« 中東の近代思想化 | トップページ | 安易に作れない田舎マンション »

2015年2月 9日 (月)

Ubuntuスマホ

初の「Ubuntu」搭載スマートフォン、欧州で発売へ
http://japan.cnet.com/news/service/35060136/

こういうものこそ、ベンチャーでやらないでどうすると思うのだが、日本はどうしちゃったのかなー。 企業が効率優先をするあまり、少数取引を嫌っているのだろう。 将来性を買わない姿勢というのは、この国の首を自分で絞めていることに他ならない。 一社一社が考えを改めないと、まさに構造不況となる。
 この商品はセキュリティを度外視しているので、一般向けではない。 なので、コンテンツ(映像・音楽・ゲーム等)の配信にも向いていない。 だがいくらでもいじれるので、自分だけの用途には都合がよい。 余計な公開手続きに頭を悩ませる必要もない。 オープンソース(OSS)どうしの移植はあっという間だろう。
 OSSスマホというと Firefox OS を載せたスマホもあるが、こちらはブラウザOSなのでアプリ開発の敷居は低いがやれることに限界がある(ハードウェアにはアクセスできない)。 Webでやれることは少しずつ増えているので、どちらがよいという話ではないだが、マッシュアップで動作させる手法はあくまでサーバー側での処理に依存する。
 Ubuntuスマホの価格は169ユーロ(2.3万円)らしく、お安いのでひとつ欲しくなる。 コンテンツに金を払うのは仕方ないが、ツールに法外な金を払うことに抵抗がある人は、導入してもよいだろう。

ASCII.jp:「Ubuntu」スマホが再度の延期 2015年Q1に3度目の正直か?
http://ascii.jp/elem/000/000/963/963456/

« 中東の近代思想化 | トップページ | 安易に作れない田舎マンション »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中東の近代思想化 | トップページ | 安易に作れない田舎マンション »