« 幼児・小学生英才選抜の罠 | トップページ | 政府の既得権擁護体質 »

2018年12月 3日 (月)

ゲスいアイデンティティー

ムスリム難民に反発する韓国社会 「キリスト教に改宗したら受け入れ」:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3199914

 仏教や儒教じゃダメらしい。 単にイスラム教を捨てて無信仰になるだけもダメらしい。 イスラム教に由来する過激活動やテロが心配というだけなら、キリスト教徒に改宗する必要はない。 ちなみにヒトラーはキリスト教徒だ。 ただし、キリストをユダヤ人ではなくアーリア人だと信じていたという。
 米国型のプロテスタントが普及している韓国だが、そもそも彼らは教会単位で好き勝手をする牧師が多くて、新興宗教化しやすい傾向にある。 一方でカトリックは古式ゆかしき悪臭を放つ。 ローマ教皇は慈悲を垂れよと表向きは喧伝するが、実際は保守的な枢機卿ら間に入るので何も改革されず、未だに十字軍やら騎士団の妄想にふけ、性搾取が止まない。
 日本製のネットゲームでは現実の特定宗教色を消すが、韓国は平気でキリスト教を組み込んでくる。 まるで、キリスト教の起源や約束された地は韓国にあるかのようにね。 集団催眠やヒステリーに浸かりやすい連中に、選民思想は渡りに船でもってこいなのだろう。

« 幼児・小学生英才選抜の罠 | トップページ | 政府の既得権擁護体質 »

信仰・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幼児・小学生英才選抜の罠 | トップページ | 政府の既得権擁護体質 »