« 冤罪でも野放しに出来ないと思われたら終わり | トップページ | レッテル正義に陥る日本人 »

2018年12月21日 (金)

企業は国家の格付けを超えられない

中国「国家情報法」米に衝撃 ファーウェイと取引停止 :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39146250Z11C18A2EA1000/

如何に企業に信用力があろうとも、所属する国家の信用力が上限。 これは経済の常識なのだが、自画自賛する中国政府はそれを理解していなかった。 Huawei(華為技術)は、とくに海外製品に関してはバックドアを仕掛けたことは無いのかもしれない。 だが、中国政府が法としてそれを可能にしてしまっている以上、いつ顧客を裏切るのかわからない。 中国政府が彼らを擁護しているようでありながら、後ろ手にナイフを渡しているようなもの。 少なくともそう思われることを想定しない客観性の無さ、安易に扱う傲慢さが、今の中国の品格なのだろう。

« 冤罪でも野放しに出来ないと思われたら終わり | トップページ | レッテル正義に陥る日本人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冤罪でも野放しに出来ないと思われたら終わり | トップページ | レッテル正義に陥る日本人 »