« 私刑はクーデターの種 | トップページ | 無駄に高圧的なルノー »

2018年12月18日 (火)

当人にトラブルの状況確認ぐらいはしよう

女性に腰を近づけ... 山手線での「迷惑行為」、周囲の乗客が制止 : J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/12/17346281.html
「最初周りは知り合いだと思って見ていましたが」

 んなわけがあるかい。 一言「ありゃ、あなたの知り合いかい?」と聞けば済む話だろう。 知り合いでも公共の場で許されない行為ならば、我々は行動を執るしかない。 躊躇すべきことを間違えるな。
 私も過去に反省すべきことがあった。 ボッタくり店から逃げ出してきたと思われる人が駅前の公衆の面前で、集団で足蹴にされることが起きた。 そのときに止めに入ったのは普段はロータリーにいないはずのたまたま居合わせた駅員一人だった。 強烈なできごとだった。

« 私刑はクーデターの種 | トップページ | 無駄に高圧的なルノー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私刑はクーデターの種 | トップページ | 無駄に高圧的なルノー »