« 偏向報道 | トップページ | ギリシャ離脱か、ドイツ離脱か »

2015年1月26日 (月)

頑固党

共産 政党助成法廃止の法案提出
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150126/t10014967731000.html

久しぶりに共産党を報じる記事を見た気がする。
 やはり、法案単独提出できる議席数ぐらい持っていてくれた方が、バランスがよい。 第一党になられても困るが、頑固者がいてくれた方が慎重な議論に貢献できるというものだろう。 国民や議員は、法案可決の流動性を増やし過ぎた失敗を認め、少しは選挙制度や助成法を改善してもらいたい。 そもそも助成法は献金を減らし金権政治を防止するために作られたのに、今はや企業の迂回献金によって有名無実になりつつある。

« 偏向報道 | トップページ | ギリシャ離脱か、ドイツ離脱か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偏向報道 | トップページ | ギリシャ離脱か、ドイツ離脱か »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ