« スパイダー犬 | トップページ | 公約 »

2014年12月12日 (金)

映画を作ることの意味

菅原文太さんに「映画を作ることに意味はない」と告げられた 細田守監督最新作『バケモノの子』発表記者会見をリポート
http://www.famitsu.com/news/201412/11067670.html

映画に限らないけど、何かを伝えたくて製作しても、すぐに目新しさを求めて逆の概念となる別作品を生ませてしまう。 堂々巡りを繰り返しているだけで、人や社会としての成長に貢献しているのかという問いかけのように思う。 普遍的な何かを残そうと思ったら、言葉だけではないもっと地に足をつけた何かだろうという想いがあったのではないか。 何が正しいかなんて、その時代に生きた人でないとわからないこともあるし、その壁は否定しがたいほど大きい。

« スパイダー犬 | トップページ | 公約 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スパイダー犬 | トップページ | 公約 »