« 敵視は手を尽くしてから | トップページ | 西川農相の問答無用 »

2015年1月 7日 (水)

乗せられる在日

わかりあえたら:不寛容時代に/4 居場所求め「嫌韓」 運動に幻滅、今は反「ヘイト」
http://mainichi.jp/shimen/news/20150105ddm041040063000c.html

右翼・ヤクザになぜ韓国人がいるのか、不思議だった。 
 今ならわかる。 日本の排他民族主義者の罵倒に恐怖し、彼らの味方側に付けばそれから逃れられると思っているのだろう。 でも、そんなのは弱さに付け込まれたまやかしに過ぎない。 倒錯した姿を見せつけられて、がっかりした日本人支援者もいることだろう。 が、諸悪の根源が脅しで思考を奪った日本人であり、そのことは差し引いておくべきと考える。

« 敵視は手を尽くしてから | トップページ | 西川農相の問答無用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敵視は手を尽くしてから | トップページ | 西川農相の問答無用 »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ