« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

冤罪を生む最高裁判事

本ブログをしばらく休止する前に、最後にひとつ投稿。
日本の裁判所はまともだと思っていると、とんでもないという話。

強姦事件の再審決定 診療記録、証言と矛盾 大阪地裁
http://www.asahi.com/articles/ASH2V7311H2VPTIL017.html

「疑わしきは罰せず」
 こんなことは、司法の常識中の常識。 であれば、なぜ冤罪が生まれるのか。 最高裁判事に人を見る目がないということに尽きる。 それを選んでいるのは内閣だ。 つまり、内閣の背骨が曲がっていれば、それは法解釈にまで投影される。 証拠が薄い場合、全部白としてしまうと犯罪者を多く野放しにしまうのはわかるが、それでも理詰めで納得出来ない余地がわずかでもあるなら、罪を下してはならない。 このようなことをしでかしても、最高裁判事は職務怠慢で訴えられること無く、国民審査で失敗判決として選挙公報に載ることもない
 また、政治的に三権分立といいながら、内閣の顔色を伺う忖度姿勢は明白だ。 選挙定数是正不足を違憲・選挙有効という矛盾で押し通すのはもちろん、政治家の国民への偽証を国家機密という扱いで隠蔽に加担し、暴露記者を別件で有罪に貶めるなど、到底純潔の人などとは言えない。 これから先、政教分離や教科書検定を巡って怪しい判決が待ち受けていると危惧せざるを得ない。 例えば、自衛隊が合憲であるには専守防衛に限定され、先制攻撃への抑止力を超えてはならない。 隣国を武力で怯えさせない適正規模である必要があるのだが、それを判断できるかどうか。 太平洋戦争は世界から要求された軍縮を突っぱねたところから、日本は後戻りできなくなったことが原因。 司法のトップがその権力を最大限に行使するときをどのように想定しているのか、国民は関心を持つべきだろう。

潮時

もう、ココログは嫌だわ。
 書いだ記事が一瞬で消えるのはもうキツすぎる。 こんなのは昔からライターを困らせる問題だから、テキストエディタで別取りしとけと言われるが、それを忘れるのも昔からなんだよ。 そろそろ、潮時なのかもね。 進歩のない道具に付き合うのは、止めにしたい。

疑念コントロール

中1生徒殺害 少年3人関与か 聴取へ NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150227/t10015784271000.html

 事件発覚以来、警察がたらたらと捜査情報をマスコミにリークしているのは、犯人少年らに自首を促しているのだろうと見て取れる。 向こうがあくまで無視や隠蔽工作をし続けるつもりなら、厳罰対象になるのは間違いない。
 しかしながら、犯人といい、被害者といい、痛い目に遭わなければ自分が間違っていることに気づかない人がどうしているのか、理解に苦しむ。 親や教師、はたまた国家・宗教、先輩・友人というものに、正義あるいは快楽とはこうだと思い込まされている(餌付けされている)のだろうと思うのだが、一旦染み付いたその頑なさ、予見性・先見性の無さを思うと、人類は未だ淘汰因子(死亡フラグ)を完全消滅させる術を持てていない。 『疑念』について浅深のバランスをとってコントロールできるものだけが生き残れる。 だが、それを失敗してしまう身内を見せつけられるのは辛いというものだ。

2015年2月26日 (木)

日本のプロパガンダ紙

アングル:安倍政権への批判後退か、メディアの自粛ムード強まる
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LT0US20150225

自粛どころか、せっせと点数稼ぎや提灯持ちをしているのが、読売と産経。 この先、国政に重大な失敗が起こるとしたら、この2紙の責任は免れない。
 この2紙にも違いはある。 産経はほぼ盲目的に国粋主義を是とする。 たまに彼らの眼でなければ捉えられないニュースもあるから存在意義は少しはあるのだろうが、大概の記事はヘイトニュースだ。 一方、読売は打算的でヒエラルキーを是とする。 悪い意味で保守系資本主義の申し子と言える。 金の流れに敏感で秘密裏の人心の掌握に長け、 『オープン』とは対局にある概念を好む。
 人、人間として、誰にも彼らのような一面は備えていることは否定しない。 しかし、『人間臭さ』などと笑っていられる許容範囲を越えて度が過ぎれば、ファシズムの尖兵となるのは必定だろう。

2015年2月25日 (水)

老害

相いれぬ父娘 大塚家具、泥沼化する「お家騒動」
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83601740U5A220C1000000/
大塚家具、会長が緊急会見 長女の現社長解任求める株主提案を説明
http://www.sankei.com/economy/news/150225/ecn1502250048-n1.html

自分が解任されたからといって、髄反射的に手を撃つというのは情けない。
 ハメた連中の正否をしばらく見てから行動をとればよいものを、これではただの嫌がらせ。 おそらく老害だろう。 昔と違って、価格で言えば多くのホームセンターがひしめくようになり、洒落っ気で言えばIKEAのような海外勢が台頭してきている。 それなりの変化を大塚家具にも求められているのは確か。 昔と営業を変えないというのなら、では何を変えるのか。 その提案なしでは、役員復帰など認められるものではない。 それにしても、わからず屋の親に泣かされる人の多いことよ。

学校とネットの違い

ツイッター投稿:女子高生がIS想起させる不謹慎画像
http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000m040009000c.html

学校内であれば、教師に怒られるだけで済んだのかもしれない。
 しかし、ネットは違う。 被害者家族の目に入る環境にある。 『情報』の授業で教えていないのだろうか。 教えていないのであれば、生徒より学校や親の責任もある。 ネットは厳然たる校外であり、対処のしどころを間違えると命を落とすこともあるのだと肝に銘じるべきだろう。

害ブログと害ポータル

「電車内ベビーカー」問題は、子育てへの理解不足が原因ではないと思う件(ふじいりょう) - 個人 - Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujiiryo/20150225-00043319/
個人的にこの「電車内ベビーカー」問題は、子育てへの理解不足が原因なのではなく、混雑状態の車内に広いスペースが必要となるベビーカーを乗車させなければいけない「状況」に無理があるのでは、と感じる。誤解を恐れずに書くならば、その女性あるいは男性が子どもを一緒に連れて、ベビーカーで200%前後の乗車率の電車に乗らなければいけない必然性がある事とは一体何なのか。お仕事ならばフレックスや在宅ではムリなのだろうかとか、通院ならばむしろ病状が悪化しないのだろうか、とか考えてしまう。

このブロガーはまさに無理解の典型。
 なぜ遅刻寸前の乗客を前提として議論するのか。 そういうマイナー例をことさら取り上げて強調することを詭弁という。 ベビーカーで混雑車両に乗ることを避けている人はすでにごまんといる。 それでも事情によりどうしても乗らざるをえない人は少数ながらいるのは仕方ないことだろう。 それを完全に乗車拒否させるべきだと論じるのは、不必要な乗車と決め込んでいるからに他ならない。 子育て中の女性は朝通勤電車に絶対乗るな、仕事はフレックスか在宅のあるものだけにしろ、できなければ職場・職業替えしろ、患者が時間指定できる人気のない病院だけに通え、という暴論そのものである。
 こんな自己中心的な思考を恥ずかしもなく世間にお披露目しているインターネットとは何なんだろうかと考えざるをえない。 ある程度、社会コンセンサスの経験もしくは教育を得た人だけが情報発信の権利を持つべきではないか、もしくは社会コンセンサスが低い情報源を自然排除する仕組みが必要なのではないか。
 また、こんな馬鹿げた情報を取り上げるYahoo!ニュースというバイラルメディアやキュレーションサイトへの牽制方法も考えたい。 ロボット的に情報を整理するGoogleと違ってYahooには情報操作性が感じられる。 Yahoo Japanに限らないが、ニュースサイトやポータルサイトが有害サイトに転じたとき、代替・対抗サイトができるまでどうするか、こちらも議論の必要があろう。 大会社が永遠に健全とは限らない。

2015年2月24日 (火)

中国からの釘刺し

「侵略の罪、ごまかし試みる者がいる」中国が国連演説
http://www.asahi.com/articles/ASH2S0JBTH2RUHBI031.html

中国発言に菅長官「国際社会は日本の貢献評価」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150224-OYT1T50049.html

日本政府が即反応。 自覚があるのだろう。 そして、侵略の罪を問うているのに、貢献評価などと見当違いな受け答え。
 中国側のすべてが正しいとは思わない。 しかし、付け込まれる隙や綻びを安倍政権は与えすぎた。 いくら慰安婦問題で朝日に謝罪させたところで、靖国参拝や9条改憲そして尖閣の田中首相(当時)発言の否定など、他国が訝しがる行動の方が圧倒的に多い。 原発は再稼働まっしぐらで、ヘイトスピーチ法案には不熱心。 熱意があるのは選挙公約に無かったTPP。
 だが、世論調査では人気を誇っている。 中国がそれならばと、日本国民を標的にし始めたとしても不思議ではない。 中国は政治思想的には赤ん坊みたいなもの。 それに対して諭すのではなく、銃口を向けようとしている。 少なくとも日本人以外からはそう見られているのは確か。 中国も日本もどっちもどっちとなると、いざというときの手助けも適当にあしらわれると想像に難くない。 経済以外八方手詰まりだという現実認識が足りなさすぎではないか。 自画自賛・我田引水も度が過ぎれば、交渉の旬を失う。

カーター新国防長官、日中韓の歴史問題に苦言
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150220-OYT1T50091.html
「アジア太平洋地域における過去をめぐる癒えない傷と、確固たる安全保障制度の欠如」

アメリカは日本・韓国も度が過ぎれば、中国と同じ扱いに準じて極東全体を自国の敵とみなす考えは昔から変わらない。 日本の右翼は密かにアメリカをもヘイトの対象にして国粋主義を練り上げる。 首相の狡猾なところは、アメリカを敵に回さないとしつつ、国粋主義者を利用するために、持ち駒として囲ってることだ。 「私の真意はあなた方と共にある」とささやきながら、アメリカには「同盟は鉄板だ」と二枚舌を使う。 海外から見れば、ご都合主義のタヌキおやじにしか見えない。

文化交流での平和貢献の余地

「はだしのゲン」アラビア語に=争乱の中、平和訴え-エジプト
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015022400038
「はだしのゲン」 アラビア語版出版
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150224/k10015691591000.html
K10056915911_1502241110_150224111_2

NHKが肝心なことを文章に起こしていないので書き留めると、
翻訳者の教授は 「原爆の場合は絵がないと分からない」 と答えている。

 国際平和貢献に何すると聞かれて、自衛隊派遣しか思い浮かべられないとしたら、たいそう貧しい頭の持ち主と言えるだろう。 恐怖への対処として、武力に頼りすぎる観念は危険極まりない。 亡くなった漫画家でさえ文化交流で平和に貢献しているのに、生きている我らが自分の微力を何も行使しないのは情けない限りだ。
 しかも、「はだしのゲン」は子どもの閲覧に相応しくないなどとして図書館の閉架に仕舞うなど、戦争惨禍の隠蔽工作をしている団体・個人がいる。 さらには、右傾政府に阿(おもね)って自治体や教育委員会が先鋒担ぎまで買って出る事態となっている。 我が国は原爆を落とされ、各市区町村では平和都市宣言が採択されてきた。 その実行力が今や風前の灯火なのは間違いない。 難しいから、誰もやっていないから、面倒だから、という理由で文化交流を避ける傾向は21世紀において恥ずべき日本人体質と言える。

法曹に潜むゴロツキ

過払い金返還請求の広告会社脱税容疑 弁護士ら顧客1千
http://digital.asahi.com/articles/ASH2K4SVGH2KUTIL027.html
同社や関係者によると、同社は取引先の印刷会社などに虚偽の請求書を作成させて外注費を振り込んだ後、手数料をのぞいた金額をキックバックさせていたという。

脱税容疑の過払い金広告会社 消費者金融に精通し急成長
http://digital.asahi.com/articles/ASH2R1W2HH2RUTIL001.html
09年7月期に約2億7千万円だった売上高は、14年同期には約108億円となった。

株式会社DSC テレビCMリリースのお知らせ
http://www.atpress.ne.jp/view/22454
■株式会社DSCが運営する法律ポータルサイト
「相続・遺言相談所」
http://www.sozoku-yuigon.com/
「離婚問題相談所」
http://www.rikon-soudanjo.com/
「交通事故問題解決相談所」
http://www.jiko-kaiketsu.com/
「会社設立・法人登記相談所」
http://www.setsuritsu-omakase.net/
「債務整理・過払い請求相談所」
http://www.saimu-hasan.com/
「自己破産・債務整理の基礎マニュアル」
http://www.saimu-kaiketu.net/
「法務ポータル.com(ドットコム)」
http://houmu-p.com/

合法であっても節度を守るべきなのが士業。
まして、非合法で信用を失えばどうなるか。

グレグジットより怖いもの

ギリシャ、改革リスト提出24日に延期
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK24H0F_U5A220C1000000/
ユーロ圏当局者は「提出物の内容はサプライズにはならない」と述べた

ギリシャ政府、改革案の提出を延期 支援延長の条件
http://www.afpbb.com/articles/-/3040555
この改革案には、今年1月の選挙で圧倒的勝利を収めた急進左派連合(SYRIZA)のアレクシス・ツィプラス(Alexis Tsipras)首相が選挙前に掲げていたあらゆる公約が含まれるという

十分(悪い意味で)サプライズだろう。

ギリシャ、改革案提出へ 富裕層への増税探る
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM23H85_T20C15A2FF8000/
取り締まり強化で、年内に20億~25億ユーロの歳入増を見込む計画

20億~25億ユーロ(2700億~3300億円)って……しかも、これを毎年だって!?
これが如何に無謀か。 日本でさえ摘発は年150億円前後。

2013年度査察の脱税総額は約145億円と低水準 - ゼイタックス
http://www.taxcom.co.jp/snews/top/publish.cgi?news_src=1425&cat_src=tax&enc=utf-8

 すべてにおいて、根拠の無い見通しを出しては指摘の繰り返し。 落第寸前のデキの悪い学生のレポートの面倒を見てやっているようなもの。 ギリシャ税務当局に富裕層の脱税スパイが潜り込んでいると見るのは当然。 その改革が一朝一夕にできるはずもない。
 よくデフォルトで一番困るのは国民だと指摘されるが、真っ先に救われるのも国民である。 富裕層の既得権益を根こそぎ再分配するには、デフォルトこそが効果的。 ドイツとギリシャの財相どうしは仲が悪いなどと筋立てる記者もいるが、むしろ土壇場での中途半端な遠慮で混迷を深めている。

  • グレグジット(Grexit = Greek exit)ギリシャのユーロ圏離脱
  • グレキシデント(Grexident = accidental Greek exit)ギリシャのユーロ圏からの突発的離脱

といった予測不能に怯えているみたいだが、最後まで歩詰めの手を緩めないことこそが、慈悲というもの。 本当に怖いのは、ドイツ離脱の方。 ギリシャ救済に失敗した責任にネオナチが付け込んでくると、世界は一気に不安定化する。 対処の優先順位をよく考えるべきだろう。

>> 追記

[FT]ギリシャと合意しても修復できないユーロの欠陥
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83602110U5A220C1000000/

筆者はFinancial Times のチーフらしいが、なんというか、人見知りする英国人という感じが漂う。 イギリスはEU加盟国でありながらユーロを導入していない。 今はその采配に自信を深めているところだろう。 よくユーロ圏外の論者から聞く話に、ギリシャにイタリアやポルトガル、スペインが続くとする説がある。 それはないと私は思う。 理由は単純にギリシャほど非合理的でもなければ利己的でもないからだ。 遊びすぎというのは確かだろうが、労苦を厭うわけではない。 政治視点も大事だがそれ以前に国民性も知るべきだろう。

小汚い政治家

ヘイトスピーチ新法に慎重姿勢 安倍首相
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022301001731.html

  • ヘイカー(ヘイトスピーカー)を自分の支持者と認識している
  • ヘイカー(ヘイトスピーカー)を圧力団体として手先に使いたい

この思惑が透けて見える。

整合性のない読売の報道姿勢

実習船、夜間監視用センサー入れ忘れ
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150223-OYT1T50102.html
発表によると、北鳳丸では日没時、航海灯の点灯と同時にセンサーを起動させるルールだったが、道教委職員の男性船員が現地時間の16日午後4時半にスイッチを入れ忘れた。17日午前3時半に別の船員がスイッチを入れたが、同6時35分の朝の点呼に男子生徒の姿はなかった。船内ビデオで、生徒は17日午前0時4分に甲板に出たことがわかっている。

ハワイで不明の水産高生、米警備隊が捜索終了
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150221-OYT1T50100.html
男子生徒は日本時間の17日午後9時過ぎ以降、行方が分からなくなっており、海中に転落した可能性があるとみられている。男子生徒の保護者らは22日、ハワイに向けて函館を出発する予定。

ハワイ沖で転落か、水産高実習船の男子生徒不明
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150218-OYT1T50079.html
同隊によると、男子生徒は同日午前2時50分頃に船内にいることが確認されているが、その後の点呼時に姿を見せず、行方がわからなくなっているという。

読売のデタラメ報道ぶりに困惑するばかり。 『我が社は引用したのみで責任はない』とでも言いたいのだろうか。 読売はこっそり記事を修正することも多い。 他社に提供した第一報内容と違うことがしばしばある。 訂正してその事実を読者に告げるべきだろう。

本人辞任まで動かない与党

西川農相が辞任、後任に林前農相、砂糖団体からの寄付問題で
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NK7VHO6S972C01.html
NHKによると、西川氏は政治資金問題について、「私がいくら説明しても分からない人は分からない」と指摘し、「法に触れることはない」と述べた。

違うんだよ。 「法に触れてしまったが、指摘されるまでそのつもりはなかった」と答えるべきだろう。 この期に及んで事実を認めず潔しとしない往生際の悪さは自民党ならではだ。 民主党も手厳しいとは思うが、そもそも民主政権時にあらゆる足を引っぱったのは他でもない自民党である。 汚職ではなく失言程度で辞めさせられた閣僚が何人いたか。 今の自民閣僚が失言で辞めた例はひとつも聞かない(もちろん失言がないわけではない)。 何度言っても金銭にだらしない人間には、結果で責任をとってもらうのは当然。 西川農相も二度目となると、うっかりでは済まされない。

>> 追記

民主・玉木議員後援会、同じ社長の8社から280万円
http://www.asahi.com/articles/ASH2Q536CH2QPLXB00D.html

よりによってである。 法の趣旨を鑑みれば違法に近い。 これでは民主党が政権に返り咲いた時にまた足元をすくわれる。 民主党幹部は若手の資金管理に注意を払うべきだろう。

>> 追記2

西川氏の事務所「どこにいるのか分からない」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150224-OYT1T50068.html
国から補助金を受けることが決まっていた栃木県内の木材加工会社から、2012年9月に300万円の寄付を受けていたことが判明。

突然の農相辞任はこれをマスコミが嗅ぎつけたからか。 自分の辞任を「潔し」と言っていたらしいが、泥まみれ。 自民党の体質として、出世欲が強すぎて政策ではなく金に汚く動くというのが定番だが、安倍政権になっても何も変わっていない。

>> 追記3

首相「罪あるごとく決めつけはいかがか」 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150225/t10015740891000.html

本人に自覚がない場合、法には触れていないのかもしれない。 しかし、それは同じミスを繰り返すチャランポランか老害だと言っているようなもの。 大臣どころか議員を任せられないほどの者を採用したことになる。 任命責任の範囲は、コンプライアンスだけではなく、議員適性といった人格をも含むという主旨の発言を首相自身が先日述べたばかりではないか。 ちなみに、追記2のニュースを見る限り、『罪』の追求をかわすために辞職したと見るのは、極普通の国民感覚だと思う。 西川氏に自覚がなかったならば、正々堂々と「私は耄碌しました」と弁明すべきだろう。

2015年2月23日 (月)

ITの次に来る産業

【第87回アカデミー賞】「ベイマックス」に長編アニメ賞 「かぐや姫」受賞ならず
http://eiga.com/news/20150223/10/

 「かぐや姫」の評価はさておき、「ベイマックス」(原題:Big Hero 6)はアメリカ史上画期的な映画なのである。 何がって、人間フレンドリーなロボットが主人公なところがである(『ASTRO BOY』は日本映画としてカウント)。
 基本的にキリスト教圏のアメリカでは、神以外が人に似せたものを作ってはならないという倫理観に縛られる。 人型ロボットのほとんどが悪役ないし脇役で登場するのが今までの常だった。 それからようやく抜け出せたのが本映画である。
 技術的な進歩で等身大のロボットが実際に作られてきているし、近年3Dプリンタの普及でプロトタイプの製作が容易になったという地盤もあろう。 間違いなくこれからは、ロボット開発競争がはじまろうとしている。 大体、ITの次に来る産業が見えてきた感がする。

天皇家の意向を無視する政治家

皇太子さま55歳の誕生日 戦後70年「歴史正しく伝承を」
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022201001586.html

「皇太子さま、55歳の誕生日」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2427568.html
https://www.youtube.com/watch?v=rJ5ld5Fi2z0

天皇家の意向を無視する政治家や旧宮家、国家神道推進者、国粋論者が、さも「日本とはこうだ」と力説する。 彼らの言葉に信じ従うということが、取りも直さず天皇家の首を絞めることにつながっているのがわからないのが、日本の現状。 安倍政権を推せば押す程に、天皇家は黙っていろと圧力がかかる。 最悪、「皇太子の(平和)教育が間違っていたから、悠仁親王には(国粋)思想教育を施すべきだ」という政府官僚・政治家・右翼思想家が出てくるのは間違いない。 もう少し国民は、自分らが過激論の渦中にあるという自覚・見識を持つべきだ。

右傾化目立つソーシャルメディア

首相のヤジ「どっちが総理なんだ」 民主・枝野氏
http://www.asahi.com/articles/ASH2Q6HKFH2QULFA009.html

131ツイート中単純リツイートを除いてカウント
自民・首相批判    11
民主・枝野批判    32
両方批判    8
朝日のみ批判    5
その他    1

朝日上ですらこの状態。 他紙やYahoo!上ではもっとひどいことになる。
少なくとも本件ニュースは首相に分が悪い。 にもかかわらず、報道はそれを覆せていない。
ソーシャルメディアは目立ちたい人の声を拾うので、扇動傾向が顕著。
現代のデマ拡散媒体という位置づけになるのだろう。

>> 追記

「安倍首相のヤジ説明、民主議員が撤回要求」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2426831.html
「民主議員へのヤジ理由、首相「正確性欠く」と訂正」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2427721.html

安倍首相、「日教組に補助金」発言を訂正 ヤジへの説明
http://www.asahi.com/articles/ASH2R3GD5H2RUTFK002.html
20日の質疑で首相はヤジについて「なぜ日教組と言ったかといえば、日教組は補助金をもらっていて、教育会館から献金をもらっている議員が民主党にいる」と答弁した。
首相は午後からの質疑で、教育会館から民主党議員への献金発言について「文科省で調べた結果、2012年度までの10年間の決算書を確認した限り、議員献金という記載はなかったということだった」と答弁。「私の記憶違いにより、正確性を欠く発言を行ったことは遺憾で訂正申し上げる。申し訳ない」と述べた。

当の首相本人が間違いだったと指摘しているのに、ツイッター上では民主党批判の方が優勢というのは、明らかにおかしい。 この国が如何に間違っている方向に誘導されているのかがわかる。 個別に問題の正否を判断せずに、はじめから「民主党だからダメだ」「朝日だからダメだ」とする意見が横行している。 日本人というのは、自分に否があればまず詫びるのが筋と考える民族ではなかったか。 首相はまだしも、首相を応援する輩の中には日本人は少ないようにみえる。

2015年2月22日 (日)

反省教育70年後の崩壊

「殺害された後藤健二さん、解放交渉の会社で戦場訓練」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2426552.html
この会社による水面下の交渉についてビルト氏は、安倍総理が中東訪問で2億ドルの人道支援を表明し、「イスラム国」が脅迫ビデオを公開した後に、事実上、終わったとみています。

交渉専門家が首相発言が殺害に影響したと見ているのに、日本国民は「安倍氏はよくやった」と言う。
 現実が見えなくなっているこの状態は、やはり国粋主義者によってマスコミの半数や政府が乗っ取られていると判断される。 日本の戦後教育の至らなさもあるのだろうが、教師を教科学習指導者の地位に押し止め、思想教育者としての立場を70年かけて剥奪していった政府に原因がある。 安倍氏の恩師も「人の声に耳を傾けるように」と度々苦言を呈しているが、蛙の面にションベン。 『師』とは思っていないのだろう。

2015年2月21日 (土)

敷居が高すぎる裁判所

NHK NEWS WEB どう救う 戸籍のない子どもたち
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_0220.html

日本の法制度は、一旦ダークサイドに落ちたら、存在しなかったことにしてしまう。
 無国籍や後見人設定などもそう。 無駄に厳重な手続きのために、健全に国民としての義務を全うする機会を奪っている。 ひとえに裁判所の敷居が高すぎる。 裁判所の受付に必要な証明書をそもそも入手できないという現実、入手した書類でさえ発行3ヶ月以内でなければならないなど、合理性を欠く制限だらけ。 親がバカなら子はとんでもない苦労を背負わされる。 親に責任を問うのはいいが、子がその責を受けるのは違うだろう。 本来であれば、どこの生まれであれ、この国に協力してくれる人を国民として扱うのが筋というものだ。

4ヶ月 or 3日間

ギリシャ支援の4カ月延長、ユーロ圏財務相が合意 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LO21S20150220
ユーロ圏当局者によると、合意では、ギリシャが支援条件を確実に順守するよう、支援期間中に実施する政策措置の一覧を23日までにユーログループに提出する必要がある。

ドイツ陣営、ギリシャへの圧力強化-離脱容認の段階との指摘も - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NK2UOB6K50XV01.html
欧州連合(EU)の当局者は20日に合意が成立する可能性は低いと述べ、22日または23日に再協議する可能性を示唆した。
「ギリシャに対して『本当に離脱したいのなら、離脱すればよい』と言う段階にドイツなどの諸国は達した」と続けた。

国会承認が必要な国があるから20日がリミットだとされていた。 23日の提出ではもう間に合わないのではと思ったが、週明けに即判断するということか。 これを合意と呼べるのかは、まだわからない。 のらりくらりと目先の嘘をついて得られたのは、4ヶ月ではなく3日間だけのような気がする。

ギリシャへの金融支援 4か月延長決定 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150221/t10015630811000.html
財務相会議の共同声明では、ギリシャ政府に対して今月23日までに財政再建や経済成長を後押しする構造改革案を提出するよう求めたうえで、4月末までにそれが妥当かどうかを判断するとしています。

4月末ということは、2ヶ月後。 4ヶ月ではない。 この2ヶ月の間にSYRIZAは選挙公約を撤回し、さらに23日提出予定の緊縮策を国民に説得するということになるが、何だかもうズルズル。 EUは傷を広げただけのような気がする。 23日にまともなものが出てくるとは思えないし、今度は国民に嘘をついた形になるギリシャ政府側のメンツが、2ヶ月後、4ヶ月後に同じかどうかさえわからない。

ギリシャ支援の4カ月延長で合意、条件付き-ユーログループ - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NK319T6JTSES01.html
ドイツのショイブレ財務相は会合後に記者団に対し、ギリシャ政府は「十分苦労してきた」と指摘。「これ以上困難にすることをわれわれは望まない。われわれがギリシャ政府に望むのは、ギリシャおよび欧州の利益のために厳しい道を前進できるよう、至急必要な措置を講じることだ」と語った。

交渉を重ねるうちに、目の前にいる人間を更生させるのに成功したとしても、そのバックに控える者達には届かない。 荒療治ができないなら長期で面倒を見ざるを得ない。 ヨーロッパはこの先長いトンネルに入る。

>> 追記

ギリシャ改革案、民営化計画を後退させない方針表明 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LS0VP20150224

  • 現在進行中あるいは完了した民営化計画を後退させない
  • 「人道上の危機」を解決するためのあらゆる取り組みが、予算に悪影響を及さないようにする
  • 税制を改革する。税金の滞納や不良債権に対処し、脱税、密輸、汚職との戦いながら、主要な住宅の差し押さえを終わらせる
  • 政府支出について、あらゆる項目を見直し、コントロールする
  • 公的部門の賃金体系について改革を約束。一段の賃下げを回避しつつ、全体的な給与支払いが増加しないようにする
  • 最低賃金の引き上げを行うことを視野に、賃金の団体交渉を段階的に導入するが、そうした引き上げは欧州および他の関係当局と協議した上で実施する

地元に帰ったら、今度は党員にやり込められたらしい。 で、出てきたのがこれ。 このリストのほとんどが「~しない(ようにする)」という表現。 本来、改革リストなのだから「~する」としなければダメであろう。
 中身について言えば、新たな民営化はしないのか。 予算に影響しない公共サービスがあるはずがない。 見直し、コントロールは書かなくてもやって当たり前。 賃下げせずに給与総額を増やさない方法が書かれていない。 最低賃金の引き上げは財政健全化目的では改革ではなく改悪。 小学生の反省文かよ……。 これを数十億ユーロつぎ込み2ヶ月かけてEUは検証するつもりなのか?

2015年2月20日 (金)

嘲り国会

「「さすがテロ政党」、共産党にヤジ飛ばした自民議員が謝罪」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2425568.html

「議場のヤジはセンスを問われる」 自民・谷垣幹事長
http://www.asahi.com/articles/ASH2N46VRH2NUTFK004.html

首相、農相追及の民主議員にヤジ 「日教組どうするの」
http://www.asahi.com/articles/ASH2M77GYH2MUTFK01V.html
大島委員長が「ヤジ同士のやりとりをしないで。総理もちょっと」と双方を注意した。

かっこいいと思っているのは自分だけ。 横槍特権でも持っているつもりか。

ヘイトスピーチ規制?「ちょっと待った!」 やまだ賢司(2014.08.28 自民党ヘイトスピーチ対策PT)
https://www.youtube.com/watch?v=6TMpbkjEzEY

わざわざヘイトスピーチ対策PTで、人権侵害報告は総連の企てで表現の自由という人権(?)が侵害されていると逆演説を打つ男。 上の動画は本人でUpしたもの。 無理が通れば道理が引っ込む。 ディベート上手というより、恥知らず……。

完全排他思想下では布教は進まない

イスラム教の最大の欠点は、組織統合されていないこと。 カリフという血族伝承が途絶えたのち、正統性を維持する教団も分裂・崩壊した。 キリスト教プロテスタントがローマを離れて聖書に典拠するように、イスラム教徒もまたコーランに行動原理を求めるようになった。 シーアとスンニと2つの区分はあるものの、さらにその中身はバラバラである。 法解釈は、現実解を求めて変遷・変節が甚だしい上に徹底されない状態。

「日本人は兵士ではない、殺すな」仲介役が説得
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150219-OYT1T50101.html
ヨルダンのイスラム法学者アブムハンマド・マクディーシ師が、ヨルダン政府の依頼で「イスラム国」との交渉

コラム:イスラム世界が嫌悪する焼殺映像の「残虐性」
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0LA0GJ20150207
エジプトのカイロにあるイスラム教スンニ派の最高権威機関、アズハル大学
カタールでは、著名法学者ユースフ・カラダーウィ師が率いる国際ムスリム聖職者協会
イエメン南部で要職に就くシェイク・フセイン・ビン・シュアイブ師

イスラム学者がテロ否定の宗教令、過激派の自爆テロを糾弾
http://cnn.co.jp/world/CNN201003040009.html
イスラム学者のムハンマド・タヒル・カドリ氏「自爆テロを行った者は地獄に落ちる」との解釈

 ムフティー(ファトワを出せるイスラム法学者)はいるが、統率者ではない。 周囲さえ説得できれは自称できる(そもそも最高権威なら自称するしかない)。 論者であっても実行者として責任を果たさないことがほとんど。 聖地メッカのあるサウジアラビアも言ってみれば墓守であって、政府見解は他のムフティーと同様に影響力は限定される。
 イスラム圏の国では政府と教団が分離していないため、宗派の争いが国を巻き込んだ戦争へとつながりやすい。 つまり、同じ教義でも国の分だけさらに宗派が分かれる。 国に取り入って権力を握る行為が自宗派の越境布教や統率性の妨げになるとは、皮肉なものだ。 日本も国家神道を進めれば進めるほどに、他国・他宗との断絶感が際どくなるのは間違いないだろう。

詐欺農家

ベトナム人被告はなぜヤギを食べた 「過酷な生活」証言
http://www.asahi.com/articles/ASH2D7RCMH2DOHGB015.html

  • 毎日午前6時から翌午前2時まで働き、休みはない。
  • 午後5時までは時給750円、以降は1袋1円の出来高払いでトマトの袋詰めをした。1千袋詰めた日もあったという。
  • 用意された「寮」は、農機具の保管場所。シャワーはあったがトイレはなく、電源盤の下の約2平方メートルで寝た。
  • 「家賃」として月額2万円が給料から天引きされ、手元には6万円程度しか残らなかった。

 いくら忙しいからといっても、20時間労働はありえない。 残業の方が給料が安いのもありえない。 土足で出入りする場所を居室とは呼べない。 プライバシーのない同室もありえない。 トイレがないというのは致命的。 これで2万円なら、ネットカフェの方がマシ。
 日本の田舎は牧歌的で犯罪も少ない……と思っていたら大間違いということだ。 日本人だとトラブルが露見しやすいから、外国人をカモにする悪質な農家がいる。 事情を事前に把握していてすぐに逃げ出す準備をして来日する中国人はいるが、ベトナム人ではそうも行かない。 逃げたところで、受け入れコミュニティがないからだ。
 問題は、こういった農業実習生の雇用環境トラブル記事が何年も前からメディア掲載されているのに、政府が手を打ってこなかったことにある。 トラブルの相談先をなぜ実習生に周知させていないのか。 そしてトラブルを起こす農家・仲介者をなぜ取り締まらないのか。 悪質トラブルを繰り返す雇用者には、雇用を禁じる法律を整備する必要があるだろう。

ステマスイッチ

スキマスイッチ〝炎上〟 秋田公演で料理店に苦言 「店に謝れ!」と批判続出、擁護の声も
http://www.sankei.com/life/news/150219/lif1502190031-n1.html

芸能界ってのは、ホント特殊。
 言いたいことがあるのなら、当人にまず話すのが筋だろう。 いきなりファンを陰でけしかけるとかありえない。 鼻にかかるくぐもった声で、どことなく愚痴っぽいなぁと思っていたけど、普段からそんな感じなのか。 一人称系の歌は聴き飽きてお腹いっぱい。

2015年2月19日 (木)

徴兵制禁止の加憲

安倍首相、官邸不在「瑕疵ない」=徴兵制は憲法違反-衆院予算委
http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015021900599
岡田氏は集団的自衛権の行使容認により自衛隊活動のリスクが高まれば、入隊希望者が減少し、徴兵制導入の議論が浮上する可能性があると質問。これに対し、首相は「憲法解釈上、苦役に匹敵する。議論の余地はない。徴兵制はいわば憲法違反になる」と否定した。

この何が問題なのかわからない人がいるだろう。
 徴兵制が憲法違反かどうかを首相に聞いてみなければわからない、ということ自体が問題なのだ。 これも解釈改憲できる範疇にある可能性が高い。 時の権力者が「国民全体が等しく分かち合う分においては、相対的な差異は生まれないから苦役に当たらない」とするならば、徴兵制は合憲になってしまう。 首相の答弁は欺瞞に満ちている。
 集団的自衛権に向けて改憲するのならば、徴兵制禁止の加憲とセットでなければおかしい。 現憲法ですでに禁止されているから加える必要はないというのではなく、すでに禁止であるならばよりわかりやすく明記するべきだ。 それを岡田氏は指摘している。
 アメリカが人権大国になれたのも、徴兵制が関係していると思われる。 ベトナム戦争を通じて徴兵に反対した者達が、今の平和主義を先導したと言ってよいからだ。 もし、徴兵拒否を理由に米政府が全員投獄していたら、政敵に赤(共産)のレッテルを貼りまくる暗黒時代は今でも継続していたであろう。 日本はとかく全体主義に陥りやすい。 他人と違って徴兵拒否しようものなら、非国民呼ばわり必須。 やはり、憲法に明記するべきではないか。

計算づく

PC遠隔操作:片山被告の懲役8年判決が確定 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150219k0000e040213000c.html
検察、弁護側双方が控訴期限の19日午前0時までに控訴しなかった。
 主任弁護人の佐藤博史弁護士は「理由については被告から一切答えないでほしいと言われており、答えられない」とコメントした。

知能犯なので、考えていることは想像に難くない。 模範囚として振る舞い、出所を早めようということなのだろう。 それを口外すれば叩かれるとわかっている。 民事も起こされていれば、賠償金の支払いも控えているので、出所が早いに越したことはない。 すべては計算づく。 本当はPCを触ったりゲームがしたいというのが理由だったりするのかも知れないが、それこそ反省姿勢を問われるので口外できないだろう。

2015年2月18日 (水)

有識者という原則論者

(戦後70年)近づく 靖国と自衛官
http://digital.asahi.com/articles/ASH230NZ2H22PTIL01T.html
 遠ざかっていた「戦死」が再びリアルに感じられる時代に、自衛隊員やOBが靖国との距離を縮めている。
 自衛隊側が慰霊に関わる動きは地方でも進む。 護国神社は隊友会の依頼で事故などで殉職した自衛官を神として合祀した。いったん断絶した旧軍と自衛隊、戦中と戦後が、護国神社を介して溶け合い、慰霊が受け継がれていく。
 殉職者のクリスチャンの妻が「信教の自由」や「政教分離」に反するなどとして、国に損害賠償を求めた「合祀拒否訴訟」も争われたが、最高裁は88年に訴えを退けた。 夫の合祀を拒んだ思いを「お父さんを勝手に神様にするなんて変でしょ」と振り返る。国のために亡くなる行為を神格化し、美化することへの違和感があったという。
 護国神社とは異なり、靖国神社は殉職自衛官を合祀してこなかった。例外はあるが「戦死」「戦傷病死」が合祀の対象だからだ。 まつるとしても、A級戦犯の合祀や復古的な歴史観など、靖国に対する評価は割れている。同盟国の米国や国連など海外の要人が訪れ、弔意を示せる場になるのか議論を呼ぶだろう。
 10年余り前、当時の官房長官、福田康夫のもと靖国に代わる無宗教の追悼施設が構想されたことがある。 狙いは、思想信条を問わず「何人もわだかまりなく平和を祈念できる施設」の実現だった。有識者が、PKOなど「国際平和のための活動における死没者」も視野に入れて報告書をまとめたが、政府内で意見が割れ、立ち消えたままになっている。

日本に限らないが、伝統を理由とした原則論を譲らない者を有識者に加えると議論がすべてストップする。
 皇室典範・女性天皇や国家追悼施設・領土問題に関するものがそうだ。 あくまで権力庇護・完全掌握にこだわる神道関係者が譲らない。 彼らはあらゆる手を使って間口を広げようを画策する。 何もしないよりマシなことはいくらでもあるのに、一旦事を進めると取り返しがつかないと信じて狂ったように反対しまくる。
 それでは立ち行かなくなるではないかと問われれば確かにそうで、日本の歴史上では時の権力者が圧倒的支配力で持ってねじ伏せてきた。 そこまで集中集約しなければ、この国は変われないのか。 今もなんとなく国内に支配力強化を待ち望むような雰囲気が醸成されている気がしてならない。 誰がいつ何のためにはじめたかもよくわからない伝統にしがみつくことは、暴走狂気の源泉となりうる。 私は何ら価値を見い出せない。

>> 追記

「国のリーダーとして当然」靖国参拝に安倍首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150217-OYT1T50108.html

今まで参拝してこなかった先輩首相を侮辱していることに気が付かないのか。
「神道にあらずば日本にあらず」的な傲慢解釈に辟易する。

2015年2月17日 (火)

事なかれ人の経済予測

市場が高をくくるギリシャ問題、他欧州国への「伝染」にリスク | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LL0EW20150217

なんだろう……ロイターはこんな論調の記事ばかりで不安を煽っている。
 ユーロ離脱はないなどと言っているアナリストは職業替えをしたらどうか。 国家年間予算の2/3に相当する資金を貸してもらってなお立ち直れないようでは、潰れろと言われるのが当然。 少なくとも赤字が止まれば助けもするが、今目に映るのは最後の悪あがき。 赤字企業に例えるなら銀行だって返さなくてもいいから破綻処理しろと最後通牒を突きつけるレベル。
 ギリシャが破綻したところで、スペイン、ポルトガルが続くかと言えば No だろう。 ギリシャがゴネ得出来るかどうかは眺めているだろうが、そんな甘い結果にはならない。 破綻国家はアルゼンチンなど先例はある。 2400億ユーロが消えてしまったところでEUは破綻しない。 手切れ金と言おうか、救済チャンスを与える義理は果たしたと考えている。
 ギリシャがロシアと引っ付くかもしれないと心配する向きも報じられるが、今のギリシャは底なし。 支援できるものならして見せなよと他のEU国は思っている。 ロシアも経済的に楽な状況ではないのだから、仲間を増やしたいがためとはいえ、道楽息子にお小遣いをあげ続けられるわけはない。
 「EU人は予見不可能なことは好まないに決まっている」といった説は、EU人の感情を知らずに事なかれ主義の国で経済予測ばかりしているからではないか。 私はもうハードランディングは回避不能だと見ている。

>> 追記

ECB、ギリシャの銀行に緊急流動性50億ユーロ上積み | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LG26R20150212
ギリシャの銀行が追加の緊急資金を要請、預金流出で-関係者 - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NJX9MM6JTSEU01.html
救済プログラム延長をめぐるギリシャとユーロ圏の債権者側との協議が16日に物別れに終わった後に、預金流出が加速した。
ストゥルナラス総裁は18日にフランクフルトで他の欧州中央銀行(ECB)政策委員らと会合するが、承認済みの緊急流動性支援(ELA)は底を突きつつあるという。

一週間で50億ユーロ(6800億円)使いきっちゃったの!?

>> 追記2

ECB、683億ユーロのギリシャ銀向け緊急流動性支援を承認=関係筋 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LM21S20150218

協議締め切りの20日までもたなかったってことかいな。 この再追加分33億ユーロもドブ。

(2年半前の記事)
ECB、ギリシャ中銀による緊急流動性支援の担保上限引き上げ、当面のデフォルト回避=ウェルト紙
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK817296820120805

2012年8月の時点でELA上限が30億ユーロだったのに、ずるずると来て今や683億ユーロ。 なぜ、どんどん銀行預金が減るのかというと、お隣りのキプロスの選択的デフォルトのときに預金税が課せられたのを知っているから。

キプロスへの金融支援と預金封鎖は、欧州経済に影響があるのか?
http://diamond.jp/articles/-/33470

選択的デフォルトを起こしてもELAは供給可能だとされるが、その際は担保に当該国の国債はもう使えず、各銀行は代わりの何かを差し出すことになるらしい。 担保審査に手間取らないものじゃなきゃダメだろうから限定的。 無条件デフォルトの場合は……。 キプロスもアルゼンチンも選択的デフォルトなので、ギリシャの前例にならない。 どうなることやら。

現場知らずの停戦協議

政府軍と親ロ派、重火器撤去に応じず ウクライナ東部
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H0A_X10C15A2MM0000/

仲介不足と言わざるをえない。

  • 停戦協議直前にデバリツェボで政府軍数千人を包囲した親ロシア軍がもったいないと考えて手を引かない
  • デバリツェボに立てこもったウクライナ政府軍は信用していない親ロシア軍には武器を渡さない
  • 政府軍内には指揮命令・抑制が利かない自警団「アイダル大隊」(解散命令済み)がいる
  • クリミア半島には一切言及していない

デバリツェボからの政府軍の撤退時にNATO軍が武器解除としんがりを買って出るしかなかったのに、協議に織り込まなかったのは浅慮だった。 どこかで相手側が引いてくれるはずという淡い期待があったのだろうか。

独裁国家の浅知恵

略称から「友好」消える 日本援助の北京の病院
http://www.asahi.com/articles/ASH2J51YRH2JUHBI01P.html

これじゃあ、日本政府より一般日本人の方に反感買うだろう。
中国政府のやる事なす事逆効果の連続。
日本政府(自民)は「国民を炊きつけてくれてありがとう」と思っているくらいだ。
何度も書くが、マントを剥がすのは北風ではない。

>> 追記

アングル:中国国防予算が景気減速でも拡大へ、「強軍の夢」重視
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LL0G820150217

しならない枝は折れる。

2015年2月16日 (月)

近代国家の条件

イスラム国、「エジプト人キリスト教徒21人を斬首」 映像公開
http://www.afpbb.com/articles/-/3039683

タイトルは
"A message signed with blood to the nation of the cross"

Msg_bloodmp4_snapshot_0201_20150216 Msg_bloodmp4_snapshot_0326_20150216
目ダヌキの化粧をしているのが、ジハーディ・ジョンもどきである。

「イスラム国」:リビアでエジプト人21人殺害映像
http://mainichi.jp/select/news/20150216k0000e030144000c.html
エジプト人21人殺害か 「イスラム国」新たな映像公開
http://www.asahi.com/articles/ASH2J2TWDH2JUHBI00W.html
21人殺害の映像 「イスラム国」支持グループが公開
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000044556.html
「「イスラム国」、エジプトのキリスト教徒21人を殺害」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2420646.html

本来、ISの問題はイスラム教徒内の問題。 それを他宗闘争にすり替えて来ている。 イスラム教徒の一部は尖兵や防衛ラインとしてISを利用しようとしているのではないか。 まさに悪魔との取引である。 治安秩序を宗教と切り離して構築できるかどうかが近代国家と呼べる最低条件のひとつであろう。 民主主義ばかりが大事なわけではない。 「アラブの春」が失敗した原因は明らかだ。

安易な風刺成敗

風刺はどこまで許されるか
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82528270Z20C15A1000000/
――ちなみに、フランスでは、イエスも、モーゼも結構、風刺画の対象になっているのですよ。
 その後のフランス革命などを通して、キリスト教圏では、政治と宗教は別であるという考え方ができあがった。政教分離になることで、キリスト教の場合、宗教は個人の心の問題として受け止められるようになりました。

 これは中央公論に掲載された深沢七郎の小説「風流夢譚」の内容が天皇を侮辱しているとして、右翼が同社社長宅を襲撃してお手伝いの女性が死亡するという事件が起きたのです。
 それ以降、天皇のことを取り上げて問題になると、右翼の襲撃を受けるのではないかと、考える人が増えた。天皇や皇族を批判的に取り上げるのをタブー視する傾向が強まったのです。

――弱い立場だと思っていた人々に社会的同情が集まった結果、その人たちが強い力を持ち始め、権力者になってしまう場合もあります。どこからなら批判や風刺の対象とできるのか、グレーゾーンの判断になってしまいます。

日本人の少なくない人は、侮辱されれば相手を殺しても構わないと思っているのではないか。
 私の心の奥にも怒りの感情を抑制できるかどうかわからない部分があることは認める。 しかし、それを表立って正当化するべきではないと思っている。 DVや車内暴力や今回のような宗教テロというのは、弱者を守る手段ではなく、単なる不満の捌け口に過ぎない。
 アラーやムハマンドが異教徒を殺せと命じたのであれば、これは逆の立場からすれば同様の論理でイスラム教徒は殺されても仕方がない。 そうではないだろう。 布教せよと命じられて、布教すべき相手を殺しては元も子もないというものだ。 神仏に近づきその立場になって物事を考えれば分かりそうなものだが、単に神仏に褒められたいという思考で行動していてはどこかでとち狂う。
 天皇を風刺したら、した者を殺せばよいというのでは、これは天皇自身が嘆くであろう。 ありがた迷惑以外の何物でもない。 国王・天皇の風刺について言えば、その行動(無作為を含む)で判断するべきで、“するべきだ”とも“してはいけない”とも言えるはずもない。 漫画やアニメでは王はカリスマ的で格好よく描かれているが、当人にとって下手な持ち上げ方をされるのもギャップを生んで困る。
 歴史上実在した人物について、処女懐胎とか、排泄しないとか、言い出されるとそれはもう人のお手本とは成り得ない。 特にそういう非人間的な部分を風刺の対象とするのは、私は表現の自由として認められるべきだと思える。

2015年2月15日 (日)

イベント自粛とテロリストの浸透

「イスラム教と言論の自由」の討論会で銃撃、デンマーク
http://www.afpbb.com/articles/-/3039638

イベントを自粛させれば、確かにテロ発生リスクは減るだろう。 しかし逆にテロリストおよびその予備軍の浸透リスクは増す。 常日頃から、何が許されて何が許されない行為なのかを明確に彼らに示すには、自粛は逆効果であろう。 今回の事件でデンマークにはテロリストが潜んでいることがわかった。 犠牲は出したが炙り出しに成功したと言ってよい。 普段日頃の教育がない場合、後からそれを取り戻そうとしても多大なコストがかかると知っておくべきだろう。

2015年2月14日 (土)

産経は差別喧伝新聞社

産経新聞:曽野綾子氏コラムにNPO法人が撤回求め抗議文 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000e040192000c.html

産経新聞 曽野綾子さんのコラムへの抗議文 - アフリカ日本協議会
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/archives/sonoayako-sankei20150211.html

Japan PM ex-adviser praises apartheid in embarrassment for Abe
http://www.reuters.com/article/2015/02/13/us-japan-apartheid-idUSKBN0LH0M420150213

Column

新聞コラムの道義的責任は筆者にあっても、掲載責任(文責)は新聞社にある。 日本で中国人、韓国人、中東出身者あるいはアフリカ人に居住区を分けよと言ったらどうなるやら。
 曽野氏はルールと文化をごちゃまぜに論じているのが問題。 黒人にルールを教えるのが面倒だから隔離せよというのは暴論以外の何ものでもない。 そもそも、黒人がルールを知らない・守らないのは、彼らが大家族主義だからではなく、白人が教育環境を奪ってきたツケである。 日本人も名誉白人としてアパルトヘイトに加担していたのだから、加害者の末裔ということになる。 自画自賛ばかりしている新聞社には、自分の先代たちが過去にしでかしたり、海外で同胞が加担した誤ちに対する自覚が薄いのだろう。 コラムが掲載された 2015年2月11日は、故ネルソン・マンデラ氏が釈放されて、ちょうど 25 年目にあたる日だったとのこと。

>> 追記

曽野氏コラムで南ア駐日大使が本紙に抗議  - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150215/lif1502150017-n1.html
コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。

この記事の場所が、ライフの学術・アート部門。 常日頃から他者の意見を如何に蔑んでいるのかがわかるというものだ。 『反省記事なんて出せないが、何も書かないとまずいから、とりあえず隅っこに出しといた』感がいっぱい。

>> 追記2

曽野綾子氏「アパルトヘイト称揚してない」
http://www.asahi.com/articles/ASH2J5TWDH2JUTIL04N.html
 私が安倍総理のアドヴァイザーであったことなど一度もありません。そのような記事を配信した新聞は、日本のであろうと、外国のであろうと、その根拠を示す責任があります。もし示せない時には記事の訂正をされるのがマスコミの良心というものでしょう。
 私は、アパルトヘイトを称揚したことなどありませんが、「チャイナ・タウン」や「リトル・東京」の存在はいいものでしょう。
     ◇
13年1月に安倍政権の教育再生実行会議委員(同年10月辞任)。

超保守派やヘイカー(ヘイトスピーカー)の特徴として、厚顔無恥は共通事項。
 自分の主張に一点の曇もないかのような返答は、真意を誤魔化したまま受け止め側のせいにする手法にまみれている。 印象の悪いキャッチフレーズだけ否定するが、やっていることは、それそのものだ。 彼女の論理は破綻している。 アパルトヘイト時代に南アにリトル東京をつくると言われたら、日本人・日本政府は「それはいい!」と答えただろうか。 バカバカしいにもほどがある。

子ども冤罪

大分・コンビニ:「万引き」届けた小学生6人を犯人扱い
http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000e040203000c.html
コンビニの経営者が児童と保護者を呼び出し「破って中のカードを盗んだだろう」とただした。

トラウマになるな。 割りとありがちな話だが、こういう謝罪は親ではなく、きちんと子ども本人にしないと、後々精神的に尾を引かれることになる。

やる気のない政府

【イスラム国事件】「交渉ルートなし」「応答なし」揺れた日本政府
http://www.sankei.com/premium/news/150214/prm1502140012-n1.html

イスラム国とは直接的にも間接的にも交渉できていなかったという。

菅官房長官「身代金用意せず」、イスラム国との交渉を否定
http://jp.reuters.com/article/jp_islamicst/idJPKBN0L60JI20150202#1
イスラム国と交渉する気は「全くなかった」

正しくは「交渉させてもらえなかった」だろ。 主導権が自分ら日本政府にあったかのような強弁。

自民・山本一太氏、人質事件で与野党結束訴え
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150127-OYT1T50148.html
 山本氏は、国会審議について「今のタイミングで政府の対応をただされても、外に明かせないことがある。(事件を)攻撃の材料として野党が使うことは控えてほしい」

ハッタリ一太が口にした「外に明かせないこと」というのは、どの部分か?
『今いいとこだから、野党・マスコミは黙れ』と言わんばかり態度の一方で、まるで打つ手なしだった。 そもそも善処協力しようという申し出に対して、なぜ攻撃という受け止め方をするのか。 自民は最初から見殺しを決め込んでいたのだろう。

>> 追記

「イスラム国」事件 現地対策本部「中山泰秀」外務副大臣は何をしていたのか
http://www.gruri.jp/article/2015/02120845/

「『膠着状態だ』とFacebook発信」するのが現地大臣の仕事か!

(参照)
日本の国際情報収集・提案能力: 雑想ポケット
http://picorich.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-2a40.html

やるやる詐欺党: 雑想ポケット
http://picorich.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-22a0.html

2015年2月13日 (金)

あか抜けない日本のトップ

オバマ米大統領、おちゃめな動画をネットで公開
http://www.afpbb.com/articles/-/3039500
流行語で「人生は一度きり」=米大統領の動画公開
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015021300143
Things Everybody Does But Doesn't Talk About, Featuring President Obama
http://www.buzzfeed.com/andrewgauthier/the-president-uses-a-selfie-stick

いいなぁ。 野党へのレッテルとヘイトスピーチが目立つ首相より、こっちの方がよい。
 オバマ大統領の方が国際的には職責が重いのにこの違いはどこから来るのか。 「首相は天皇に仕える臣下だから目立ってはいけない」という意識が働いているように思える。 いやいや……国王に仕える英首相だって、日本の政治家ほど仏頂面ではない。
 天皇家は国民に遠慮して派手なことをしたがらないのはわかる。 それにしても、妊娠中の英皇太子夫人が街中を出歩く雰囲気とは違いを感じざるを得ない。 この違いはどこからくるのか。

  • 天皇は祭司? としての威厳を保たなくてはならず、おふざけで笑いを取りに行けない。
  • 祖先を神として祀ることで他の信仰者とは相容れず、安全上のリスクを上げていることで緊張感を必要とする。
  • 人間宣言したにもかかわらず、血統を理由に天皇の神格性を無言で強要させるために取り巻きが威嚇するのに合わせている。
  • 天皇に儀式を通じたコミュニケーションによる国家貢献ばかりを望むので、形骸化された堅苦しさばかりが目立つ。

こんなとこだろうか。 天皇家から宮中祭祀の負担を取り除くだけで、だいぶ明るくなると思えるのだが。 伝統に縛られすぎて、今を生きられないのでは本末転倒だろう。

性的犯罪の無罪事件

女であれ男であれ、自意識過剰というのは褒められた姿勢ではなく、客観性を学んで防がなくてはならない。

痴漢起訴の男性に無罪 さいたま地裁「合理的疑い残る」
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/02/10/01.html
痴漢に問われた男性無罪 千葉地裁「被害者の説明曖昧」
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/235116

「痴漢は冤罪」と再審請求
http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201502/0007717411.shtml

痴漢の手をつかんで証拠とするのも触れられている最中でなければ意味が無いし、振り返ってからでは手を引っ込められるので遅い。 痴漢が他人に罪をなすりつけられるように行動するのはありえること。 被害者はその判断ミス起こさないように普段から立ち位置に気をつけるべきだろう。 ちなみに、ドア脇は他人の目が届きにくく、逆に痴漢のリスクは高まるので、捕まえる気でなければ、そこに立つ意味は無い。

準強姦で強制起訴のゴルフ指導者、二審も無罪
http://www.asahi.com/articles/ASGDC5FLXGDCTIPE015.html

怯えたからといって何も抵抗しないというのでは通用しない。 『か弱さ』は正義ではない。

わいせつ致傷事件で逆転無罪 高裁「証言信用できない」
http://www.asahi.com/articles/ASH2F3GQYH2FPTIL00P.html

玉石混交では証言足り得ない。 訴える側には認識ミスのない冷静さが求められる。

「被害者だ」と言うだけで、被害者になれるのではない。 相手に嫌がらせをする手段として、被害を装うとしたら失敗する可能性は高い。

ギリシャデフォルト後の見通し

ギリシャ1月税収、計画を23%下回る
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H06_T10C15A2000000/

軽口を叩いて期待させるから、こういうことになる。 他国なら大口を叩かれたところで、国民はこんな話に乗っかりはしない。 このような国では政府が機能停止したら、一気に治安は悪化する。

ギリシャは3月初めにも資金不足に陥る恐れ
http://jp.wsj.com/articles/SB12052756172436844285404580446600623234776
ドイツはギリシャに戦争賠償金を払うべきなのか
http://jp.wsj.com/articles/SB11815783148186973545804580452903571376626
ギリシャの急進左派連合(SYRIZA)政権は、ドイツのギリシャに対する借りは1500億ユーロ(約20兆円)に上ると主張しているが、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの経済歴史学者アルブレヒト・リッチュル氏が国内総生産(GDP)を用いた推定では、実際の数字は110億~130億ユーロと、10分の1以下になる。

確かにドイツにとって負い目は感じるところなのだろうが、今それを返したところでドブに捨てるようなものである。

本当のギリシャ人気質 : 小松成美のアテネ五輪リポート
http://athens.exblog.jp/118714/
各国いまどき報告 ギリシャ人の働きぶり
http://www.e384.com/imadoki/06greece/greece_22.html

 EU圏の人ならば、ギリシャ人気質をよく知っていよう。 その場しのぎのでまかせの嘘をつき、利己主義が強すぎて非効率社会の改善が進まない。 『お国柄』なんて言葉で存大な振る舞いを正当化できる時代は終わった。 もはや、破綻させた上で暴言を吐く息の根を止めるしかないように思える。 ただ、その際にもギリシャ人自身による再建は期待できない。 EUでは一体どういう統治を思い描いているのだろうか。

 第一義的には財政赤字を隠蔽してEUに加盟したギリシャに非があり、問題解決方法として武力に訴えれば袋叩きに合うだけ。 実質的に反省無き間はデフォルトしようがしまいが、国富は流出し人口は減り国際発言力は低下し続けるのではないか。 赤字体質が変わらない限り、とりあえず国家規模を減らすしかないからだ。 資産価値が下がりきったところで、他国資本が入り半植民地化すると思われる。 そこでギリシャ人が半強制的に勤勉さを取り戻せば……もとい、初めて身に付ければ、生まれ変われるのかもしれない。

 問題は第2のギリシャ危機がユーロ通貨危機を再来させるかどうかだ。 前回と違って、実態をつかめずに憶測が飛び交うことはない。 対GDP比3.7%とされていた財政赤字が実際には13.6%だと判明し、2010年の段階で約3300億ユーロの債務残高となり、それまで年約1割のペースで増加していた。 これに対し、総額2400億ユーロ(約32兆円≒日本の国家予算の約1/3、IMF分を含む)もの貸与を行ってきたが、デフォルトで消えることになる。 これだけ面倒みてやったのに立ち直れないのだから、見放すのも当然だろう。 EU人口は7.4億人なので、一人あたり324ユーロ(4.3万円、概算のためIMF分を含む)程度の減損となる。 個人・投資会社ではすでにギリシャ国債を手放している人がほとんど(2014年時点で個人保有率12%)なので、前のギリシャ危機ほどにはインパクトはない。 デフォルト時に騒ぐのは、空売り屋ではないかと思うのだが、それに投資家が乗せられてしまうかどうかは別の問題。

2015年2月12日 (木)

日本の土着宗教

改憲に賛否、建国記念日で集会 世論の右傾化に危機感
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021101001308.html
神社本庁などでつくる「日本の建国を祝う会」は渋谷区で式典を開催し、約千人が参加。「憲法改正へ向けた動きを加速してゆく」「賛同者の輪を拡大する国民運動を大いに推進する」と訴える決議を採択した。

なんで宗教団体が憲法解釈に意見するのか。
 国家神道の復古を企んでいるのは明白だろう。 大戦の間違いを繰り返せば、再び天罰仏罰必中というものだ。 神道と天皇制は明確に分け、靖国とは別の国家慰霊施設を作るべきだろう。 日本が近代国家として1.5流なのは、この土着宗教を捨てられないからだ。 他国からは、どんなに仲良くなっても「あんたんとことは違うからね」と一線を引かれる理由はそこにある。 突き詰めれば、先祖崇拝こそが身分差別の根源であることを知るべきだ。

自意識過剰バカ

国際情勢受けイベント中止 テロ行為懸念か、東京・上野
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021201001011.html

何と言ってよいやら……。
 安倍政権が改憲気運を高めようと、必死にテロ対策の必要性を煽るのに協力しましょうと見えて仕方がない。 例えるならば、モテなさそうな人から「私(俺)に気があるみたい」と言われたような気分と申し上げたらよいか……。 わざわざ、そんなマイナーイベント狙ってテロなんかしねーよ。

役員構成|財団紹介|JPIC
http://www.jpic.or.jp/foundation/executive.html
理事長  肥田美代子  (文字・活字文化推進機構理事長) [常勤]

元民主党議員かよ……呆れてモノも言えん。
民主党は自分の立場をわかっている候補者をちゃんと選ばないとダメだわ。

ジハーディスト化する子どもたち

難民の子どもがイスラム国の兵士と化している。 犯罪者予備軍に飯を提供している現状をどうにかしないと、この戦闘はマッチポンプで永遠に続くことになる。 教育を施すか、餓死させるかの二択を覚悟するべきではないのか。

シリア:避難高校生が「ジハードに」…数千人が行方不明も
http://mainichi.jp/select/news/20150206k0000m030075000c.html
イスラム国、子ども向けプロパガンダで「未来の聖戦士」育成狙う
http://www.afpbb.com/articles/-/3037341
ダーイシュ(イスラム国)から脱走したシリアの少年兵「ダーイシュには加わるな」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/07/isis-child-soldier_n_6637644.html

子どもには他教徒を含めて人殺しそのものが避けるべきことなんだという感覚が薄い。 『ジハード』の意味を適切に説明できる大人がいないからだ。 親が宗派替えを完全否定する以上、その中で正義を見つけざるを得ない。

入信式 | Japan Islamic Trust
http://www.islam.or.jp/services/%e5%85%a5%e4%bf%a1%e5%bc%8f/
しかし、一旦イスラームに入った後で、もとの宗教に戻ることは許されていないことを充分に知っておいて頂きたい。

日本で布教するイスラム教徒でさえ、何をしでかすかわからない。 我が国は信教の自由が保障されている近代国家だ。 入って来ようとするものを拒むことはできても、出て行くことを拒むことはできない。 彼らはそんな基本さえ否定する。

日本でのイスラムテロと疑われる事件はすでに起きている。 大方はもう忘れさられているようだが。
悪魔の詩訳者殺人事件 - Wikipedia
五十嵐一 - Wikipedia

生命倫理観が疑われる中国の生産方式

ザラ親会社、アンゴラ販売を中止 中国の生産法を愛護団体が非難
http://www.afpbb.com/articles/-/3039226

動画を埋め込もうと思ったが、酷すぎるのでやめた。

18禁
The Truth Behind Angora Fur - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=PtAFHyXS31M

これはないなぁ。 とてもうちのロップには聞かせられない鳴き声。 バリカンの方が速いと思うし、なぜ苦痛を与える必要があるのか、理解に苦しむ。
 野生に近い環境で狩猟生活を送っていた人が、都市産業化に伴いそのままのスタイルで大量生産をはじめたのだろうか。 初期投資(イニシャルコスト)を抑え、元手なしで金を手にできる安易な手法であって、糾弾されてしかるべきだろう。 それとも、文化大革命時の廃仏毀釈のせいで、命の境涯に想いを馳せる人間性まで退化してしまったのか。 日本でアンゴラ毛糸を売っているとこは、こういう生産方法を区別して輸入して欲しいと願う。

2015年2月11日 (水)

動かないのが正解だった

八ケ岳連峰で2人の遺体発見 遭難の学習院大生か
http://www.asahi.com/articles/ASH2C53B4H2CUOOB008.html
茅野署によると、阿弥陀岳の南西斜面付近に2人の持ち物があるのをヘリから確認し、付近を捜索したところ、2人を発見した。

阿弥陀岳遭難 発見できず 山岳部主将と1年女子
http://www.shinmai.co.jp/news/20150211/KT150210FTI090032000.php
8日は茅野市の行者小屋から阿弥陀岳に登り、小屋に戻る予定だったが、悪天候で視界が悪く、中岳との鞍部(あんぶ)から逆方向の南側に下った。途中で気付き、同日夜はビバーク(露営)して9日に阿弥陀岳南稜を登り返したが、女子学生が遅れ始め、主将が付き添ったという。

道標の埋もれている雪山では悪天候でなくても道を間違えることはよくある。
 頼りすぎるのも困るが、GPSを持っていれば心に余裕を持てたはずと思える。 割と早い段階で間違えたことに気づいたようだが、山頂に戻り返したところで再度間違ったのか。 たぶん、パーティを別れて以降、ほとんど歩けなかったのだろう。 オーバーワークで歩けなくなった場合、肉離れ等が発生して簡単には回復しない。 日程に余裕はあったのだから、もう1日、全員でビバークを延長してもよかったはずだ。 パーティーを別けてしまっては、ラッセル(雪のかき分け)を2人でしなければならず、移動は難しい。 天候回復を待てば、無線機が使えたと思われる。 また、捜索しやすい山頂に留まっていれば、発見は早まっただろうに。 今回も焦りがいくつも判断ミスを誘ったように思われる。

>> 追記

八ケ岳遭難:雪中の発見2遺体は学習院大生と確認
http://mainichi.jp/select/news/20150212k0000m040014000c.html
阿弥陀岳南西の斜面「第二ルンゼ」付近で、雪に約1.5メートル埋まった状態で見つかったという。

八ヶ岳連峰で遺体発見 遭難の大学生2人か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/t10015383271000.html
現場付近には雪崩が発生したような形跡があり、遺体の上には1メートルほど雪が積もっていた

南西斜面というので山頂で中央稜に迷い込んだのかと思ったが、山頂に出る前に南稜で雪庇を踏み抜いたりして滑落し、ルンゼ(涸れ沢)へ落ちたのだろうか。 道を間違えた時にそのまま来た道を引き返さなかったのはビバーク中にトレースが消えてしまったからか。 なぜ、鞍部の尾根に戻らず南稜まで巻いたのかがわからない。 山で道を間違えた時に、わかるところまでそのまま戻るのが鉄則。 ショートカットしようとするとさらに迷い込む。

>> 4/24追記

4/15に山と溪谷Webサイトに掲載
学習院大学山岳部、阿弥陀岳遭難事故の概要(詳述版) | 山と溪谷 編集部ブログ | 山と溪谷社
http://www.yamakei.co.jp/yamakei-editors/2015/post_46.html

概要書には鞍部に安全に引き返せないほど沢筋に下降したことが書かれおり、そうであれば見知った南稜へ向かうのも理解できます。 亡くなった2人とも阿弥陀岳に登頂できていると推認されることから、遭難ではなく滑落事故であり、女子学生の体力不足は想定範囲内で、新聞報道の原因誘導は誤りだとのこと。 よって、リーダーの悪天候に対する錯誤もなく(強いて言えば死亡原因ではない分岐ミスぐらい)、滑落の真の原因は依然不明のままということです。 判断ミスの重なりの可能性という当方の考察は撤回します。

農協改革で一部地域は破綻する

JA全中、地域農協からの80億負担金なくなる
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150209-OYT1T50078.html
枝野氏「ピント外れ」に菅氏「そのままお返し」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150211-OYT1T50017.html
菅官房長官は10日の記者会見で、9日にまとまった農協改革案に関して、「地域農協が主役となり、地域の特色を生かしながら、創意工夫して農業の成長産業化に全力投球できる改革案をまとめることができた」と述べた。

『地域の特色』とは笑わせる。
 TPP導入の最大の障害である全中を黙らせるには、地域間で足並みを乱れさせるのが一番だということであろう。 TPP導入で失う権益は80億どころではない。 TPPを導入するにしても、オープンな議論を経ずにだまし討ちのような暗闘の結果では、準備に最善が尽くせるとは思えない。 地域格差を通じ、ヒエラルキーの構築が進むだけだろう。

「日商会頭「大きな山が動いた」、農協改革を歓迎」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416268.html

 政策遂行後に待ち受けるのは論功行賞。 今回の件で経済団体代表は、ニヤついている。 ますます安倍政権に鈴を付けるものがいなくなるだけだというのに……。

悪ふざけの代償

97度熱湯の上で男児抱え、足滑らせ落とした男
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150210-OYT1T50169.html

本当にこんな人間がいるのか。
 あまつさえ、裁判で争うとは考えられない。 聴取当初は言い逃れの嘘も付いていたという。 10歳ともなれば、小学校4,5年生で、自分の身に何が起こっているのか分別がつく歳だ。 恐怖の中で、もがいたに違いない。 親にしてみれば、傷害致死でもまだ刑が軽いくらいだろう。
 私には、中学の時に友人に、プール内でふざけてプロレス技を連続で掛けられて、かなり困惑したことがある。 それ以来、そいつと付き合うのは止めたし、今でも簡単には許せる気にはならない。

イスラム教徒の勘違い

改めて出版中止を要請=仏風刺画転載本出版で-イスラム教団体
http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015021000789
「表現の自由は大事だが、限界もある。イスラム教徒の心に憎しみを生じさせることは止めてほしい」

他宗派の信徒にとって、通俗上の配慮義務を越えて他の神仏に敬意を払う必要はない。 絵画で人物・神仏を表現すること自体は、他宗派にとって別段侮辱には当たらないからだ。 教義教条以外に神仏を絵画的に表現してはならないとする合理的な理由もない。 特定宗派の教条に配慮せよというのはその宗派の作法の押し付けであり、信教の自由に対する干渉行為である。 そもそも『哀れみ』ならまだしも『憎しみ』を正当化させる宗教をまっとうな宗教だとは思わない。 宗教とは心の平穏もひとつの目的になるのだろうが、その崩壊しにくさも宗教の評価基準となる。 イスラム教は外部要因ですぐに心を乱される低レベルな宗教と公言しているようなものだろう。

2015年2月10日 (火)

児相案件と公費浪費

北海道の母・祖母殺害、高2少女を医療少年院送致 家裁
http://digital.asahi.com/articles/ASH1P632BH1PIIPE028.html
 厳しい家庭環境にもかかわらず、三女は救いを求めなかった。6歳のときに大人は頼れないと考えた、と付添人は説明する。
 同じころ、三女は祖母に足をかけられて何度も転倒。脳内出血の重傷を負い、地元の児童相談所に一時保護された。だが母親は三女を引き取るため、笑顔で児相に会いに来た。感情を表に出さない三女だが、「鮮明に覚えている」と泣きながら語ったという。
 小学校低学年のときに家出をしたが、警察官に保護されるなどして連れ戻された。「逃げられない」との思いを強めていった。

小学生低学年で家出というのは余程のこと。 この頃は、児童相談所と警察の連携はなかったのだろうか。 小学生では社会常識も身についておらず、思考の整理がつかないのが当然。 社会ステータスで他人を信用しろというのは無理な相談だ。

10年以上続いた「壮絶な虐待」 祖母・母殺害の17歳
http://www.asahi.com/articles/ASH1Z6785H1ZIIPE02M.html
 厚生労働省の担当者は「幼少期に一時保護しても、その後、虐待の通報がなければ気づくのは難しい」。東京都内の児相のベテラン児童福祉司は「虐待案件は次から次に押し寄せてくる。継続的にケアするのは無理」と話す。

児童相談所が忙しくて対応が取れないのであれば、それすなわち、国や自治体の責任。 このように犯罪につながった場合、公費負担は倍増するのだから、税金の出し惜しみが返って税金浪費の原因になっているということになる。

英米に有って日本に無い歌

YouTube再生回数5億超え!世界が驚愕する美少女ダンサー・マディーとは
http://www.oricon.co.jp/special/47660/

 ニュースは11歳のダンサーの方に釘付けのようだが、ここでは歌の方に注目したい。 この Sia の曲 "Chandelier" は水商売女の後悔の日常を歌ったもの。 このような社会の底辺を取り上げる数々の歌が英米にはある(注:Siaはオーストラリア出身)。
 対して日本で発表される歌の多くは、社会の底辺を封殺した歌が多い。 現実感の薄いアイドルやアニメ歌謡をはじめ、恋愛ものバラードなど喜怒哀楽を歌えど、居た堪れない生活苦を感じさせないように避けている。 それは、かつて演歌歌謡からの脱却を図るときに、意図的に音楽業界が仕組んだフィルターではなかったかと私は思っている。 だが、未だにそれを引きずって、曲の嗜好に手を加えているのだとすれば、もういい加減止める頃合いだろう。
 アメリカは社会の底辺から抜け出して脚光を浴びる存在になることを、アメリカンドリームとして珍重する。 しかし、それはアメリカだけの思想ではない。 古くは泥の中から花咲かせる蓮華に例えられるような救済思想がある。 そういう再生の不思議を本当に苦しんでいる人の声が持つ歌の力で聞きたいものだ。

体力バカ

テロ標的に?「JAPAN」ジャージー使うな
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20150209-OYT1T50104.html

クウェートは湾岸戦争時に日本に恩義を感じて、大震災の時にも石油の無償援助をしてくれた。 カタールはリゾート地もあり、政府は治安に厳しい。 アラブ首長国連邦(UAE)も同様だ。 それらの国は宗派で言えばスンニ派であり、イスラム国と同じ。 イスラム国から優先的に狙われる場所ではない。 イランは過激派がいるのではなく、アメリカが過激思想のテロ支援国家としているだけで、治安が悪いわけでも統率が取れていないわけでもない。 イエメンとエジプトだけは政情不安があるので外すべきかもしれないが、目先はイスラム教徒どうしの争いであり、そもそも日本人を優先して狙う意味は無い。
 こんなことは外交ニュースの常識だろう。 それが理解できていないのは日本の教養や民度が低いことを現している。 スポーツを通じて国際貢献を果たしたいのなら、こういう時じゃないのか。 大震災・原発事故の時に、風評被害の日本に来てくれた海外の人の恩義に報いる態度はこれじゃないだろうが。

2015年2月 9日 (月)

安易に作れない田舎マンション

10万円でも売れない“負動産” ゴーストタウン化を招く「空き家予備軍」
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/150128/ecc1501281442001-n1.htm
リゾートマンションは自然の中に建つため傷みが激しく、日常生活を送るには不便な造りだ。一番の問題は維持管理費で、毎年の固定資産税に加え、毎月管理費や修繕積立金などの共益費がかかる。ほとんどが滞納されたままなので、たとえ1円で落札しても、数百万円単位に膨らんだ滞納共益費の負債を落札者が承継、負担しなければならなくなる。

恐ろしい……。 自分でも一昨年、実家の事業所を解体したが、かなりの費用がかかった。 そんな費用を払えないところは解体も進まず、相続放棄で最終的には自治体が面倒を見るハメになる。 バブル期には、リゾートマンションなんてウラヤマシイ限りだなと思ったものだが、今こうして見ると手を出さなくて(出せなくて)よかったと。 田舎は土地が安いから敢えてマンションに住みたがらないのかというとそうではなく、こうした共益費が負債となるから建てられないのだろう。 プレハブではない堅牢なユニットハウスが実現できるなら、マンションの減築もし易いのではないかと思うのだが。

Ubuntuスマホ

初の「Ubuntu」搭載スマートフォン、欧州で発売へ
http://japan.cnet.com/news/service/35060136/

こういうものこそ、ベンチャーでやらないでどうすると思うのだが、日本はどうしちゃったのかなー。 企業が効率優先をするあまり、少数取引を嫌っているのだろう。 将来性を買わない姿勢というのは、この国の首を自分で絞めていることに他ならない。 一社一社が考えを改めないと、まさに構造不況となる。
 この商品はセキュリティを度外視しているので、一般向けではない。 なので、コンテンツ(映像・音楽・ゲーム等)の配信にも向いていない。 だがいくらでもいじれるので、自分だけの用途には都合がよい。 余計な公開手続きに頭を悩ませる必要もない。 オープンソース(OSS)どうしの移植はあっという間だろう。
 OSSスマホというと Firefox OS を載せたスマホもあるが、こちらはブラウザOSなのでアプリ開発の敷居は低いがやれることに限界がある(ハードウェアにはアクセスできない)。 Webでやれることは少しずつ増えているので、どちらがよいという話ではないだが、マッシュアップで動作させる手法はあくまでサーバー側での処理に依存する。
 Ubuntuスマホの価格は169ユーロ(2.3万円)らしく、お安いのでひとつ欲しくなる。 コンテンツに金を払うのは仕方ないが、ツールに法外な金を払うことに抵抗がある人は、導入してもよいだろう。

ASCII.jp:「Ubuntu」スマホが再度の延期 2015年Q1に3度目の正直か?
http://ascii.jp/elem/000/000/963/963456/

2015年2月 8日 (日)

中東の近代思想化

若者はなぜイスラム国を目指すのか…池内恵氏インタビュー
http://www.yomiuri.co.jp/feature/yokoku/20150203-OYT8T50221.html
 日本の思想界にも問題がある。西洋社会は長年の哲学的議論の末に、中世における「神の優越」を覆し、人権や自由を重んじる近代主義を獲得してきた。つまり、絶対的な「神の啓示」と近代自由主義は並び立たず、「神の啓示」を認めるのは自由主義を否定することだ、というのは西洋の常識だ。ところが日本の知識人は、「神の啓示」と自由主義は両立可能だ、むしろ自由主義が桎梏だ、というような議論を平気で展開している。

「西洋社会はキリスト教を含む宗教の影響を排除して自由主義や資本主義経済や科学教育を確立していった。 にもかかわらず、日本人はそれら近代思想に並ぶ価値あるものとして、安易に伝統としての宗教をあらゆる局面に組み込もうとしている。」と批判しているのかな? ずいぶんとまあ、わかりづらい文章だわな。
 イスラム国家に近代思想を薦めるということは、イスラム教との政教分離を求めていることに他ならない。 だが、イスラム統治にどっぷり浸かっている彼らからは、そうは受け取ってもらえない。 近代思想はキリスト教・ユダヤ教の偽装布教だと思われてしまうからだ。

池内恵氏は、

抜本的な対策はイスラム世界の「外」から強制できるものではない。事態の打開にはまだまだ長い時間がかかるのではないだろうか。

と結んでいるが、結局、イスラム教徒自身が近代思想を信仰に優先させ、暴力布教を禁止しない限り、滅んでもらうより他ないように思える。 それを西洋社会があからさまに口にしないのは、宗教戦争になりかねないことを憂いているからであろう。

現状:西洋近代国家 → イスラム教国家 → イスラム過激派・原理主義者
理想:西洋近代国家 → 中東近代国家 → イスラム穏健派

なのだろうが、イスラム教国家を仲立ちとせずに直接イスラム過激派を叩き潰してしまうと、中東近代国家は成立し得ない。 傀儡の危機感を募らせたイスラム教国家が反旗を翻してしまうだろう。

泥沼:
  西洋近 → イスラム過激派・原理主義者
  代国家 ← イスラム教国家

最悪は西洋社会がイスラムを恐れるあまり近代思想を忘れ、非イスラム宗教を頼った場合。

最悪:
  非イスラム教徒 → 宗教国家 or 民族主義国家
 →←
  テロ支援国家 ← イスラム過激派・原理主義者

こうなると、どっちが勝ってもひどい結果にしかならない。
 しかしながら、近代思想は個人の集合体によって維持されるのであって、高い志や資質を持ち寄らなければ機能しないようにも思える。 神仏の存在なしにモラルを保てるかどうか。 真面目を皮肉る風刺や嘲りが公共の場に必要なのか。 私としては、統治者には宗教に依存しないモラルを必要とし、統治には何かしらの宗教を必要とするのではないかと思っている。

ダイナミズムの再配分

「富の再配分やっている」格差対応で野田氏反論
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150207-OYT1T50088.html

地方に行けば、いくらでも低コストで家を建てられそうなものだが、結局これ。

日本の人口、首都圏集中進む 7都県の転入超過
http://www.asahi.com/articles/ASH255GF1H25UTIL01X.html

住環境が貧しくても東京がいいというのは、許認可権をすべて東京が握っているからだし、政治の中心が東京にあるから。 地勢バランス的に日本海側に首都を持って行けよ。 道州制なんて半端なものじゃなくて遷都がよいが、数十年ごとに持ち回りでも構わない。 反対するに決まっている都民の意見なんか聞く必要もないだろ。 ミサイルが飛んでくる時間なんて数秒と違わないから。 雪深い? 下水熱を利用した雪捨て用の下水道(流雪溝)をちゃんと整備すりゃ事足りる。

このままだと、限界集落どころか限界町村が出ているのは間違いない。 「富の再配分」に失敗しているのは、若い人にとって高々知れた増収より、未来が読めないほどのチャンスを求めているから。 「ダイナミズムの再配分」と言えばいいのかも知れない。 地方にも大地に縛られない(農業以外の)生き方を用意させなければ、この国は疲弊・憔悴死するだろう。 そもそも『地方』なんて見下した呼び方自体が腹立たしい。

読売の世論誘導

内閣支持上昇58%、人質対応を評価…読売調査 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150207-OYT1T50099.html
イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件を巡る政府の対応が「適切だった」と思う人は55%で、「そうは思わない」の32%を上回った。

なんだこりゃ。 世論調査という名の世論誘導か。
 この内容では事件後の対応を問うものに聞こえ、事件の原因に言及していない。 「支援金拠出目的を『イスラム国対策』とした発言は適切であったか」となぜズバリ聞かないのであろうか? そもそも、政府の事件対応と内閣支持率は同じなのか?

危険地域のテロ被害「責任は本人にある」83% : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150207-OYT1T50100.html

湯川氏、後藤氏を念頭に答えた人はほとんどだろう。
 私でも戻れないと考える状況ではこう答えるしか無い。 だが、イスラム国の実態を知るのに彼らの宣伝に任せる行為は、連合国側の自殺に等しい。 情報が欲しければスパイを送り込めばいいじゃないかという人がいるかもしれない。 それは100%不可能だ。 イスラム国は過去の英米戦略を研究し、指南書を作り上げている。 その中身で特に注意を払ってページを割いているのがセキュリティ対策である。 何度と無く踏み絵を踏ませることでスパイを見極める。 つまり、入境してすぐ自分の手で『殺せ』と命じられる。

 ではどうするのか。 ハッキリ書くと日本人の多くは市民を含めて根絶やしにすればいいと考えているのではないか。 これは、広島・長崎の原爆投下、東京大空襲で一般市民が大量に殺されたことに抗議してきた姿勢とは明らかに矛盾する。 リスク回避のためには大量殺戮を受け入れようという姿勢に集団心理が転じている可能性がある。 国内でも安易な人殺しが流行るのは、そういう社会風潮が原因のひとつなのではないか。 結局、我々は報道記者の現地取材に頼らざるを得ない。 アンケートを取るなら、「報道記者の危険地域での取材を禁止するべきか」と聞けばよい。 それこそ読売にとっては自殺行為だろうが。

2015年2月 7日 (土)

実名とガセの引用問題

商品につまようじ 動画投稿の少年再逮捕
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150207/t10015291141000.html

ネットでは容疑者の少年の姓は特定され、下の名前はひらがなで知られている。 しかし、親の名前はともかく、保護者でもない兄弟姉妹の名前まで晒す必要がどこにあるのか。

未成年の「匿名」、有名無実化 実名などネットで拡散
http://www.asahi.com/articles/ASH2555SRH25OIPE064.html

 犯人の家族を追い詰めることは、被害者にとって賠償先を減らしてしまうことにつながりかねない。 また、詳細住所・生年月日の公開はまったく再犯防止に役立っていない。 根拠の無い差別の助長に過ぎず、加害者側を転居をさせれば逆に地域社会の支援も無くなり、闇に紛れるだけとなる。
 やはり、ネットの口性無い流言飛語を減らすためには、匿名と特定個人の中間的に位置する世界規模のユニークなニックネームによる管理が必要だろう。 マナーの悪さに法的な罰則まではどうよと思う場合でも、社会制裁手段は用意するべきと思う。

 また、本人だとされて出回る画像の半分以上がガゼ確実である。 勝手に犯人扱いされ困る人もいるだろうし、姓名判断とか生年月日占いとかに至っては迷惑この上ない。 以下、本事件におけるガセ情報となった赤の他人の顔画像の出処を示す。

木村昭敬(きむちゃん) - Google+
https://plus.google.com/b/101440145242407526656/100815885105377011931/posts
木村昭敬 - YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCSpyrcEyaGKdBvNy3zwLR-Q/videos

セイキンさんあるある - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139581875079008901
SEIKIN(セイキン)自己紹介!質問募集! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Z56H0q-PfKI

東京教員クラブ
http://www.geocities.jp/tokyokyouin/staff/staff6.htm
※市川さんと福田さんの2名のところ

メルネアさんはTwitterを使っています: "@1988Takuya 俺をイケメンだと思わない奴は目が腐ってる http://t.co/ahDV85o4zd"
https://twitter.com/_MERUNE_/status/551295932424146945
※出回っている緑の服装以外に白のもあることから大元の投稿とわかる(当然、容疑者とは別人)

新しい前下がりボブ★|Visee Line代表取締役社長杉浦成規 オフィシャルブログ「愛され髪をつくるトップ美容師のブログ」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/sugiuranaruki/entry-11200560166.html
※この散髪画像の一部を切り抜いた画像が出まわる

――――――――――――――――――――
他の画像も怪しいのがいっぱい。

過去の他の犯罪容疑者の画像を使い廻している。
割りと知られた顔なので、バレるのも早い。
これにさえ引っかかるのような情弱はブログ・ツイッター禁止でよいだろう。

TwitterやFacebookから同姓同名というだけで引用。
よほど変わった名前でもなければ姓名一致だけでは特定にならない。
社会的に求められる証明でも、氏名の他に住所か生年月日との組み合わせが必須とされる。

卒アルっぽい出所不明の切り出し画像。
載っているはずの肝心な名前部分まで切り落としているのは、かなり疑わしい。
雰囲気だけで本物に違いないと決めつけちゃうエスパーは多い。
有るべきものがちゃんとあるのか見極める合理的思考と、饒舌過ぎる情報への警戒心を持ち合わせるべきだろう。 それに私が犯罪者の顔写真を色々集めてわかったことは、顔写真で犯罪判断なんかできないということだった。

ネットの検索知識もなく、真贋判定せずに引用するのは、罰せられるべき悪徳である。

仮面国際貢献

中東想定? 陸自、砂漠で対テロ戦闘訓練 - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/143904
「砂漠戦を自衛隊に指導」米陸軍公式サイト - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/143907

Fort Irwin National Training Center - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Fort_Irwin_National_Training_Center
http://www.irwin.army.mil/

安倍政権が改憲によって目指すものは、平和貢献などではない。
 いくら建て前に美辞麗句を並べ立てようとも、武装兵力による利欲実現だ。 トップがそうであれば、それに取り入られようと下の組織に媚びるものが出来横行するのも当然。 安倍閣下の臥薪嘗胆に答えるべく下準備を整えておりますと吠える。 安倍氏を問い詰めたところで、こう言うだろう。 自衛隊が勝手に意向を汲んでやったことに過ぎないから、知ったことじゃないと。
 少なからず、どの国家も暴力を基板として成立している。 それは治安秩序の最奥に『殺し合い』の勝者という根を持っているということ。 だがそれは、決して誇れる話ではない。 常に理性的であろうとする人の努力を、本能に基づかないまやかしとせせら笑う悪魔の入れ知恵だ。 つまるところ、国家という正当性の皮を剥いだ生の姿が醜ければ、イスラム国と大差ない。 単なる兵力競争になったら、現状1対1で勝てる見込みはまずない。 そうなると、国土を増やせばよいと考えるようになる。 取りも直さず、戦前の大東亜思想と同じだ。
 最近、モラハラ(モラルハラスメント)が原因での離婚が増えてきていると聞く。 何を言っても聞く耳を持たず、自分を客観視出来ない夫がいるのだそうだ。 もう、国全体で被害者妄想に取り憑かれている感じがする。 テロリズムは侮れないが、その解決手段に同手法を用いることは泥沼を意味する。

Japanese Soldiers train at National Training Center for the first time
January 14, 2014
http://www.army.mil/article/118238/Japanese_Soldiers_train_at_National_Training_Center_for_the_first_time/

NTC hosts 3-2 SBCT, 7th ID and Japanese unit for their first decisive action rotation
January 22, 2014
http://www.army.mil/article/118589/NTC_hosts_3_2_SBCT__7th_ID_and_Japanese_unit_for_their_first_decisive_action_rotation/

FORSCOM command team visits NTC
January 28, 2014
http://www.army.mil/article/118951/FORSCOM_command_team_visits_NTC/

Japanese Ground Self-Defense Forces train alongside U.S. Forces at NTC for first time
February 12, 2014
http://www.army.mil/article/120075/Japanese_Ground_Self_Defense_Forces_train_alongside_U_S__Forces_at_NTC_for_first_time/

迷惑電話チェッカー

2ヵ月で853件遮断 不審電話対策効果あり - 大分合同新聞
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/02/06/234725480
迷惑電話チェッカー WX07A|その他の製品|Y!mobile(ワイモバイル)
http://www.ymobile.jp/lineup/wx/07a/
迷惑電話チェッカー WX07A | PHS関連製品 | 製品情報 | 株式会社エイビット
http://www.abit.co.jp/product/phs/wx07a.html
迷惑電話・営業電話を自動で着信拒否(迷惑電話フィルタ) トビラフォン
http://tobilaphone.com/

(有線)電話機にかかってくる迷惑電話を防止するシステムに無線(PHS)回線を使うということに違和感がある。
 性能としては申し分なく、このシステムはよく考えられたものではあるが、そもそも論としてどうして有線回線だけでこのシステムを構築できないのかということである。 有線回線は基本的に音声通話を目的としていてデータ通信としての利用は想定していないと言いたいのだろうが、ではADSLのIP電話やひかり電話ならサービスを提供しているのかと問えば、現状やっていない。 PHSではなくてもインターネットに接続できる環境さえ、音声用電話回線とは別途に持っていれば、無駄な費用がかからなくても済むはず。 迷惑電話チェッカーの最大の客がお年寄りということを考慮して、設置の説明いらずにするためにPHSをということなのだろうが、利用者としては安価な選択肢も欲しいところだ。

キヤノンとオリンパスの新機種

キヤノンとオリンパスのカメラ新機種がどっと発表された。
発表が重なるのは、営業上わざとなのだろうか?

キヤノンから2つのエントリーEOS「8000D」「Kiss X8i」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150206_687132.html

> なお2月6日現在、EOS Kiss X7の後継機は発表されていない。

X7持ちなので、ちょこっとホッとした(笑) X7はサイズの小ささと握りのよさのバランスが持ち味なので、新製品のX8iに目移りすることはない。 EOS 8000D とはまた微妙なものを投入してきたなぁという感じ。 サブ電子ダイヤルがあるので、X8iより断然操作しやすい。 70D購入者はがっかりかな。 シャッタスピードとドライブ性能を若干我慢できるなら、8000D で十分ということになる。

重量は
EOS 8000D  が 約565g(CIPAガイドラインによる)/約520g(本体のみ)
EOS 70D   が 約755g(CIPAガイドラインによる)/約675g(本体のみ)
EOS Kiss X8i が 約555g(CIPAガイドラインによる)/約510g(本体のみ)
EOS Kiss X7 が 約407g(CIPAガイドラインによる)/約370g(本体のみ)

EOS 8000D は 70D よりは大分軽いので疲れないだろう。 性能より操作性を上位機種に近づけたという点で意味はあるのか。

オリンパス、手ブレ補正が向上した「OM-D E-M5 Mark II」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150205_686689.html
主な仕様 E-M5 Mark II | OM-D | オリンパス
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em5mk2/spec.html

目玉はハイレゾショット。 今までもオリンパス機は階調が豊富で知られていたけど、さらに解像度まで手に入れたら、日中野外撮影で人気がでるだろう。 下手に4Kに手を出さないのも好印象。 現状の4Kは色空間に ITU-R BT.2020(Sonyのトリルミナスより広い)をちゃんと使っていないのがほとんどだから、将来その映像ソースが無駄になる可能性が高い。

> E-M5にはなかった-10度までの耐低温仕様も備えている。

ザックから取り出したあと、温めていた電池と毎回交換するのもだるいだろうから、冬の屋外使用をするのに大変ありがたい。 大概カイロで結露を防ぎながら使用するのだろうけど、その手間を少しでも省けるならそれに越したことはない。

オプション品はすごい。 ドットインサイトやクイックシュー対応レール付きグリップとか、E-M5購入者のほとんどは買い換えるんじゃないだろうかというくらい。 そして、やっとマイク端子が付いた。 既発売の E-M10、E-M5、E-M1 のどれも今まで付いてなかったのだ。 デジカメ動画は、映像がよくても音を台無しにしてきたことにやっと気づいてくれたようでうれしい。 ちなみに私がキヤノン好きなのは、入門機にもちゃんとマイク端子が付いているから。 パナやソニーは高級機にしか付いていないのが残念。

欠点を上げるなら、E-M5より44gも重くなった。

> 重量は約469g(バッテリー、記録メディア込み。アイカップなし)、約417g(本体のみ)。

これじゃ、APS-Cセンサー機に対するアドバンテージがない。 たぶん実質の感度性能は同じくらいなのだろうが、設計のしやすいAPS-Cセンサー機は価格が安い。 まだまだ、金持ちの道楽品ですな。

2015年2月 4日 (水)

ヨルダンパイロット殺害映像

 ヨルダンパイロットの殺害映像は単に殺しの場面を写しているものとは異なって、恐怖を煽る演出が施されている。 とくに焼殺というのは、イスラム教徒にとって重大な意味があり、斬首では天国へ行けるが焼殺(遺体を焼くことを含む)では天国に行けないとされている。
 ISに捕らえられると、機密を全部吐かされた上に、本意でもないセリフを言わされるようだ。 家族に危害が及ぶと脅されれば、従うより他ないだろう。
 ヨルダンパイロットの焼殺映像は23分34秒(660MB)にも及ぶフルHDの大作で、CG合成もふんだんに使い、とても戦乱のシリア・ラッカやイラク・モスルで制作されたとは思えない出来。 野盗が作れるレベルではない。
Snapshot_0808_20150204_132329
 冒頭は解説でヨルダン軍映像を映すことでISが軍内部に精通しているかのような印象。 3:50あたりからパイロット自身に喋らせる解説映像で、14:38からが空爆被害を織り交ぜたパイロット殺害映像となる。 野外の檻の中で悶え死ぬ有り様は、悪趣味以外の何ものでもない。 おそらく、この野外撮影が軍事衛星でとらえられ、殺害日(1月3日)と場所が判明していると思われる。
Snapshot_1834_20150204_125923_r
 さらに映像は続き、16:37からは墜落死させたパイロットたちの生前写真と撃墜場所の航空写真を次々と表示させる。 各国政府が必死でアップロード先から消去しまくるのも、わかるような気がする。

>> 追記

どうやら、こんな記事を書いていると監視対象になるらしい。 私がどこのサイトにアクセスしたのか、調査が入っている気配を感じる。 先方の根拠は公安調査庁設置法だろうか。 世界規模でネット監視できるアメリカ政府によって機械的に抽出されたのかも知れないが。 法に触れることはないので、どうってことはないが、痛くもない腹を探られるは薄気味悪い。

「国内にイスラム国支持者」=山谷国家公安委員長が答弁
http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015020400917
警察庁で関連情報の収集・分析を進めていることを明らかにした。平沢勝栄氏(自民)への答弁。

こんなことだろうと思ったよ。 テロ防止目的に調査するのは構わないが、くれぐれも国内の政治的には中立でやってくれ。

2015年2月 3日 (火)

悪魔の囁き

秋葉原殺傷:「被害と加藤被告の『しょぼさ』釣り合わず」
http://mainichi.jp/select/news/20150203k0000m040107000c.html
加藤被告は著書で現実を「タテマエ社会」、インターネット上の掲示板を「ホンネ社会」とつづり、被告になりすました人物に掲示板を荒らされたことで「(自分の)命綱が切れた」と動機を解説した。

2chがホンネと本当にそう思っていたのだろうか。
 現実がタテマエなどというセリフは、昔からどこかで聞いている。 ちょっと考えれば、現実社会の評価はともかく、匿名社会(2ch)だと嘘をつくことも可能で本音などと呼べる代物ではないと気づくはず。 加藤は2chに対して、自分にちょっかいを出してかまってくれたことに親近感を感じつつも、罵られたことへの腹いせをしたいが叶わず、自分が2ch信奉者だとそう思い込んだことにして評判を落とさせようと仕向けたのではないか。 つまり、2chに一矢報いるために頑迷な自分を演じているのである。 そこまで自己分析して反省につながるのだろうが、彼は未だにそこ辿りつけず、世を欺き続けている。

官僚の再腐敗ははじまっている

スカイマークの頓挫、国交省の本音
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82590910Q5A130C1000000/

なぜ、救済会社が日航とANAで揺れ動いて時間切れになったのか、気になっていたが、こんなくだらない理由が原因らしい。

  • 民主党時代に公的支援を受けて再生した日航に対して、自民党政権が厳しい姿勢をとっているのは周知の通り。その制約をかいくぐって日航との深い連携をめざすスカイマークの動きは、航空行政に対する一種の挑戦に映ったのかもしれない。
    → 時の政権である自民党に媚びへつらう官僚体質。
  • ニュースが出るたびに揺れ動く株価に危うさを感じる向きもあったようだ。
    → 弱小会社がどうなろうと知ったことじゃないという切り捨て文化。
  • カリスマの直感頼みでは、経営の基盤が弱いと言わざるをえない」と国交省幹部氏いう。
    → 意見を尊重させる天下り先の席を用意しろ。

2015年2月 2日 (月)

やるやる詐欺党

菅官房長官「身代金用意せず」、イスラム国との交渉を否定
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0L60JI20150202
菅官房長官は会見で、身代金を用意していたかについて記者から問われ、「それは全くない。100%ない」と明確に否定した。 さらに、イスラム国と交渉する気は「全くなかった」と述べた。

やるやる詐欺だろ。 「緊張感を持って対応を」って、「寡黙に見殺しを」という意味か。 期待感だけ持たせて決定時期(ターニングポイント)が過ぎたら、厚顔で裏切る。 「交渉しない」と事前に明言する英米より劣悪な内閣と言わざるをえない。 一方で、改憲も農協改革も選挙公約に有ったか? 国民は目を覚ませ!

 それをヨルダンにやらせているのか。 人質を取る犯罪者に“ルールを求める”のではなく“ルールを作る”のが交渉というものだろう。 犯罪者とは無法者のことだが、ある種の『信頼関係』は築けるとされる。 一昔前に『交渉人』という映画やドラマが有ったのだが見ていないのだろうか。
 このような問答無用な態度は、野党や国民に対しての姿勢へと転じる。 「話の通じる相手じゃないから、絶対過半数で強行採決で決めてしまえばよい」と。 ただ、白紙委任状を取れる選挙の間は、ただひたすらごまかしに誤魔化すと。

地上軍

米国:地上軍派遣論強まる…「イスラム国」掃討 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150202k0000e030175000c.html

オバマ大統領弱腰論だけ取り上げるというのは、報道に深みがない。
 東京大空襲無くして、日本が早期降伏しただろうか。 大空襲で復興不可能とさえ思われる経済的ダメージを負わされる前と後では違ったはずだ。 湾岸戦争においては、イラク派兵のために米国家予算は傾いた。 オバマ大統領は、歴史的な裏付けを知った上で、イスラム国への地上戦費用をちゃんと計算していると見てよい。 彼はノーベル平和賞受賞者だが平和主義で派兵を嫌っているわけではないのだ。

イスラム国との戦闘にかかる費用
http://static.reuters.com/resources/media/editorial/20150121/fighting_cost.gif

たぶん、最悪、自分ではなく次の(分別のない)共和党政権が地上派兵すると見込んで、ベストタイミングを測っている。 あんまり表面だけを追って大統領を推し量っていると、彼の国の政治家たちから笑われてしまうだろう。

>> 追記

コラム:過激派を弱体化させる「難しい一歩」
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0L80KR20150204
「世俗的であるために政権は腐敗しているというのがイスラム教主義者たちの主張だ。こうした理屈は以前はそれほど共感を呼ばなかったが、今は違う」
オバマ米大統領は繰り返し、「過激思想の源を断つ戦略」を抜きにしたままでは、「終わりなき戦争は自滅を招く結果となるだろう」と強調している。

日本に腐敗はない? 合法的であれば腐敗とは言わない? ヒエラルキーのメンツが固定化すれば場末で水は腐る。

パクリDNA

【ビジネス解読】超先進中国「シャオミ」に盗作疑惑 日本ベンチャー激怒「提訴辞さず」 中国企業のパクリDNAは変えられない
http://www.sankei.com/premium/news/150202/prm1502020001-n1.html

中国はどこかでキッチリ付けを払ってもらわにゃならん。
 ガキ(餓鬼)がそのまま歳ばっかりくったようなものだ。 人の心の痛みを知る教育が間に合わなければいずれ旧日本帝国と同じ道をたどるだけ。 そうなるように仕向ける一部日本人はいるが、断末魔の飛び火はこちらにも来るのだから、とんでもない間違いだ。 中国に自浄能力を持たせられることに越したことはない。

自民に騙される地方有権者

農協改革:JA全中の廃止案示す 農水省
http://mainichi.jp/select/news/20150202k0000m020142000c.html

農協は民間団体だ。
 政府機関でも何でもなく、勝手にいじれる存在ではない。 そもそも政府の地方活性化対策が疎かだから農協が拡大したのわけで、地方経済と少子化対策が先であろう。 需要が無くなれば、農協の非主要部門は自然消滅・淘汰されるのに、強制排除と来た。 選挙さえ済めば、お払い箱。 当選させた議員は「ご理解を」を繰り返すだけだろう。 それが自民党のやり方だ。 数十万人に上るだろう職員の再就職さえ考えなし。 TPP優先路線は揺るがないのだから、あれほど信用するなと忠告したのに、自民議員に投票した地方有権者はマヌケ以外の何者でもない。

>> 追記

農協への監査権廃止、全中が容認へ 政府の改革案
http://www.asahi.com/articles/ASH265367H26ULZU008.html
「全中の監査権を維持するか、准組合員の利用制限を選ぶかを政府・与党が迫っている」

この妥協が、城崩しの端緒。 「組合員の利用条件などについては見直さない」などという約束を自民が守るわけがない。 一体行動を出来なくするための布石だというのに……次はもうない。

2015年2月 1日 (日)

ワイツゼッカー氏

訃報:ワイツゼッカー統一ドイツ初代大統領=94歳
http://mainichi.jp/select/news/20150201k0000m030052000c.html
「過去に目を閉ざす者は、現在も見えなくなる」
多くのドイツ人は祖国のため戦うのをよしとした。だがそれは犯罪的な政権の非人間的な目的に寄与するものだった。この日はドイツの間違った歴史の終わりの日だ。

戦争責任を直視、歴史に残る名演説 ワイツゼッカー氏
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM31H42_R30C15A1FF8000/
演説のメッセージは2つあった。ひとつはナチスの残虐性を戦後生まれの世代に伝えたこと。
時代とともに戦争責任を忘れるのではなく、反省することに力点を置くべきだ――。その考えは、その後のドイツ政府の指針となった。
敗戦を「ナチスの暴力からの解放」と位置づけたことが2つ目の意味合いだ。これにより1933年のナチス政権誕生から敗戦までの政策は、誤りだったとの認識がドイツ社会に定着した。

ワイツゼッカーさん:元独大統領 日中関係説くその先に…
http://mainichi.jp/select/news/20150201k0000m030065000c.html
「私たち全員が過去に対する責任を負わされている」と語る一方で「罪は集団的ではなく個人的なもの」と述べている。
自伝の中で「私はポーランド人と親密になることが自分の世代の責任と考えてきたが、個人的な経験から、こうした感情は困難だった」と告白しているように、自身も深い葛藤を抱える人物だった。そんな思いを抱きつつ、冷戦期に旧ソ連・東欧を何度も訪れ東西和解に尽力した姿に、人々は共感を寄せたのだ。
最近は政治家も記者もカントを読まないのが気になる」と寂しげにつぶやいた。

ワイツゼッカー元独大統領死去:「分断欧州の克服」も追求
http://mainichi.jp/shimen/news/20150201ddm007030066000c.html
また、統一により豊かな西独市民の負担増が避けられないことを早くから唱え、コール元首相が「統一ドイツの未来は、花咲き誇る光景」と楽観的な見通しを語ったことを「甘い」と批判。

バランスが取れた人という賛辞は適切ではあるまい。 思慮深いリアリストと言うべきで、バランスはその結果に過ぎないからだ。 物事を両天分にかけて臆して何もしないタイプでは決してない。
 国家を暴走させた責任は国民一人ひとりにもあると認識していたと思われる。 そして、自己嫌悪をもたらすような嫌なことでもやるべきことはやるという姿勢を自ら示した。 カントの著作は多々あるが、『判断力批判』において美的判断といった美学の批判をしている。 思考を狂わせる一因にもなる『美』という概念にも洞察が必要と見抜いていた。 「美しい日本」などという、いささか奥ゆかしさに欠ける言葉をやたらめっぽう使いたがる輩は目を通しておくべきだろう。

後藤氏の無言のメッセージ

A_message_to_the_government_of_japa

後藤さんとみられる映像、メッセージの全訳
http://www.asahi.com/articles/ASH212243H21UHBI007.html

日本政府よ。
邪悪な有志連合を構成する愚かな同盟諸国のように、お前たちはまだ、我々がアラーの加護により、権威と力を持ったカリフ国家であることを理解していない。軍すべてがお前たちの血に飢えている。
安倍(首相)よ、勝ち目のない戦争に参加するという無謀な決断によって、このナイフは健二だけを殺害するのではなく、お前の国民はどこにいたとしても、殺されることになる。日本にとっての悪夢を始めよう。

彼らは『国』と違って権力が集中しておらず首謀者が判然としない。
 なのでサバイバルゲームのように「旗を取れば勝ち」ということにはならない。 また、彼らは宗教活動の一環のつもりで戦っている。 それが間違いであることを示すには彼らに、必然的に宗教を説かなくてはならない。 今の日本政府にそれができるはずもない。
 そんな袋小路に陥らないように、平時にリスクを取って彼らの思想に食い込むべきではないのか。 「触らぬ神に祟り無し」は問題先送りと同じこと。 「諌めぬ神で祟り有り」の方が現実的には正しい。 後藤氏がIS支配地域内に入ったのは失敗だが、民間人として中東で頑張っていたのは日本の将来も考えてのことであろう。 なんとなく、後藤氏の最後の表情からはそう見て取れる。
 今回の事件でわかったことは、今の内閣は日本国民に国家神道を植え付けることで頭がいっぱいで、海外への悪影響に対して何も手を打てないということだ。 逆に読めば、国家神道を復活させたら宗教戦争の大義名分もできるということにもなる。 暗にそれを匂わせて9条改憲へと誘う。 アメリカが人権のための戦闘であることを強調し、宗教戦争に見られないように苦心しているのとは、逆の動きだ。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ