« 最強ではなく最長 | トップページ | 民主党の再編問題 »

2014年12月20日 (土)

告発者つぶし

ペヤングの販売休止でなぜか「被害者」が炎上 「ネット告発」をする際に注意すべきことは?
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4564
「企業を陥れようとしてねつ造画像を作った可能性もある」
「企業にクレームを入れれば済む話なのに、わざわざSNSにアップするのはただの目立ちたがり」
「虫なんて深刻な健康被害はないのだから、工場が停止して働けなくなった従業員などのほうがかわいそう」

事前にしとかなきゃならん注意なんてないよ。

「不祥事があってもペヤングを支持し続ける」という意見も多く

 とにかく人の意気を挫くのをゲームにしている連中なのだから。 まともな神経で見れば、上の批判なんてどれも大局観がめちゃくちゃな詭弁だ。 意図的かそうでないにせよ、物事の優先順位をまったく考慮せずに告発者を叩いている。
 以前からこのような陰謀論好きや事なかれ主義はネット上で流行りはじめていた。 長い時間をかければそれば間違いだと気付くのに、即決で出される答えのほとんどがデタラメな過激論に終始し、また積極的に意見を言う人が偏執狂と浅識に限られ、それをもって世論が引きずられている、というか世論とされてしまっている。
 学校を卒業してしまうと自意識過剰を指摘される機会を日本人は持たないのも問題なのだろう。 今の日本人社会は基本的に変人に対してリスクを犯してまで「あなたおかしいよ」とは言ってくれない。 それをよいことに自尊意識の増長が激しく、そいつらを見たくもなくても目に入ってきてしまう。 さてさて、真の客観というもの身に付けさせるにはどうしたものか。

« 最強ではなく最長 | トップページ | 民主党の再編問題 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最強ではなく最長 | トップページ | 民主党の再編問題 »