« レッテル正義に陥る日本人 | トップページ | 国粋主義左翼 »

2018年12月28日 (金)

中国の夢

中国、軍民一体でAI兵器開発 米は民主主義の「制約」:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASLDR7VMQLDRUHBI031.html

 共産主義が神仏を否定したところで、人間が優秀になったわけではない。 仮に宗教が嘘・方便の類を免れないとしても、それが悪だと言い切れるのだろうか。 知らなかった方がよかった現実を突きつけて、生き甲斐やモチベーションを失わせるのは、人の道ではないかもしれない。
 政治統制によるヒエラルキーそのものへの強制参加や、ただの本能として子孫繁栄を完全にスケジューリングされた未来をなぞることが唯一の娯楽となった世界をあなた方はお望みか。 そこにはほんのわずかな政治思想のブレで揚げ足を取られ、そのまま命取りとなるような殺伐とした死体の山があるだけだろう。 実際、失脚した高級官僚や政治家は、死刑や労働再教育という名の洗脳懲役刑、よくて永久追放となっている。 そのヒエラルキーのトップは、自身の無謬は流石に否定しても、最優は譲らない自惚れどもの巣窟と化している。 だから世代交代時にいつも大事にモメる。
 嘘つきな王と愚かな王しかいない世界ならば、嘘つきの方にほんのわずかに救いを感じる。 嘘を重ねれば一周回って本物が出てくることはあるが、愚かを重ねてもマグレでしか本物に出会えない。 中国共産党は嘘つきというより愚かなのではないかと、私は疑っている。 本当に賢い人はただ憐れむのみで、賢さへのプライドは誇示しないものだ。

« レッテル正義に陥る日本人 | トップページ | 国粋主義左翼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レッテル正義に陥る日本人 | トップページ | 国粋主義左翼 »