ | 反潔癖主義 »