« 内規という悪弊 | トップページ | 自分を棚上げにしすぎな中国 »

2018年12月18日 (火)

政府裁量拡大のリスク

赤字ファンド、改善宣告…インサイド財務省 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181212-OYT1T50077.html

>クールジャパン機構は、マレーシアで日本のファッションなどを売り込む事業に失敗し、損失が膨らんだ。

最近、「クールジャパン」って聞かないねぇと思ったらやはり。 根っからの嘘つきは知らないふりして、ネガティブイメージからそっと手を引く。
>14ファンドのうち12ファンドは、13年以降に生まれた。前年末に発足した第2次安倍内閣が掲げる成長戦略に寄り添うかのように乱立し、「出遅れた省庁が無理につくった例もある」(経済官庁幹部)。
自分には才能があるんだと自信家の自己暗示をかけ続ける安倍自民は把握限界を超える量でも扱えるつもりでいる。 首相勇退まではバタバタと倒れないように延命させているだけだ。
>13年9月に政府が決めたファンド運営のガイドライン(指針)には、「政策目的に沿って効率的に運用されているか」といった大まかな項目が並ぶだけだ。
後から口出しできる余地を残すために、法は作らずに運用するか、制定しても曖昧にするのが安倍流。 しかも、半官半民で中途半端な責任のつけは税金投入となる。 政治家の懐は何も痛まない。

日銀まで抱き込んだ嘘つきに国家財政やらせておくと、そのうち第二のギリシャになると思うぞ。 勤勉で法治国家の日本でそんなのありえないって? バカ同士で大臣ポストを廻し合い、解釈改憲やるような国に嘘が見当たらないって言うなら、君は頭がおかしいのか。

« 内規という悪弊 | トップページ | 自分を棚上げにしすぎな中国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内規という悪弊 | トップページ | 自分を棚上げにしすぎな中国 »