« 持ち込まれる宗教遺物 | トップページ | ITセキュリティ企業の裏の顔 »

2014年12月28日 (日)

蛮勇

パキスタンの過激派聖職者に逮捕状、学校襲撃は「正当化できる」
http://www.afpbb.com/articles/-/3035326

多くの人を救う道をあきらめ、一部の暴力に媚びて生き残りを図ろうとする愚か者。 臆病であることを悟らせまいとして、打ち消すように過激な言葉を発する真の臆病者とも言える。 これは、トチ狂ったイスラム指導者だけか。 いやいや、日本の中にも『目立とう精神』であたり構わず噛み付くゴロつきが増加している。 半ば人生の王道から何かしらで逸れた人が、将来を悲観してか、好き放題な暴言を吐いているのを見かける。 インパクトを狙って、玉砕覚悟で爆弾を貯めこむような邪智にも長けている。 そういう人が多く生まれるように仕向けたのは格差社会であろう。 エリート人生を歩めない者がそのプライドを満足させようとして、無自覚に社会崩壊を望んでいるとしたら、現状の人心の荒(すさ)み様は納得できる。

« 持ち込まれる宗教遺物 | トップページ | ITセキュリティ企業の裏の顔 »

信仰・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 持ち込まれる宗教遺物 | トップページ | ITセキュリティ企業の裏の顔 »