« 脱税でも報酬は有効か | トップページ | 誰かが代わって恨みを晴らしてくれること期待するな »

2018年12月 9日 (日)

韓国文政権はこれから混乱する

焦点:北朝鮮対応巡り韓国政府に「亀裂」、非核化交渉の妨げに
https://jp.reuters.com/article/insight-sk-nk-idJPKBN1O60IS

文大統領がリスクテイカーなのは何となくはわかる。 だが日本をダシにして、あらゆる問題を押し進めることはできたとしても、アメリカを無視して事を成せると思っているなら、致命的な失策となる。 中国とアメリカを天秤にかけて賢く立ち回るつもりだろうが、北朝鮮との統合に前のめりになっても国民が付いて行けなくなる。 仮にウルトラミラクルで南北統一ができたとして、中国からも米国からも怪しく疑わしい国家として距離を取られるのは想像に難くない。 そのような未来に臆した金正恩に足元を見られて、交渉の門を閉ざされたならば、はしごを外された文大統領には何も残っていない事態となるだろう。

« 脱税でも報酬は有効か | トップページ | 誰かが代わって恨みを晴らしてくれること期待するな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱税でも報酬は有効か | トップページ | 誰かが代わって恨みを晴らしてくれること期待するな »