« 登校拒否は本人のせいか? | トップページ | 最強ではなく最長 »

2014年12月20日 (土)

ずるずる体質

諫早干拓:開門調査ないまま1年…制裁金間もなく1億円
http://mainichi.jp/select/news/20141220k0000m040136000c.html

この調整池の淀みを見て、まだ環境アセスはまともだと言い張るのだろうか。
 とっとと、営農者に頭を下げて別の土地をあてがうから干拓地から出て行って欲しいとお願いするべきだろう。 こういう当たり前の判断ができずに、最高裁判決までだらだら先延ばしするのは、もはや政府の体質だ。 国鉄の借金のときもそう。 早く手を打っていれば、膨れ上がらなかったはず。 結果は見えているのに失敗対処が遅れるのは、政治家の責任だろう。

« 登校拒否は本人のせいか? | トップページ | 最強ではなく最長 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 登校拒否は本人のせいか? | トップページ | 最強ではなく最長 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ