« 自己免疫疾患 | トップページ | 陸連の説明下手 »

2019年4月24日 (水)

いじめ事件の風化画策

自殺生徒の献花台荒らされる 仙台、悪質ないたずらか | 共同通信
https://this.kiji.is/493384171915248737
https://www.47news.jp/news/3502260.html

 事件の関係者が、逆恨みで起こしているのであれば、許されることではない。 反省の仮面を剥いで素面での説明を求めたい。 また、事件を風化させたいと考えた地元民がしたことであれば、やり方が間違っている。 この地域の冷たさをメディア発信して迷惑この上ない。 仙台市は法やモラルよりも加害者側住民の憂さ晴らしが優先されるほど辺境の地なのだろうか。 事件解決後の再発対策の済んだ穏やかな日々の中で自然に忘れ去られていくのは仕方ないが、意図を持って無かったことに画策する人間の存在は、逆に事件がまだ終わっていないことを印象づけ、地域社会に疑心暗鬼を植え付ける。 犯人が特定できなくても地域住民ができることはあると思う。 絶対にこのような荒らし行為を認めないと宣言してみせることで、誰の味方なのかを誇示するのは有効だろう。 その程度のことができない地域社会には、後ろ向きで病的なものを感じる。

« 自己免疫疾患 | トップページ | 陸連の説明下手 »

教育・道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己免疫疾患 | トップページ | 陸連の説明下手 »

カウンター

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ