« デマを流す人 | トップページ | 徴用工問題の原因の一つは日本の »

2018年12月 5日 (水)

イベント品の希少価値の是非

出回る東京五輪「偽」バッジ 出どころを追って驚いた:朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/ASLD53F8YLD5UTIL00K.html

偽物を買う人の半分くらいは、ホンモノ(=公式)かどうかに価値を見出していない。 品質さえ同種の商品の一般レベルにあれば、それで楽しめる。 公式スポンサーが独占欲丸出しで希少性を見せびらかしているなら、そんな醜悪に原価以上の付加価値を認める方がおかしいというものだろう。 それに自分が使う手作りの一品モノであれば偽物だと咎められることもあるまい。 スポンサーはイベント商品を出すなら期間中に十分に行き渡るように配慮してほしいし、それができないなら半端なものも口も出さない方が良い。

« デマを流す人 | トップページ | 徴用工問題の原因の一つは日本の »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デマを流す人 | トップページ | 徴用工問題の原因の一つは日本の »