« 立憲民主と希望 | トップページ | 民進党の終焉 »

2017年10月11日 (水)

無党派層という日本の癌

「政治家って謝ったら死ぬ病なの?」ヨッピーさんが語る - 2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKB7524JKB7OIPE01B.html
民進党も政権与党時代に、鳩山由紀夫さんが明らかに迷走していた。今振り返れば、「よくなかったよね」と民進党の人も思うはずなのに、そういう総括をしていない。

無党派層の多くが、いわゆる 『オレ以外は全部バカ』志向と思われる。 民主党は代表の鳩山の暴走ぶりを反省し、党から追い出している。 鳩山と小沢は党設立の大功労者であり、親とも言える存在。 その両名を追い出す苦労・苦痛は並大抵のものではなかったはずだ。 それをヨッピーとやらが総括していないとなじれるのであろうか?

自分の親が狂ったことを言い始めたら、あなたなら切って捨てるのか? 隣近所・世間に迷惑をかけたからと言って、人前で自分の親を声高に非難するのか? それこそ家族愛の無い非人間性しか感じない。

本当に相手の立場に立って考えてみて、自分ならこうすると考えられないのは、

  • 相手の立場に立つ気がない
  • 相手の知識がない
  • 自分の考察が薄っぺらい

ということだろう。 メディアはそれを検証せずに巷で人気だからとインタビューだけ載せることでよいのか?

« 立憲民主と希望 | トップページ | 民進党の終焉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立憲民主と希望 | トップページ | 民進党の終焉 »

カウンター

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ