« 地方議会の悪習 | トップページ | 内規という悪弊 »

2018年12月18日 (火)

「デジタル課税」は案外よい

フランス 「デジタル課税」独自に導入へ | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011750741000.html

 「デジタル課税」と聞くと、IT系社員は仕事に不都合となることを恐れて反対するかもしれないが、フランスのは規模や対象を厳密に絞っているので、情報処理産業全体に不利というわけではない。 問題点があるとすれば、徴収方法が不明なことだが、対象が少数の大企業だけであれば個別にやれるし、上場企業に脱税は難しい。 現状ではアメリカに押されている自国企業の規模では課税対象にならず、委縮することもない。
 ということで案外よさげだと思うが、アメリカの大企業でもTwitter社のように儲けがあまり出ていないところもあるので、導入に大反対するとこはあるだろう。 でもよくよく考えてみると、Twitter社の赤字の原因ってインフラの維持費用だと思うし、大して価値が無く再利用もされないいつぶやきを大量に保管し続ける現状にこそ問題がある。 これを機会にサービスを見直してもよいのではなかろうか。

« 地方議会の悪習 | トップページ | 内規という悪弊 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地方議会の悪習 | トップページ | 内規という悪弊 »