« トランプは大胆かつ臆病 | トップページ | 玉虫色法令への遵守 »

2019年4月19日 (金)

ビジネスジャーナルに巣食うデマゴーグ

「トランプ氏、無罪放免せず」 捜査報告要旨 :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43932870Z10C19A4FF8000/

 上記のようにトランプ大統領のロシア疑惑について、モラー特別検察官は証拠不十分(=グレー)だと言っている。 それにも関わらず、ALL or NOTHING のつもりか、無罪だと決めつけている日本の自称ジャーナリストがいる。 例えば、この木村貴。 「本ブログは一部を除き、合理的な歴史的かなづかひで投稿します。」というようにかなりの自己陶酔型だ。 元新聞記者を名乗っているが、どこの新聞社か明らかにできない事情でもあるのだろうか。 独学だからというなら、元新聞記者の肩書も不要というものだろう。

2019.04.17
米NYタイムズ、嘘報道でイラク戦争起こし多数の犠牲者…嘘のロシア疑惑で政権批判も | ビジネスジャーナル
https://biz-journal.jp/2019/04/post_27535.html
2019.02.27
米国トランプのロシア疑惑、2年経過も証拠なし…主要メディアの偽ニュース続々発覚 | ビジネスジャーナル
https://biz-journal.jp/2019/02/post_26878.html

 モラー特別検察官による発表は4月18日なのに、なぜこの人は前日や2月に証拠の有無について断言してしまっているのだろうか。 ロシア疑惑のうち、ロシアとの共謀は否定されたが、司法妨害については権限が無く判断を議会に委ねると検察官は答えている。 これをどうして全面無罪と読めるのか私にはわからない。

木村 貴さんのプロフィール - はてな
http://profile.hatena.ne.jp/KnightLiberty/

以前のTwitterアカウントはこんな状態

Knightliberty21

 

またこの男はBJで次のような記事も書いている。

障害者への強制不妊手術という優生政策を正当化…“福祉国家”の危険な正体 | ビジネスジャーナル
https://biz-journal.jp/2019/01/post_26480.html

 昭和の日本は人口過多で、今とは違った意味で福祉費用を如何に抑えるかが自治体の課題だった。 公害さえ裁判所は国を忖度して国家賠償を認めないような時代だ。 優生保護法では母体保護目的での中絶の容認も実現しており、内容の全てが悪法というわけではない。 ここでも、このデマゴーグはこの事実を伏せた上で、左党だから(全面否定すべき)悪法案を提出・成立させたというイデオロギー論を持ち出している。 まるで福祉拡充が優生政策を押し進めた原因だと言わんばかりで、そのようなことは当然事実に反している。 正しい医学知識がなかった成立当時より、正しい知見が得られた後でも法改正を遅れさせたことの方が罪深いはずだ。

 国家による福祉の補助は決して否定されるものではない。 国家が「万人は生きて社会に貢献しろ」と言うなら、自助努力だけにこだわるべきではなかろう。 障害者を役立たずとみなして福祉を細らせ、家族ごと自殺に追い込もうとする人間は、一方で国家による安楽死を求める覚悟もない。 自分の手を汚したくない、自分の身近に障害者が出るはずはない、と思い込みたがる現実逃避人間だと私は思っている。 その一端が、この自称ジャーナリストのブログの“かなづかひ”に表れているように見受けられるのだ。

« トランプは大胆かつ臆病 | トップページ | 玉虫色法令への遵守 »

報道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプは大胆かつ臆病 | トップページ | 玉虫色法令への遵守 »