« 入試不正は詐欺 | トップページ | 小説家に未来を聞くな »

2018年12月11日 (火)

特定秘密保護法は撹乱には逆効果

特定秘密保護法の成立せいで、陰謀論が出てきても国民は是非を判断できなくなってしまっている。 政府発表だけを信じろと言われて、「はい、そうですか」で不安が解消するはずもない。 自衛隊員を取材することが難しい現状では「別班」なる組織を否定することさえ出来ない。 自民・公明議員は情報漏ればかり気にして、不確実情報による撹乱を想定していなかったと言わざるを得ない。 政府だけが真実を知っていれば社会混乱を抑えられるというのは間違いだ。 政府や自衛隊内部に間違っていると知っていても、国民の間違いに乗じて混乱を企てる者が出てきてもおかしくない。 そのとき、自公議員どもは「想定外だった」で済ませようとするだろう。 彼らが責任を取ってくれるなどとは思わないことだ。

陸自幹部も驚いた、ヤバすぎる「自衛隊の闇組織」の実態(石井 暁) | 現代新書 | 講談社
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58840

秘密保護法成立から5年 陸上自衛隊のスパイ組織「別班」暴いたベテラン記者が警鐘
https://blogos.com/article/343356/

« 入試不正は詐欺 | トップページ | 小説家に未来を聞くな »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入試不正は詐欺 | トップページ | 小説家に未来を聞くな »