« 自称科学の国 | トップページ | 二択民族による全体主義とそれへの抵抗 »

2019年1月25日 (金)

オンラインゲームでリアルの話はするな

女子大学生 行方不明の前にオンラインゲームでやり取り | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190125/k10011790781000.html

 ゲーム上で知り合って結婚した夫婦を知っているし、一方で女漁りに捉まって妊娠させられたあげくに下させられて捨てられた人も知っている。 FacebookやTwitterなどSNSは年々社会や運営会社による監視が強まっているが、ゲーム運営会社はズボラ。 個人情報を持たないことを宣言して一切関わりあいを持たない無責任なところも多い。 警察は接続ipと登録時のメールアドレスから犯人を捜さなくてはならない。 ゲーム会社が海外にあると捜査は格段に難しくなる。 ゲームする側のリスク管理が大事。 こんなことはおそらく学校の「情報」科目では教えていないだろう。
 ところで、ネカマ(インターネット上で女の振りをする男)をやってみると、男女で態度がかなり違う人がいることに気づく。 もちろん、女キャラとはいえリアルの性も女性とは断定できないのは周知のはずなのだが、それでも彼らは女キャラにはやさしく振舞おうとし、男キャラには尊大に振る舞おうとする。 この一貫性の無い主観的な行動を見るにつけ、幼稚な精神年齢を嘆かずにはいられない。
「目隠しされて連れてこられた」不明の女子大学生か | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190125/k10011791491000.html
『東京から来たが、所持金がなくて家に帰れない。車で目隠しをされて乗せられてきた』と話していた。警察に行くよう伝えたが、その後、どうなったのかわからない」と話していました。
 開いた口が塞がらない。 薬科大学に入れる学力が有りながら、トラブル対応力がゼロ。 加害者から逃れられるチャンスをみすみす潰して、今は何をしているのか。 教科学習より優先して覚えることがあるだろうに。 この事件でなくても、いずれ何かに巻き込まれたと思う。

« 自称科学の国 | トップページ | 二択民族による全体主義とそれへの抵抗 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自称科学の国 | トップページ | 二択民族による全体主義とそれへの抵抗 »