« 中庸道の険しさ | トップページ | 日独の違い »

2015年1月21日 (水)

笑うも楽しそうに見えない谷垣氏

岡田氏「宏池会に近い」発言、谷垣氏は苦笑い
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150120-OYT1T50162.html
自民党の谷垣幹事長は20日の記者会見で、民主党の岡田代表が自身の政治的な「立ち位置」は自民党の宏池会(岸田派)に近いと説明していることについて、「自分たちの立ち位置をどう整えるか、相当苦労されているのではないか」と苦笑交じりに語った。

変節した谷垣氏にとっては与党でいることだけが、自分の慰めになっていることだろう。 ポリシーも何も、勝つことだけが最優先される党で、かつて目指していたものとは異なる世界を支持者に説明して回るから、ストレスで頭が薄くなるのではないか。 安倍氏にレッテル型政争をまざまざと見せつけられて、自分の居場所の確保のために、同じことを真似てみせている姿は痛々しい。 やせ我慢的な発言を抑えて存在感を増すことが重要なのに、当の本人が小役人的では後が続かない。

« 中庸道の険しさ | トップページ | 日独の違い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中庸道の険しさ | トップページ | 日独の違い »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ