« 悪ふざけの代償 | トップページ | 動かないのが正解だった »

2015年2月11日 (水)

農協改革で一部地域は破綻する

JA全中、地域農協からの80億負担金なくなる
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150209-OYT1T50078.html
枝野氏「ピント外れ」に菅氏「そのままお返し」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150211-OYT1T50017.html
菅官房長官は10日の記者会見で、9日にまとまった農協改革案に関して、「地域農協が主役となり、地域の特色を生かしながら、創意工夫して農業の成長産業化に全力投球できる改革案をまとめることができた」と述べた。

『地域の特色』とは笑わせる。
 TPP導入の最大の障害である全中を黙らせるには、地域間で足並みを乱れさせるのが一番だということであろう。 TPP導入で失う権益は80億どころではない。 TPPを導入するにしても、オープンな議論を経ずにだまし討ちのような暗闘の結果では、準備に最善が尽くせるとは思えない。 地域格差を通じ、ヒエラルキーの構築が進むだけだろう。

「日商会頭「大きな山が動いた」、農協改革を歓迎」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416268.html

 政策遂行後に待ち受けるのは論功行賞。 今回の件で経済団体代表は、ニヤついている。 ますます安倍政権に鈴を付けるものがいなくなるだけだというのに……。

« 悪ふざけの代償 | トップページ | 動かないのが正解だった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪ふざけの代償 | トップページ | 動かないのが正解だった »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ