« ブログのエラー | トップページ | 希望の党と小池都知事 »

2017年9月30日 (土)

選挙制度の是非について

 現行の民主主義は選挙によって成り立っている。 しかしながら実態は国民の政治無関心による低投票率で選ばれた歪な政治家による衆愚政治ではないか。 まず、投票率を上げることで、扇動家とポピュリストがはびこる衆愚政治を打破するべきであろう。
 これを改革するには総理指名制を導入するべきではないかと考える。 私のいう指名制とは単なる総理指名選挙のことではない。 低投票率であれば選挙を無効として前任者による指名とするものである。
 それでは現役与党有利が延々と続く、と危惧するかもしれない。 しかしながら、現状において世論を掘り起こせない野党では、どちらにしても政権奪取は無理である。 であれば、総理職を与党から切り離して、もっと良心的に動けるようにするしかないのではないか。 一方、低投票率では総理ポストへの道が閉ざされるとなれば、総理以外の与党議員も世論を喚起すべく動くことを期待できる。

« ブログのエラー | トップページ | 希望の党と小池都知事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログのエラー | トップページ | 希望の党と小池都知事 »

カウンター

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ