« 批判ゴロ | トップページ | 助け甲斐のない企業 »

2014年12月26日 (金)

中庸を見失った国民

ペヤング虫混入騒動、なぜ過熱? 過剰反応との指摘も
http://www.asahi.com/articles/ASGDM6KWPGDMUTIL05G.html
「オーバーリアクションだ」

何が適切なのか理解できずにやり過ぎる。
 それほどに、我が国は愚かになった。 慎重に行動すれば、「決断力がない」と批判する。 誰がやってもうまくいかない状況を「お前のせいだ」と罵る。 批判も擁護も度が過ぎる。
 箍が外れて狂ってしまった人にそれと気付かずに延々と付き合う幼児性がまず気になる。 若年層が不用意にネットで答えを探そうとしているのであろう。 そして疑い深くなり、軽忽に誹る。 ディベート(討論)力を育てようと政府は方針を立てているが、実際は大局観なき挑発人間ばかりがはびこる状態になりつつある。 突破口を見出せずに何かにしがみつくならば、それは信仰というものだろう。 信仰がいけないとは言わないが、それを頼る前にやるべきことがあるだろうに。

« 批判ゴロ | トップページ | 助け甲斐のない企業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 批判ゴロ | トップページ | 助け甲斐のない企業 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ