« 人手不足・予算不足による事故死の責任 | トップページ | 宇宙汚染条約 »

2019年3月28日 (木)

裁定者気取りの教委

体罰訴えた生徒の実名を当該教師に伝える 生徒は不登校に | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190327/k10011862401000.html
教育委員会は「対応が適切だったとは言えないが、事実を確認するためにはある程度の情報を本人に伝えることもやむをえない場合もある」とし処分の対象にはあたらないとしています。

 月末になるとなぜかニュースが多めになるので少々読み疲れてしまう。 だが、中でも目に止まったのはコレ。 教師による報復はありえないと思っていたというマヌケ系か、あるいは、むしろ身内たる教師に物を言うガキに報復は当然と考えるオレエライ系かのどちらかと思われる。 教委は元校長や地元の名士が選ばれたりするものだが、教育の専門家でも何でも無いのがいたりする。 自分の子どもを体罰で育て上げたことを自慢すようなクソ親も多い。 また、不満をいう家族全体を反逆的と捉えて、村八分にしてしまう。 私はド田舎の教育委員会など廃止にしてしまえと思っている。

« 人手不足・予算不足による事故死の責任 | トップページ | 宇宙汚染条約 »

教育・道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人手不足・予算不足による事故死の責任 | トップページ | 宇宙汚染条約 »