« 菅原文太さん死去の報道 | トップページ | 流言飛語大国 »

2014年12月 2日 (火)

答えは不要

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】対中国、論外な民主党の公約
http://www.sankei.com/politics/news/141201/plt1412010012-n1.html
憲法については「未来志向の憲法を構想する」と発表したが、これでは改正か否かもわからない。

このおばさんは、大変な勘違いをしている。
 国民が憲法改正をハッキリと望んでいなければ政治家が勝手に答えを出すべきではない。 まず、「国民が望んでいる」などと多数派であるかのような詭弁は止めるべきだ。 政治家がどっちだと主導すること自体が時機を得ていない勇み足というものだろう。 リスクに対する過剰準備は、それ自体が暴走リスクを生む。 しかも被害妄想に取り憑かれた国が先制攻撃を仕掛けたという前例が日本にはある。 この人は元アナだけあって言葉を慎重に選ぶが、やっていることはヘイトスピーチ絶賛である。 鉄砲玉を第三者にやらせて影で糸を引くこういう者が、日本を薄暗くしている。

« 菅原文太さん死去の報道 | トップページ | 流言飛語大国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅原文太さん死去の報道 | トップページ | 流言飛語大国 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ