« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

クロスフィットの可能性

強さが新しいセクシーさ、変わる女性たち AYAさん:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2L0QL5M2KUCVL010.html

 非常に興味深い。 理想の女性像として、芸能界・メディアお仕着せのアイドル像を手本にしている日本は歪(いびつ)だ。 同様な問題で韓国は政府がアイドルの没個性ぶりを批判したが、代わりに何を目指すべきなのかを示せてはいなかった。 競技スポーツではないクロスフィットが生活基盤の何かを変える可能性はあると思う。 ただ、このAYAさんにふさわしい男とは一体どんな人だろうかと思うと、今ひとつ思い浮かばない。 もしかしたら、変わるべきは男もなのかもと思ってしまう。

脅し笑い

景気悪いのに…中国株、急上昇の謎 背景に「官製相場」:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2W4663M2WUHBI027.html

日本語には 『脅し笑い』 という言葉がある。 似たものに 『褒め殺し』 なんてのもあったっけか。 ジャイアンに 「なあ、俺達って幸せだよなっ!」 と満足を強要されるようなもの。 唯心論や 『我思う、故に我在り』 みたいな観念論を 『確固たる信念』 などと自画自賛するのは、バブルの元だろうに。 心の中で 『嘘』 という認識を飼った人は、封印を解いたかのように身口でも嘘を重ねる。 そういうものだろう?

禁句

記憶ない答弁連発、ご飯論法の識者は「官邸、黒に近い」:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2W43ZXM2WUTFK00L.html

 まあ、卑怯だよ。 選挙にさえ勝てばどうにでもなると思っているのか。 「やっていない」と断言できないことがまず不信感を生むというのに、国会答弁だから嘘は付けない(バレたら糾弾される)ことに対する苦肉の策のつもりか。 のらりくらり答弁する理由は一つしかあるまい。 本当に記憶がないならば、何のために議員秘書を付けているというのか。  官僚ならいざしらず、議員に仕事上の知らぬ存ぜぬは通用しまい。
「首相、都合悪いと日本語が通じなくなる」社民・吉川氏:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2X5H4FM2XUTFK017.html
首相は3回ほど答弁に立ったが、最後まで何も言わない。(移設計画の過去の経緯の説明など)関係のないことをずっと言い続ける。 答えられないなら「答えられない」でもいい。例えば「続ける」「続けない」「検討する」もあると思うが、まったく答えない。これでは会話も質疑も成立しない。
 安倍支持者に聞けば 「野党だって」 と答えるだろうか。 民主党時代に菅総理の答弁を散々なじった人は安倍総理は平気なのか。 そのような人の言葉はすべて結果ありきでの批判でしかない。 日本が侵略兵器を再び手にするために軍人を甦らせるために、安倍の傲慢に目を瞑ろうというのか。 米軍基地移転も北朝鮮拉致も北方領土も尖閣諸島も竹島も地方再生も少子化対策も景気回復も、具体策の無い安倍の方針がもっとも解決に近いというのか。 それともすべての停滞の元凶を9条だとして押し付けるつもりなのか。 だったら、選挙のときに安倍自身が 「9条を変えなければ何も達成できない男ですがよろしく」 と訴えるべきではないのか。

2019年2月27日 (水)

死ぬ覚悟と殺される覚悟

自殺生徒は「学習障害」「能力異常に低い」教職員が発言:朝日新聞
「バカじゃない」のかと言われて自殺したら、本当にバカだと認めるようなもんだろが。 いや、本当にバカだから、その子に向かって「バカ」と言ってはいけなかったのか。 死んだところで、世の中何一つ改善されることはないぞ。 まだ、殺された方が相手を刑務所送りにできる。 どうせ死ぬ覚悟があるなら、殺される覚悟を持った方が人生は成功しやすい。

与太話や陰謀論を信じる人々

昭和大病院の医師2人、薬を飲ませて性的暴行容疑:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2W4FSFM2WUTIL01J.html

AVやアダルトゲームや同人誌の影響だろうか。 根拠のない与太話と現実との区別を付けられないのが医師をやっているのだから、免許剥奪は必至。 医師ならばむしろ、法医学で犯行には足が付くことや被害者の精神的損害の大きさを知っていて当然。 親に甘やかされて生活安泰だからと勧められて医師になっただけの者がやはり多い気がする。

2019年2月26日 (火)

確率的におかしい認可取り消し校数

高2「いじめで自殺」認定、学校は受け入れず
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190226-OYT1T50264/

以下、一般論。
 一旦設置されてしまった学校法人が認可取り消しになることはほとんどない。 だが、これだけ巷の企業・団体に不祥事があるのに、学校では不祥事が無いことにされてしまう。 人間だから間違も犯すというのが世の真実なら、裁かれてしかるべき学校も存在するはず。 学生・生徒を人質に厚顔無恥を繰り返しているのに手も足も出せない教師性善説を唱える聖域を許してよいのだろうか。 世のルールや品格は時代を経て向上しても、心の闇はいつの時代にも潜み吹き出るというものでしょう?

首都圏民の良心に期待することなかれ

News Up 緊急時 あなたはボタンを押せますか? | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/k10011824031000.html

「子どもが押すなよ」

「あー遅れた!」

「遅延すると困るじゃないかー」

沖縄の問題然り、地方民は首都圏民の良心に期待してはならない。 他人なら命さえどうでもよいのだ。 今は共感性の時代とも言われるが、それを知ってなお、世にあふれる感情には与(くみ)しないと決め込んでいる人間が大勢いる。 彼らは口々に言う 「こっちだってギリギリで生きているんだ」 と。 それは違うだろう。 東京という大都市に自己責任でしがみついているだけに過ぎない。 そんな連中が絶望しないように、日本政府はわずかなチャンスを振りまく。 生かさず殺さず、まるで現代の 『百姓』 として。

体罰の一考

児童養護施設で刺され死亡 元入所者「施設に恨み」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2T5283M2TUTIL022.html
「施設に恨みがあった。殺すつもりで刺した。施設関係者なら誰でもよかった」と供述

 おそらくは逆恨みや当たり散らしだろうか。 的確に心を指摘されることに腹を立てる子どもはいるだろう。 家庭教育ができていなかった子は論理で物事を捉えず、束縛や差別の加害側に立つことで満足を得ようとする。 ときに施設運営者は言葉だけで理解を得ようとすることに失敗するのではないか。 体罰は法律で禁止とされるが、それは矯正行動が体罰のみに依存してしまうからだろう。 しかし、束縛に慣れた子は、言葉だけの説得を軽んじることは想像に難くない。 いきなり、やさしさの中に放り込むより、漸時的に体罰を減らしていく方が精神安定するのではないか。 そのように思えて仕方がない。

面識あったが「誰でもよかった」4年前まで入所 : 国内 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190226-OYT1T50127/

 「恨み」というキーワードを出すだけで正当化が行われると思っている犯人。 世の人々を味方につけるべく犯行声明を用意するだけの思慮もない。 子どもは餓鬼でも天使でもある。 本来の姿なんてものは、そもそも最初から無いのだろう。

家賃トラブルで逆恨みしたか 施設長殺害事件の容疑者:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2V5QRYM2VUTIL04K.html

 健常者と精神疾患との間に存在する人格異常者の扱いについて、社会はもっと積極的に干渉を強めないと、いつまで経っても通り魔的な犯行を防げない。 特に高すぎるプライドの持ち主への応対方法はもっと研究されるべき。

「他の職員も刺す予定だった」 施設長刺殺事件の容疑者:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2W2VGNM2WUTIL003.html
錯乱した様子で部屋の壁にハンマーのようなもので穴を開ける
「職員にストーカーされていた」

 性格異常者を事件後になって初めて精神疾患認定するパターン。 自尊心が高すぎるだけでなく物品破壊や生命軽視や人身攻撃的な性格な者に対してはもっと半強制的に診断を下すべきではないのか。 基本的に社会を円滑に生きるには他人には物事を良い方に解釈すべきではあるが、器物損壊事件を起こした成人に演技に酔っているだけだという見方は甘いと思う。

マイワールド

なんだか、フレディを持ち上げるのに周りを相対的に下げるんだな。

「クイーン、今では不可能に」ファンを隠す宮台真司さん [ボヘミアン・ラプソディ特集]:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2L4CVHM2LUPQJ007.html

 映画の熱に当てられ、見境もなく思考が混乱している人は多いようだ。 フレディのよさは、やろうと思えば観客にもできることを目一杯気取ってみせるところ。 だが、それをフレディがステージだけでなく私生活上でも所構わず振りまいていたなんてことはない。 つまり、日常とステージをごちゃまぜにして、我々はフレディに遠く及ばないなどとと考える必要はない。
 現実社会にも気取り屋は多いが、それと同じくらいに損得勘定で動く煽り屋もいる。 だからこそ、ハメを外せる安全地帯をステージに設ける。 特別なルールが働くマイワールドを僕らは作ってみればよい。

2019年2月25日 (月)

前途多難なニコ動

「天才」川上氏の一敗地 動画戦国時代、ニコ動低迷:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41249250U9A210C1000000/

 動画サイトは人気に左右されて収益化が難しい。 Youtube(親会社はGoogle)も長いこと赤字だったはず。 良質な動画コンテンツの多くはAkamaiのサーバーを利用している。 有料動画サイトの多くが安易に値引きできない理由はそこだろう。 YoutubeとAkamaiが現在どのような関係にあるのかわからないが、Googleは中核には自社インフラを用意していると思う。 Amazonもネット配信に自社のAWS基盤を活用していないはずはない。 で、ニコ動(カドカワ)だが、脆弱な自社インフラしか持っていない。 Googleは表の顔を『ネット検索』として用意するが実態は広告業者。 対してカドカワは出版社であって広告会社ではない。 当然、Akamaiを利用する金もない。 日本だとKDDIが動画やゲーム配信用のインフラをレンタルしているが、特定のコンテンツ配信企業と合弁するようなことはありえないと思う。 Microsoftもインフラを持っているが、今は儲かっているので、むしろ買収する側としてならカドカワと交渉するかも知れない。 カドカワは日本の文化発展に貢献したいという社是があるので、国際企業に取り込まれることは良しとしないだろう。 カドカワ映画がハリウッドに太刀打ちできない構図と瓜二つとも言える。

 ともあれ、ニコ動が未来を手にするには自社インフラが必要だし、その利用では自社内部にとどまらない需要を見つけなければ安定化できない。 ちなみに世界屈指のAkamaiは仮想通貨(暗号資産)の分散台帳(いわゆるマイニング)を引き受けることでさらなる自社インフラの安定需要を満たそうとしている。 角川とドワンゴが合弁してからやったことは『N高』の設立ぐらいか。 教育事業も悪くはないが、すぐにはリターンを期待できない。

2019年2月23日 (土)

自意識過剰

臨済宗と曹洞宗「禅宗にしないで」 教科書5社に依頼
https://www.asahi.com/articles/ASM2P622DM2PPLZB015.html

 自分の首を絞める自意識過剰の典型かな。 マイナーなのは教科書のせいなのか。 『禅』に比べて『臨済』や『曹洞』が何を意味しているのか、一般者にはさーぱりわからんのに使わせようとしたがる。 ちなみに黄檗宗はどうするのかね? この結果、さらなる宗勢の低迷を招きかねないと思うんだが。
 他宗の宗旨名が、あの世や経巻や開祖や寺名にちなんでいるのに、さも意味不明な言葉で高尚さを醸したがるのは禅宗らしっちゃ禅宗らしい。 だがそれはトンチでなくトンチンカン。 成仏手段として経巻を用いないせいで、さらなる難解語を編み出したんじゃ本末転倒。 禅定だけで仏を悟れるなら、苦労はない。

名水ボトルの水源地はどこか

名水とかいいながら、実は市街地の地下水に過ぎなかったりするのだろうか。
無印良品の飲料水から発がん性物質 59万本自主回収:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2Q66YBM2QULFA02Q.html

食品衛生法で定める基準値の2~4倍にあたる1リットル当たり0・02~0・04ミリグラムの臭素酸が出た。原因が特定できておらず、出荷した全商品を回収する。

鉱毒でも紛れ込んだのかと思いきや、臭素酸は自然界には存在しないのだという。

臭素酸
http://www.toukansoku.co.jp/products/suishitsu/50-25.html
臭素酸の最も一般的な形態が臭素酸カリウムと臭素酸ナトリウムで、臭素酸カリウムは小麦粉改良材として、臭素酸ナトリウムは分析用試薬、毛髪のコールドウェーブ用薬品等に使用されています。

臭素酸カリウムについてのQ&A
https://jccu.coop/food-safety/qa/qa01_03.html
1992年以降、臭素酸カリウムの使用はパン工業会内で自粛されていますので、その後現在に至るまで、主要な製パン改良剤(少なくともパン工業会に加盟している製パンメーカーが使用している製剤)には、臭素酸カリウムは混合されていません。

怪しいパン工場で汚染された水とは知らずに、オゾン消毒をして製品出荷したのだろうか。 例えパンには残らなくても、製造中に毒物を環境に排出しているなら迷惑な話。

2019年2月20日 (水)

思想闘争には関心がない世代

「高輪ゲートウェイ」より関心薄い「非組合員」7割の衝撃度
JR東日本 1年前の〝きっかけ〟
https://this.kiji.is/470535118257013857

内ゲバ的な車両区差別を未だにやっているんだから、組合を抜けて当然だろう。 インターネット全盛時代の今、検索すればボロボロ出てくる。 地方路線の維持と国際競争に力を入れるべきときに、人件費コストを上げるのは自分の首を〆るという背景もある。

知らぬ存ぜぬには連帯責任

厚労省、修正2日前秘書官へ説明 統計手法見直し、検討会影響か | 共同通信
https://this.kiji.is/470883159697245281

そこにいる誰かがやったとわかっているのに、誰も 「私です」 と名乗り出ない。 追求の嵐を一時やり過ごせば責任問題は有耶無耶になるという計算だろう。 野党が他に証拠を突きつけられないなら、ごまかさられることになる。 こんな議員・官僚性善説に基づいた馬鹿げた無謬政府を国民が選挙で選択したのだから愚かしい。 こうなると連帯責任を発動するしか無い。 あまり自画自賛するような政治家を選挙で選ぶなよ。 サッカーでも政治でも 『決定力』 という言葉を持て囃しすぎた代償だろうか。 方角が間違っているなら、オウンゴール(自殺点)だ。

気の所為ではない魔の3回生

自民・田畑氏の女性問題 議員辞職なら二階、岸田派対立に拍車も:イザ!
https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190220/plt19022021430030-n1.html

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/photos/190220/plt19022021430030-p2.html

勝ち組志向 「よらば大樹」 で自民議員になったのが魔の3回生。 わかり易すぎる。 自民お抱え新聞社の産経も擁護できず放り出した。 かつては人気議員に支えられた党というのが自民だったが、今は党の方が議員個人のネームバリューよりも大きい。 少なくとも比例区で自民に票を入れるのは考えものだ。

学者の両成敗気取り

日韓のナショナリズムがあおる犠牲者意識、歴史を単純化:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2L4DK3M2LULZU00B.html

政治学者は馬鹿ですか。

>私も慰安婦は性犯罪であり、売春一般と慰安婦を同視する議論は暴論に過ぎないと考える一人

いや、だからなぜ二択に学者自身が答えてしまっているのか。 もうすでに証拠なしにバイアスがかかっている状態で、喧嘩両成敗を気取られても鬱陶しい。

>謝る前に必要なのは、何が起こったのかを知ることだ。

慰安婦には騙されて連れてこられた人もいるが、売春と知って従事した人もいる可能性がある。 現生活の平穏を壊されるリスクを考えれば、後者に今から証言してもらおうなどということができるはずもない。 もうすでに大半が死んでいる状態で、検証は不可能に近い。 声を上げた人だけがすべてではないということをどう解釈するかだ。 不確定要素を想像で確定させるか、アンタッチャブルとして不問に付すかだ。

死人に口無しだった いじめ自殺者

いじめ自殺、元同級生2人に3750万賠償命令
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190219-OYT1T50192/

中2自殺は「いじめが原因」 友人から「格下」に固定化
https://www.asahi.com/articles/ASM2M3R2DM2MPTJB003.html

当時は騒がれた事件もひっそりと判決。 自殺後に謝罪もなく、報道から逃げるように転校した先で平然と暮らす同級生に許せる気など微塵も起こらない。 学校や教委や警察が生き残った側だけを保護する姿勢に怒り心頭だったことや、裕福な家庭の子だから加害側にはならないというのは思い込みだと改めて感じた事件だった。 ちなみに闘争が人間の本質に関わる行為で不可避だとしても、死なせる一線を超えないようブレーキをかけるのは誰が教えるのであろうか。 自分で学び取れというだけでは事件は防げない。

女性経営者

ビジネス特集 “心が折れそうな日々”をへて~大塚久美子社長が語る~ | NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190218/k10011818751000.html

 まるでエンガチョ状態の大塚家具。 足下を見ずに適正価値で援護してあげようという企業が日本になかなか現れないことに危惧する。 巷には女性社長が少ないと報道では書き立てられるが、女性経営者が育たないのは、一般に女性の助け合いというか、矜持が不足しているように思う。 自分自身が女性として「愛嬌」を振りまく以上、世間体を気にするのは当然と思っているのではないか。 男なら、経営上の数字や倫理的に問題がなければ、人気の如何にかかわらず火中の栗を拾うことをやってのける。 それが女性にはできない。 ワンマンではなく協調するのが女性らしさだとしても、裁定スピードが遅いというのは致命的のように思う。

場違いな記事を晒すネットニュース社

堀ちえみさんが口腔がんを公表 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/k10011819701000.html
日本人ならそっと労るところだろうに、病人にムチ打つ連中がいる。

堀ちえみ、「まさかのヘリで温泉旅行」驚きの誕生日報告に批判殺到のワケ - デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1697334/
デイリーニュースオンラインとは?
http://dailynewsonline.jp/about.html

「デイリー」を名乗っているが、デイリースポーツ社とは全く関係がないようだ。 デイリーNK(韓国系メディア、NKはNorth Koreaの略)と関係が深いらしい。 自分の足で取材せず、ネットを嗅ぎ回るだけで報道のような顔をするのがやたらと増えた。

こっちは元祖

堀ちえみ舌がん 家族のため…22日手術「私は負けません」左首リンパにも転移/デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/20/0012080896.shtml
デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/

2019年2月18日 (月)

自国民の海外での犯罪

CNN.co.jp : 英国への帰還望むISIS戦闘員の妻、男児を出産
https://www.cnn.co.jp/world/35132896.html
ジャビド内相は「ISISのような組織に参加した人物の帰国は、躊躇(ちゅうちょ)なく阻止する」

 やることが違うだろ。 ISは国家ではなく犯罪集団なのだから、彼女は軍人の妻という待遇ではなく、殺人共犯者。 海外でも殺人に協力した者は共犯として国内で裁くべきだし、その子には別の保護教育プログラムを与えなくてはならないでしょ。 そういう法律が整っていなかったり、処分が軽すぎたりしているなら、変えるのが政治家の役目。 海外のPMCなどへ安易に私兵として雇われていくと、捕虜になったとき軍人として扱われず、単なる民間人犯罪者となる可能性があることを周知させるべきだろう。

オトモダチの忖度

東京新聞:勤労統計検討会 首相秘書官発言後、設置決定 調査方法変更の発端か
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201902/CK2019021802000234.html

自民が野党時代、民主党菅政権の政府参与の多さをこっぴどくなじった安倍首相が今やっていることは自分の意向を忖度できるオトモダチを秘書官としてたくさん配置することだった。 そのオトモダチが何か出過ぎたマネをしでかしても、“私は知らなかった”と言い張れるらしい。 例え安倍に政治思想的に共感したとしても、この二枚舌には同意できるのだろうか。 それとも、嘘は政治家のタシナミだと思って支持協力しているのだろうか。 この程度の人格者の代で憲法に手を触れることを危険とは思わないのだろうか。 自分の失敗をただ自己弁護するだけなら可愛らしさもあるが、他人を貶めた張本人が同じことをして平然としているのは余計に罪深い。

社会人交流の場に必要性

声かけや共有…「できることは?」しょこたん、パラ応援:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2G646XM2GUTIL03X.html

日本を引っ込み思案にしている最大の原因は 『ありがた迷惑』 と言われるのがつらいからだろう。 例えば、人に 「好きだ」 と繰り返し伝えるだけでストーカー規制法対象になる。 好き=異常執着=加害・迷惑行為という構図が本当に正しいのだろうか。 人権バンザイな現代において被害意識の強調は自分らの首を絞めているようにも思える。 自然災害でも助けてもらっても毒づく人がいるという。 それは精神を病んでいるから仕方のないことなのだろうか。 初見の相手とは行き違いが生じやすいのはわかるが、それを防ぐにはある程度、学校のような半強制的な交流の場が社会人にも必要なのだろう。

代表の意味

韓国議長「謝罪の主体は安倍首相1位、2位天皇」 : 国際 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190218-OYT1T50121/

 相手代表に謝罪要求するなら、少なくとも韓国側が代表する立場で要求発言する方が先であろう? 韓国議長が韓国民を代表しているのだろうか。 また代表しているとしても全韓国民の意志を統一した上での要求だろうか。
 天皇が象徴しているのは国や国民統合。 個別の政策については何ら政治権力はもたず、現天皇は先の戦争に何ら関与していない。 韓国議長は現天皇が何を代表しているという主張しているのだろうか。 単に日本に恥をかかせられれば何でもいいと言っているようなもの。 それでも敢えて過去一切のわだかまりを捨てるためというのなら、少なくとも韓国議長だけでなく韓国民全体が謝罪要求を繰り返さない姿勢を示すことが先。 それさえも不可逆という表現での締結した協定まで反故にされている現状ではもはや手遅れに思える。

「戦争や人道に関わる犯罪には時効がない」

ならば、元寇や秀吉の朝鮮出兵まで問題視するというのだろうか。 永遠に恨み続けたいのは敵視できる対象を自国政府から国外に向けたがる扇動体質の弱体政権だからに他ならない。 そのような政権が生まれる韓国民の不教養に最大の問題がある。 ゴリ押し・泣き落としでなんとでもなるという社会慣習が幼稚過ぎる。

日本に「盗っ人たけだけしい」韓国議長を菅氏批判 : 政治 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190218-OYT1T50128/

 もしこれが日本の民主党政権下で起こったことなら、右翼・保守どもは「なめられている」と一斉に日本政府を叩くだろう。 尖閣でのときはまさにそうだった。 で、どういうわけか安倍政権ではそれが起こらない。 つまり、『政府叩き』自体が日本では仕組まれている可能性が高い。 党によっては扇動を超えて撹乱的なデマ・怪文書を流すところがあると承知しておくべき。 今の日本の右翼は勝ち組思考で弱いものしか叩けないように思える。

2019年2月17日 (日)

政治家の嘘

韓国側「無礼な過剰反応だ」…日本の謝罪要求に : 読売新聞
 独りで食えるようになったら嘘をつきまくるのか。 被害者も加害者も責任者も加担者もすべてが事実とはズレている想像の産物。 手の付けられない集団ヒステリーを鎮めるには、この体裁にふさわしい国力に落ちてもらうのがよかろう? それで北朝鮮とお似合いになれば、統一も進むかもしれない。 日本は拉致解決のために韓国の協力を必要としているのに対し、少なくとも韓国は統一に日本の手を借りるつもりはないことはハッキリしている。 小心者の安倍首相が拉致解決のポーズのまま、家族が老衰するのを望んでいるのではないかと思うし、嘘つき文大統領もまた、元慰安婦の老衰を望んでいるのではないかと思う。 どっちも解決してしまっては支持率が落ちてしまう点で同じだろう。

2019年2月16日 (土)

大衆迎合学者の自己弁護

極右に対抗「左派ポピュリズム」広がる 政治家に存在感:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM263FGWM26UCVL005.html

 左のポピュリズムが善で、右のポピュリズムが悪とでも言いたいらしいが、そんなことはない。 立命館は見方を変えただけの逆説論を振りかざす人間に准教授を任せているのか。 官僚に特任教授としての肩書を貸し与えたりする大学だからこんなレベルらしい。 それにポピュリズムを大衆迎合主義と訳して何の間違いもない。 左右にかかわらず負の包含イメージが付きまとうのも何ら不思議とは思わない。 その最たるものがマスコミだ。 世間の顔色を窺って記事を書く姿勢は良し悪しが多く、全面的に信用してはならない。 つまり、こんな記事を載せるマスコミや学者もポピュリストそのものであり、この記事は単に自己弁護を展開しているだけと言える。
 左派的なポピュリズムの最近の例を挙げると、第三者委員会の不適格性の問題にようやく世間は気付き始めている。 大震災時の怨嗟のために責任転嫁で人災呼ばわりしたがる世間に流されまくった姿勢を私は嫌ったが、有識者とやらはまさに迎合していたではないか。 日大のアメフトでもまたやらかしていたようだ。

2019年2月15日 (金)

地方との文化格差

チケット転売「厳罰」宝塚も西武も ライブの人気、過熱:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2G6VQ0M24UTIL01H.html

これでは地方との文化格差が広がるばかりだ。 人が集まる場所にしか芸術・商売は栄えない。 関東平野の地の利だけでなく首都という政治権力を独占する東京こそ日本成長の癌だ。 東京都民自身が変われる可能性は歴史的に無い。 日本は奈良・京都を捨てた過去がある。 それを繰り返すしか無い。

著作権強化で物欲が蔓延する未来

スクショNG、影響は?ブログ・ツイッターにも違法の罠:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2F5VTYM2FUCVL01V.html

著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM2D6F8NM2DUCVL03V.html

 『絶対正義』 で鬼の首でも取れるつもりで厳格法を打ち立てようとするバカ政治家ども。 既得権益者が主張する権利が一体何でできたものかも知らずに全面保護しようとする、おかしさ。 小説一つとっても、作者がタダ同然で家族や一般社会から教わった多くの知識を元に構成されているものだろうが。 マンガにしても、記号化された表現は歴史的に多くの漫画家が積み重ねてきたものだ。 それをさも自分が創始者かのように振る舞うのは強欲以外の何者でもない。 そして、作者がそんなことまで保護して欲しいとは思ってもいないのに、版権ビジネスを広く展開するつもりで法制強化しようと企む政治家・官僚・一部有識者の浅ましさよ。
 また、PRとして広く眺めてもらう予告編などについて、アメリカはとてもコピーに寛大だ。 対して日本はPR動画・画像も金になると思って課金・保護対象にする。 おかげで日本映画の配給はハリウッドに遠く及ばない。 そもそもなぜ金になるのか・するのか。 収集家に対して無闇やたらと版権物コンプリートを煽る社会構造は社会病巣とも言える。 本来、そこまで好きなら、収集するより自分が造り手に回るのが有り得べき姿だろう。 下手に金を吐き出させようとし、そしてそれに答えてしまう度を越した物欲主義は、経済だけでなく人材的な循環を壊し、いずれ国家を滅ぼす。

2019年2月14日 (木)

「とりあえず、日本批判」の安直

「信頼に反する言動」=韓国首相、日本の政治家ら批判:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021400572&g=int

「とりあえず、日本批判言っとけ」という韓国内全体の風潮と、そのポピュリズムに乗り、自らも煽る韓国政治家。
  • 慰安婦の蒸し返し
  • 徴用工の協定反故
  • 哨戒機低空飛行非難
  • 竹島領有主張が右翼主導のものとする非難
 日本にとって、これらすべて受け入れがたい。 解決に納得しない一部慰安婦を慰安婦の代表に押し上げてくる韓国世論は意図的。 また一部を除いて被害と加害を明確に分けられないこともあることを承知で決着を付けなければならないのを敢えて伏せて批判する彼らは不誠実でさえある。 徴用工も労使に問題のなかった企業は多い。 それには言及せずに、しかも請求問題を国として引き取った側の韓国政府の居直り態度には日本人として困惑するばかりだ。
 極めつけは自衛隊に対する難癖。 航空高度は毎飛行時に計器使用している航空機での誤動作・誤計測はありえない。 そうなると疑わしいのは韓国艦船のセンサーだろうに。 また、自衛隊は違憲性が問われる存在なため、彼ら自身がそれを常に意識しており、日本国民は自衛官を全体としては自制心があると考えている。 航空自衛隊パイロットはその中でもトップクラスの厳しさ。 その状況下で他国艦船に嫌がらせをすることは動機として存在しないことを日本国民なら承知している。
 文政権以降の韓国の主張は、譲歩余地を使い果たした日本に屈服を求める無節操で、それを日本国民は正しく理解している。 今までは韓国側に同情的な人もいたが、2018年以降は明確に異なる。 それを理解せずに過去のゴリ押しを踏襲できると考えているのは韓国人。 「窮鼠猫を噛む」そんな言葉が昨今よぎる。 記事の韓国首相のように安易に被害者面されることが日本人に深刻なストレスを生んでいるのは間違いない。

2019年2月10日 (日)

国粋臭の醸し元

首相、改憲は自衛隊員募集のため 9条明記で意義訴え | 共同通信
https://this.kiji.is/467274626826814561

石破茂元防衛相は「憲法違反なので協力しないと言っている自治体を私は知らない」と指摘

  安倍首相が国粋臭を選挙前に小出しにするのは、地でやっているのやらどうやら。 講演では自衛隊必要数のためになら何でもするかのような印象を与える。 それは、 この手の話をするときに歯止めや限度を敢えて語らないからだ。 つまり、「徴兵制の世に再び備える心の準備を始めよ」と臭わせた。

過度な平等敷衍は裏顔を作らせる

現行価値基準で過去を再評価したとしても、その責めを求めることまではやめるべきだ。
顔を黒塗り・性的暴行…民主党、州のトップ3に同時疑惑:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM272GMHM27UHBI00D.html
 過去におけるブラックフェイスがすべて差別に当たるという解釈に至るべきではない。 例え揶揄の心持ちが若干あったにせよ、黒人の存在感を認めて来た過程・過度期だったのだから、社会慣習も移ろうのも当然。 逆に平等を気にしすぎる今、黒人の中から自分らを象徴できる何かが生まれることさえ拒んでいる状況だ。 それは過剰反応の結果の自縄自縛というものだろう。
 個人主義の社会進展が過度なプライド(自尊心)尊重を意味するならば、そのうち社会は逆作用として暴力的なまでの差別的排除や分断を望むようになる。 自己表現について軽く揶揄されることを含めた許容を持つのが大人なのではないか。 絶対にわかり合えないものを持つこと自体を認めてなお友好に接する智慧を持つのが大事ということだ。 『平等』という名で上辺だけ蓋をするのは裏顔を作らせてしまう愚策と知ろう。

国粋臭与党を支える小悪党

発言したら嫌がらせに下着が届く 女性7人「屈しない」:朝日新聞
アマゾン創業者「脅迫」問題、大統領選の捜査にも影響か:朝日新聞
 嫌がらせと脅迫、そしてトラブル体質の擦り付けで撹乱を演出する人間がいる。 特に、匿名に慣れたネトウヨ・オルト・ライト、人心掌握と自己陶酔が盛んな宗教信仰者ではよくあることだ。 また、狭小な視野で仕事に集中して業績を成長させた企業経営者なども妙なパトロンを引き受ける。 今の所、証拠なんて無いさ。 犯人が暴走老人ならそのうちボロを出すけど、送りつけ商品を見ると犯人は前川喜平氏を女性の敵と思い込まされた女性かも知れない。 また、別の分類を試みると、悪を悪と知って金稼ぎするものと、悪と気づかずに悪事をなす愚か者と2種類の罪人がいる。 何度も書いているが、「目的には手段を選ばず」が許されるのは緊急的な人命救出時ぐらいで、大概は悪行だ。 天に代わって裁きを成すのも、天を疑う不信者の行いというもの。 そのような小悪党とはいえ、しっかり捕まえて名を晒して欲しい。

旧遺物の撹乱罪

野田氏 野党結集に意欲…新会派 立民・国民の橋渡し狙う : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190207-OYT1T50369/

 世相を読み間違うのは老いぼれた証拠か。 知った上で敢えて逆らうのは時として政治家には必要なこと。 しかし、国民が自分の味方、あるいは国民を動かせる自負があると勘違いしたままトクトクとするのは恥ずかしい。 正面突破をあきらめた、どんでん返し的な政権奪取に国民の多数は興味はない。 希望の党や国民民主党はそれを間違え、そして反省や謝罪もできないまま、閑散とするまで数を減らしている。 そのような余生を送っている彼らに、今更助け舟を出せる力が自分に残っているかのように振る舞うのは、総理経験者の挟持だとしてもいささか自信過剰だ。
 おそらくは、すでに手遅れだと散々岡田氏から説得されたであろうに、聞く耳を持たず「打破」などというキャッチに酔っているのか。 有耶無耶として混乱の火種を残すのは、野党の未来にとってはまったく逆効果。 野党が一つにまとまるには、立憲民主党以外が自主解散するのが最短だと私は理解する。 調整より強力な集約でなければ、自民の対抗勢力には役不足。 口で説いてもらってもわからず屋の旧遺物には、撹乱の罪で引退を願うばかりだ。

「これで解決」の使い過ぎ

韓国の国会議長「総理大臣か天皇陛下が謝罪を」 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190209/k10011809791000.html
韓国議長「天皇の直接謝罪で慰安婦問題は解決できる」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2952SWM29UHBI01S.html
「総理大臣がひと言言うか、戦争犯罪の主犯の息子である天皇陛下が高齢者の手を握り、ひと言謝ればすべて解決される」
もう時間切れだろう。 「これで解決」を繰り返し使い過ぎだ。
 発言を韓国の政治家一人に限れば、それで終わりかも知れないが、終わらせてもまたポピュリズムに毒された別の政治家がまた謝罪要求を繰り返す。 弱みにタカることを望んでいるのは、韓国国民だ。 当事者であった昭和天皇であれば、屈辱的であろうともただの一度を条件に謝罪要求を飲んだかも知れないが、現天皇に戦争の個人的な罪はなく、要求自体に当事者適格性を欠いている。 にもかかわらず、自国内の政変を理由に外交契約を反故にするのは、屈服感を繰り返し味合わせることを未来永劫止めないと言っているようなもの。
 日本政府と国民は繰り返し恥をかかされるとわかっていて、天皇に謝罪役をさせはしないし、そこまでされてまで日韓の友好を維持しようとは思わない。 大事なことは、これは天皇の意思にかかわらずだ。 例え、天皇が謝罪したいと思っても日本国民が認めない。 日本国民が天皇に望むことは最終締結者としての重み。 その天皇に何度もあやふやな状態で要求を飲ませようとすることを日本人は嫌う。 慰安婦問題は過去の戦争反省の忘れ物では最早なく、韓国社会の契約不履行と大衆迎合と扇動の問題に変質変貌した。 日本としては、これ以上隣国を憎みたくはないので、関係を断つ方へ進むと私は思う。 日本人には、嫌がらせをされたとしてもナショナリズムで答えることのないように望みたい。

2019年2月 6日 (水)

陸上「イージス」の設置場所

まさかあんな住宅地に…自民「イージス」で苦慮 : 選挙・世論調査 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20190205-OYT1T50185/

男鹿半島の先端なら、地の利があってのことと思えたのだが、陸上自衛隊 新屋演習場は秋田市街地の真横の海岸沿いに過ぎない。 当然、標高も高くなく、上から落ちてくるミサイルにしか対応できない。 近海からの艦砲射撃、あるいは国内本土からのテロ攻撃によって、真っ先に破壊目標とされるのは請け合いだ。 これでは秋田に置く意味さえ無いと思うのだが。 銀座で飲んだくれている国会議員が安請け合いしたのだろうか。
陸上自衛隊 新屋演習場 - Google マップ
https://goo.gl/maps/bfjrnGZAvyn

児相での救命は努力目標ではない

小4女児死亡 父親とのやりとり 児相が会見 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011804781000.html

 児童保護活動は、結果が全てだろう。 「努力したけど残念な結果でした」では済まされない。 「保護できない場合もある」という姿勢では、やる前から敗北余地を認めているようなものだ。 世の親は子どもの命のためなら何でもやる。 児童相談所の職員があくまで他人だからそこまでやる義理はないという考えなら、今回のように虐待親から漬け込まれるだけだ。 一体、なんのために公権力を持たせられていると思っているのか。 親の嘘を見破っていながら、児相相手に嘘を付くこと・嘘を付かせるの危険性を見落としていたとは、ネグレクト競争でもやっていたのか。

2019年2月 5日 (火)

富裕者への富の逆分配

ふるさと納税 返礼でギフト券100億円分を提供 大阪 泉佐野 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011804621000.html

即時即刻、ふるさと納税の対象から外すべき。 「感謝を込めた」などと美辞麗句で脱法行為を繰り返す風潮は誰が作ったか、もうご存知だろう。 言葉の定義を蔑ろにする安倍政権が生んだのだから、自業自得だ。 いや、そのツケは安倍のサイフではなく、国民や他の都市住民の税金で贖われるのだから、安倍にとっては他人事で何も困っていない。 富裕者への富の逆分配と言えるこの馬鹿げた政策がいつまで続くのか。 地産品をアピールする機会になったとはいえ、地方公務員に商家のマネごとをやらせるのは畑違いもいいところだ。

骨折り損?

日大前監督ら捜査結果は「容疑なし」地検支部に書類送付:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM254K87M25UTIL01V.html
場面ごとに映像分析 たどり着いた「前監督に容疑なし」:朝日新聞
 あの騒動は何だったのかと思わざるを得ない。 言葉足らずの監督とコーチに思い込みの激しい複数の学生が組み合わさって起きた低レベルな集団暴走だったということなのか。 「やらなきゃ意味ないよ」などの曖昧な指導を繰り返し、事件後も対応途中で面倒くさくなったのか「すべて私の責任」などとして事実説明を伏せてしまった。 そのせいで誤解が膨らみ、マスコミも多くの学生の嘘にミスリードを許した。 もう潔白な人間のいない組織とは、関わり合いたくない印象すらある。
 改めて感じたのは、第三者委員会の能力不足。 引っ込みがつかなくなった複数の学生が付いた嘘を見破れなかった点が問題だ。 自然科学と違って人間相手では嘘や隠蔽はありうる前提で性悪説的に究明すべきだろう。 また、マスコミと関係が深かったり、ポピュリズム的な姿勢の権威を委員に採用すべきではない。 マスコミはニュースバリューの発掘を正義として行動しているから、事実や真実を見逃してしまうことがある。 第三者員会とは、彼らとは違った立場で検証できる存在でなければならない。

自称海軍はNG

自衛隊の名、実態と合ってない? 無線では「日本海軍」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM1C4QNPM1CUTIL01T.html

 日本の伝統を守るなら名乗りは重要だろう。 名は体を表すし、仏教でも僧の最初の位は名ばかりを意味する名字即。 ノイズ下で聞き取りやすいから“Navy”を使っているだなんて、言い訳がましい。 軍隊としての既成事実化(事実上の再軍化)を解釈で進めるやり方に嫌悪感しか感じない。 言葉の定義をなし崩しで蔑ろにするのに、言霊を尊ぶ国だというんだから、胡散臭さが濃くなる。

2019年2月 4日 (月)

小心者の妬み

元職員、逮捕前「やっていないです」 岐阜の事件:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM237DSYM23OIPE018.html
元職員を傷害容疑で逮捕‥取材に本人は否定 介護施設で死傷相次ぐ - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=AYJF-9iUTZk

映像だけで嘘とわかる人にはわかる。

 取材に対してスマホで撮影仕返すような挑発行動は不審を買う。 隠しごとを悟らせたくないためのカモフラージュのつもりなのだろうが、その様子は不慣れで稚拙。 「絶対」「100%」などという断定語を使うときに、普通はニヤけながら口にはしない。 まして殺傷の嫌疑がかけられている状況下ではあり得ない。 仮に本当に自分でなくても代わりに同僚や第三者が疑われることを考えれば、事故死・自然死を強調するのもおかしい。 施設経営者であれば、事なかれ主義的に事故死としたがるかもだが、一職員の立場で真相究明に興味を持たいないのは不自然。

 おそらくは無関係の弱者に腹いせをするタイプだろう。 自分で嘘と認識できる嘘を繰り返しついてきたために、いつかバレることにビクつきながら世を嘲る人を私も何人かは見てきた。 彼らから感じるは「小心者の妬み」。 なぜ小心なのか、なぜ妬むのかまではわからないが、過去にトラウマがあったとしても、その不満解消方法として選んだ行為は罰せられるものだ。

過剰な気配り要求

リーマン渦中の日銀、「きまじめ」総裁が述べた反省の弁:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM1Z6G3SM1ZULFA02B.html

 朝日新聞の言い分だと、市場反応の全責任を日銀が負えと言っているようなもの。 それは、おかしくないか。 長期に渡って市場が混乱することが予想される場合、それを避けるよう調整するのは確かに日銀の仕事ではある。 しかし、短期的な市場の混乱に、いちいち介入する必要があるのだろうか。

リーマン・ショック時に公定歩合を
0.5%→0.3%→0.1% としたが、これを後知恵で
0.5%→0.25%→0.1% としていれば混乱が減っていたはずだというのは本当だろうか。

 何でもかんでも誰かのせいにしたがる風潮、不安定を嫌う極端な安定志向・完全掌握に毒されているのではないか。 些細なことが左遷・失脚の口実に使われる世の中になりかねない。 特に集団としての社会心理を扱う場合、正答などあってないようなものだと私は思う。 緻密に未来予測を立てるより、どうありたいのか意思を示す方が大事だろう。 例えば、雑踏の中を歩くときに避けることに気を使いすぎてしまう人がいるが、自分が歩くコースを周りで感じとって避けてもらう姿勢が欠けている。 日銀がメッセージの影響分析をして細かくフィードバックしたとしても、その行為が定常化されてしまうとサバを読まれかねない。 自ら気を使うだけでなく、周りにも気を使わせる関係でなくては、最小限のコストで最大限の効果を発揮できはしない。

2019年2月 3日 (日)

伝統正義で思考停止

日本会議が首相に「遺憾の意」 新元号の事前公表へ不満
https://this.kiji.is/464475688977302625

https://www.47news.jp/news/3234260.html

元号を公布日当日から広く使ってもらうには事前公表が必要なのは当然。 安倍首相が日本会議や神道政治連盟と関わり合いが深いのは周知のことだが、立場を牛耳りたいと思うのはお互いなのだろうか。 闇雲に伝統を正義と決め込む日本会議は、なんでも反対する共産党と大して変わらない。 合理性より名誉的な何かの方が尊いと思いたがる彼らの存在は、長く付き合うほどに鬱陶しいと気づくことだろう。

触法者が生む抑止力

相談した先輩に「だまされた」 牛刀を手にした20歳:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM1Z6WC0M1ZUHNB00P.html

裁判長は懲役13年(求刑懲役16年)の判決を言い渡した。

自分だったらと思うと、切ない。 私でも殺したくなる。 警察の真ん前で事件を起こしたのは、初めから逮捕を覚悟しての行動だったのだろう。 自首みたいなものだ。 事件当時の被告の逮捕写真をなぜかローカルで保存していた。 結構強面でガタイがよい。 普通に考えれば、怒らせたくないタイプだ。 しかし、彼の先輩とやらは詐欺にかけた。 もし、抑止力なんてものがこの世に存在するなら、たまに触法者がいることで見せしめになっているのではないのか。 僕らは、ある意味、彼らのおかげで詐欺師を牽制できていることになる。 せめて、出所後は暖かく迎い入れてあげて欲しい。

日本はゲーム制限後進国

アングル:「デジタル麻薬」にはまる子どもたち、米国で問題化 | ロイター
https://jp.reuters.com/article/digital-drug-idJPKCN1PM0GD

うつや不安神経症といった精神疾患の症状から逃れようとして中毒になることが多い。
ネットの常習性は公式に認められていない。ただし麻薬やアルコールと同様に快楽を誘導する物質を放出する引き金を引いて脳の報酬系を乗っ取る上、若年齢の子どもの手の届くところにある

少なくとも、一日平均して2時間以内=週14時間以内、月に3000円以内などの時間・課金制限をメーカーはするべきだろう。 ガチャも確率1%未満の景品は用意しないという業界基準を設けるべきだ。 特にPvPもの(対戦もの)は競争を煽りやすい。 運営企業はそれに便乗して儲けることばかり考えているのが現状。 ルールあってこその競争だと、今一度、企業に問いかけたい。

2019年2月 2日 (土)

過激派の黙認

バイクの武装集団、60人殺害…ナイジェリア : 国際 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190202-OYT1T50267/
「イスラム教国は、イスラム過激派を黙認している」
 そう受け止められても仕方ないのではないか。 間違ったイスラム解釈を放置しているのは、過激派によって非イスラム社会が混乱する分には全然構わないということかと。 問い詰められれば「過激派には反対」というものの、自らは殲滅作戦を執ろうとはしない。 そこがダブルスタンダードであり、嘘が潜む。
 ナイジェリアには石油資源があるから、先進国が介入すれば石油利権を狙っての内政干渉を疑われる。 他の産油国が治安維持に協力する方が穏便に済むと思うのだが、どの国も自国内の過激派対策で精一杯だというのだろうか。 イスラム教そのものがテロリズム(恐怖政治)に共感を持ちやすい体質で、武力闘争が修行と化しているのではと思う。 そこには悟りも無ければ、全人類の救済も無い。 そこまでしてイスラム社会を守る必要がどこにあるのか、私にはわからない。 彼らは宗教の選択肢すら無いまま、代々続けているだけなのだろう。

愚か者の兵器

別名サタン2「10発で米全滅」…ロシア開発中 : 国際 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190202-OYT1T50271/

敵対相手の土地を奪う価値さえ無くし、賠償も取れないほどに消滅させてしまう兵器を作って、トクトクとしている連中の頭のおかしさを誰か指摘しないのか。 また、それほどの兵器ならば、テロリストに狙われ奪われて自国首都に打ち込まれたら一巻の終わりだろう。 力を凝縮するほどに、平素のセキュリティコストが増してしまう。

恫喝耐性

女児が暴力訴えたアンケートを父親に ネット上でさまざまな声 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190201/k10011800391000.html

「父が暴力」回答の写し公開 死亡小4女児アンケート | 共同通信
https://this.kiji.is/464033647520253025
 あらゆる職場において、“恫喝耐性”が無さ過ぎるんだよ。 学力優秀な職員が人間捌きが上手とは言えない。 一方、トラブルリスクを避けようとカスタマー対応をメールだけに絞ったりする企業があったりするが、ハッキリいうとサービスの低下以外の何ものでもない。 男女平等雇用の結果として、サービスを細らせるのなら、女性進出は現状問題があるということになる。 強面を避けて、優男ばかりを採用しているのも同じこと。
 また、弁護士に頼めばって記事にはあるが、そんなレベルで弁護士を呼び出されたんじゃ人手があっという間に足りなくなる。 それをかつてはヤクザが担っていたことを考えると、恫喝対応専門の職員を配置・教育係とするのは国の役目だろう。 でなければ、またヤクザが出張ってくる可能性すらある。

浮かせた経費の行き先も調べよ

統計不正、局長級を更迭 厚労省「隠蔽否定できない」
https://www.asahi.com/articles/ASM2166RFM21ULFA02H.html

特に旧労働省職員は、薄給意識つまり被害妄想が強すぎる。 経費をちょろまかしては裏金としてプールし、組織の飲み会の補助に当ててきた。 連中の意地汚さは、配下の財団でのアルバイト雇用においても、雇用保険が発生する条件から1日引いた日数で退職させるなど徹底している。

2019年2月 1日 (金)

大戦と冷戦の経験が役に立たない時代

北方領土返還「1島たりとも拒否」露住民の9割 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190201-OYT1T50350/

 今まで行ってきた地域住民交流や人道支援は1割程度しか通じていなかったというわけだ。 韓国の太陽政策みたいな行動はコスパが悪すぎる。 北朝鮮と違って情報は届けられるが、結局は地元有力者や軍・政府関係者の意向が地域社会を支配している。 日本出身者どころか朝鮮系も遠ざけ、スラブ民族主体で島民を構成しているのはそういうことなのだろう。
 日本は改憲して普通に戦争できるような軍隊を持った国になり、脅しか戦争で島を取り返すというのが、当初の安倍首相の想定だったようだが、頓挫してしまった。 自衛隊のままに島の奪還を目指すには、軍事衝突を避けられるタイミングが必要となる。 具体的には、他国軍とロシアの戦争等で、島からロシア軍が退却した隙に上陸して防衛戦を張るしか無いということだ。 ロシアにそんなことができる国となれば、アメリカしかあるまい。 ところが、トランプ政権は親ロ反中を最初から決めてかかっているので、覆すことはかなわない。
 大国同士が戦争をするには、ロシアと中国が国連の常任理事国になっているということが問題になる。 今では核兵器を持つ国も増えて、常任理事国だけが世界を地獄に変えられるわけではない。 それなら、国連から中ロをはずすことを目指すか、できないなら新国連の創設を目指すべきだろう。
 大戦と冷戦の経験が新時代の転換を足踏みさせいる。 だが、次の一歩は大きく動きそうだと直感がそう言っている。 中ロ自身がそう感じて情報戦に備えるべく、ネット上で戦争訓練をしている状態だ。 しかも国家による数々の悪虐非道も国防の声でかき消している。 扇動された国民を盾にしているというわけだ。 そういう国民を皆殺しにしても民間人虐殺の汚名を着ずに戦争ができる自信が我々にはあるだろうか。 武力増強だけ目指しても、解決に近づかないことは知っておくべきだと思う。

人の言葉に流されることの意味

飲食店で「ごちそうさま」不快? : 発言小町+ : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/komachiplus/kuragetlogy/20180327-OYT8T50046/

 どちらの気持ちもわかるから、敢えて書くけど、不快に感じる人はなぜ自分がそう思うのか、思慮が足りていない。 なるべく目立ちたくない人見知りだったり、金銭以上の対価をやり取りする関係にしたくなかったりしているのだということを自覚するべき。 そこに自分が示唆を感じる必要もないし、他人に姿勢を強制する必要もない。 安易に「キモイ」という言葉で共感を求める必要もなければ、「キモイ」と言われたからといって共感する必要もない。
 群れたがるのは、群れの中に隠れれば安全性が増すせい。 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というように、例え間違っていても罪には問われずに済むとい計算が無意識に働いている。 そもそも、正邪を言い切れないことなら、同調せずに静観静視で十分。 むしろ、ローカルルールを多く作ろうとする人の心をよく読んでリスクを把握することが大事。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »