« AIの追従限界 | トップページ | すでに景気変調シグナルは出ている »

2019年3月10日 (日)

戦争のサイクル期

「死ぬまでのリスト」トランプ氏との電話 党派超え実現:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM3925LDM39UHBI004.html
トランプ氏の選挙運動の手法に「恋に落ちた」と言うほどの支持者だ。

私は美談だとは思わない。 むしろ、同じ境遇の皆が同じことを期待できるわけではない以上、公表しない方がよかった。 ただ、彼のようにどうしてトランプ好きになるのか、については興味はある。 やはり、戦争や歴史を知らない世代には、独裁者は魅力的に映るということなのだろうか。 支持者はトランプは独裁者ではないと言い張るが、独裁志向者・独裁者予備軍といえば正確か。 段階を踏んで個人権力の集中を目指しているのは間違いなく、合法的範疇で行動するが人目につかないところでは非合法も厭わない。 そんなのに惚れてしまう人を優先的に病気から救ってやりたいとは、私が神仏なら思わないだろう。 こんなのがごろごろいる時代になったのだとしたら、反戦・平和教育は拡大せずに停滞・減衰期が訪れているのかも知れない。 今の時代、全力で全面戦争をやったら国どころか地球が壊れる。 超楽観主義者だけが、ファイティングポーズを取れる。

« AIの追従限界 | トップページ | すでに景気変調シグナルは出ている »

教育・道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AIの追従限界 | トップページ | すでに景気変調シグナルは出ている »