« twitterの弱点 | トップページ | デマゴーグ 池田信夫 »

2017年1月 1日 (日)

犯罪者に課す刑罰以外の道

年明け一番、重い話ですみません。

(裁判員物語)「出所後また殺す」死刑望む被告に戸惑い:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJCS0NVDJCRUTIL03K.html

裁判で「死刑にしろ」と毒づく被告がたまにいる。 彼らの多くは、統合失調症などの精神疾患ではないと私は考えている。 何が法的に罪に当たるのかを知った上で犯行に及んでいることから、知能に問題がないからだ。

だが、それ故に罪深い。 ここで書いた『罪』とは損失への賠償責任や社会に与えた動揺のことではなく、心の闇のこと。 賠償責任という意味の罪であれば、犯罪行為に応じた刑罰を受け、被害者やその遺族への賠償を支払うことで終える。 社会的な償いであれば、(たとえ改悛が無くても)多くの人を救うことに何らかの貢献することで果たされるであろう。

だが、心の闇の方は違う。 これに厳罰を課して口を封じても、本質的な犯罪防止にならない。 社会への不満の正当化とくに理不尽の公平化は、直接犯罪者同士が知り合うことなく、共有状態にあると言ってよいからだ。

死刑を以てして被告を消し去っても、犯罪遭遇率は減らない。 にもかかわらず、感情から極刑を望む被害者遺族も少なくない。 誰も救われない中途半端な地獄である。 これを脱するには被告から改悛を引き出す以外に無かろう。

育ちが違うと矯正は徒労に終わるとあきらめてよいのだろうか。 愛情とは低年齢時にだけ後天的に取得できるものなのか。 あらゆる医学・心理学・教育学・生物学を総動員しても、精神疾患でもない逆恨みの犯罪者を真人間に生まれ変わらせることは、それほどまでに難しいというのだろうか。

洗脳と言うと拷問を伴う調教や薬物を使った依存症の利用を思い浮かべるかもしれない。 しかしながら、広義の意味での洗脳は私らがお互いにコミュニケーションという名でやっていることだ。 人ひとりを全く違った社会環境でどれだけ作り変えることができるのか、本当に研究をした人がいるのだろうか。 人類・国家はもっと次元の高い挑戦を始めるべきだと思わずにはいられない。

>>追記

受刑者が犬を世話する刑務所ペットホテル、ポルトガル:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3107245

人には素直になれなくても、動物ならそのタガを外せる場合もあるだろう。 更生不能と法的な罪の重さと必ずしも一致しない。 厳罰化が進められた間に、どれだけ更生方法の開発が進んだのか。 過密人口時代なら、犯罪者の将来など気にせずに泡沫と消えてもらって構わないところだが、今は地域社会に貢献できる人材に事欠く時代。 一人でも多くの落ちこぼれを防がなくてはならないため、烙印を押す人間の数を最小限にとどめるのは、被害者を含む社会全員の義務だろう。 例え、犯罪者が与えた損失が唯一無二なものに対する不可逆な行為だったとしても、別方向・別次元での補填の道を探るべきではないのか。

« twitterの弱点 | トップページ | デマゴーグ 池田信夫 »

教育・道徳」カテゴリの記事

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ