« 迷惑電話チェッカー | トップページ | 実名とガセの引用問題 »

2015年2月 7日 (土)

仮面国際貢献

中東想定? 陸自、砂漠で対テロ戦闘訓練 - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/143904
「砂漠戦を自衛隊に指導」米陸軍公式サイト - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/143907

Fort Irwin National Training Center - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Fort_Irwin_National_Training_Center
http://www.irwin.army.mil/

安倍政権が改憲によって目指すものは、平和貢献などではない。
 いくら建て前に美辞麗句を並べ立てようとも、武装兵力による利欲実現だ。 トップがそうであれば、それに取り入られようと下の組織に媚びるものが出来横行するのも当然。 安倍閣下の臥薪嘗胆に答えるべく下準備を整えておりますと吠える。 安倍氏を問い詰めたところで、こう言うだろう。 自衛隊が勝手に意向を汲んでやったことに過ぎないから、知ったことじゃないと。
 少なからず、どの国家も暴力を基板として成立している。 それは治安秩序の最奥に『殺し合い』の勝者という根を持っているということ。 だがそれは、決して誇れる話ではない。 常に理性的であろうとする人の努力を、本能に基づかないまやかしとせせら笑う悪魔の入れ知恵だ。 つまるところ、国家という正当性の皮を剥いだ生の姿が醜ければ、イスラム国と大差ない。 単なる兵力競争になったら、現状1対1で勝てる見込みはまずない。 そうなると、国土を増やせばよいと考えるようになる。 取りも直さず、戦前の大東亜思想と同じだ。
 最近、モラハラ(モラルハラスメント)が原因での離婚が増えてきていると聞く。 何を言っても聞く耳を持たず、自分を客観視出来ない夫がいるのだそうだ。 もう、国全体で被害者妄想に取り憑かれている感じがする。 テロリズムは侮れないが、その解決手段に同手法を用いることは泥沼を意味する。

Japanese Soldiers train at National Training Center for the first time
January 14, 2014
http://www.army.mil/article/118238/Japanese_Soldiers_train_at_National_Training_Center_for_the_first_time/

NTC hosts 3-2 SBCT, 7th ID and Japanese unit for their first decisive action rotation
January 22, 2014
http://www.army.mil/article/118589/NTC_hosts_3_2_SBCT__7th_ID_and_Japanese_unit_for_their_first_decisive_action_rotation/

FORSCOM command team visits NTC
January 28, 2014
http://www.army.mil/article/118951/FORSCOM_command_team_visits_NTC/

Japanese Ground Self-Defense Forces train alongside U.S. Forces at NTC for first time
February 12, 2014
http://www.army.mil/article/120075/Japanese_Ground_Self_Defense_Forces_train_alongside_U_S__Forces_at_NTC_for_first_time/

« 迷惑電話チェッカー | トップページ | 実名とガセの引用問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迷惑電話チェッカー | トップページ | 実名とガセの引用問題 »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ