仕事・職業

2019年4月17日 (水)

被害者面も想定範囲内

休みなし、未払い440万円…逃げた中国人実習生の願い:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM3M5KB1M3MOIPE02T.html

中国の僻地でさえ、今時は携帯・スマホの電波は飛んでいるだろう? 日本に来る前になぜネットで調べない? 違法に巻き込まれる可能性を承知で来日したんじゃ、業者と利害一致の上での不法就労・入管法違反抜けだしと見られても仕方あるまい。 被害者面も想定範囲内じゃ、助けたくもなくなる。

自治体職員の向上心・モチベーション

文字盤使うALS患者側に「時間稼ぎか」 市職員が発言:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4J52LLM4JUTNB00Y.html

 障害者をただ税金を浪費する厄介者扱いする公務員があとを絶たないなぁ。 現行のサービス内容だって、多くの自治体が知恵を絞って組み立ててきたもの。 それを完成品・ルーチンワークとみるから、自分のすべきコスト改善を見つけられないのかもしれない。 そんな無能な職員を、あと2人の職員はただ眺めていたのだろうか。 暴言が同僚・後輩なら諫めるべきだし、上司なら内部告発ものだろう。

2019年4月15日 (月)

IT化とストライキ

港湾労働組合 22年ぶり平日にスト コンテナ積み降ろしできず | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190415/k10011884581000.html

鎌倉時代より以前から、海辺には修羅が住むと言われている。 海賊とは言わないまでも、威勢の良い漁師がいるからだろうか。 港湾労働は漁業ほどではないにしても、実はキケンな仕事場。 建設現場並みと言ってよいのかも知れない。 コンテナに挟まれたりする事故があるのだろう。

近年のIT化は港湾にも及んでいる。 特に中国の全自動化は国家戦略規模。 港湾を含めた日本の労働者の賃金は上げざるを得ない生活状況下にある一方、IT化が今以上に遅れれば、その分国内価格や輸出価格に転嫁されて国際競争力は落ちてしまう。 国や運営会社が泥をかぶるなら、いっそ早い方がよいと思えるんだが。

2019年4月13日 (土)

反省したフリ

業界HP「げんしりょくむら」閉鎖 「ふざけすぎ」批判:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM4D55L4M4DULFA024.html

原子力団体サイト「炎上」 命名や絵柄「ふざけすぎ」 | 共同通信
https://this.kiji.is/489174970892141665
https://www.47news.jp/national/genpatsu/3460968.html

一般社団法人 日本原子力産業協会 |
https://www.jaif.or.jp/

企画者は日本原子力産業協会の石井敬之(副主管?)という人だという。
で、お詫びページが以下なのだが、タイトルの「XXXXXX」って何のつもりか。

XXXXXX
http://village.jaif.or.jp/

お詫びを飾り立てる必要はないが、それでもこのおざなりな素気の無い文章ページに協会の悪意がにじんでいると感じるのは気のせいだろうか。 自分らは賢いと思っている限り、何度でも事故は繰り返される。 だが、失敗を糧にして人類は進歩するものだから「原発の再稼働を」というのは間違いだろう。 ただの一度の失敗も許されないものに手を出すべきではないからだ。 しかも人間は反省を忘れる生き物。 彼らは、たったこれしきのこともわからない。 ちなみ、このような失態を繰り返すようなら、石井氏には顔出しでご登場願いたいところ。

Villagejaiforjp

2019年3月31日 (日)

女性にかかわるバイアス

塚原千恵子氏「世間から悪者扱いされた」パワハラ騒動で:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM3Z6T4LM3ZUTQP02Y.html

世間の当初の反応は

  • 愛らしい少女が訴える声を拾ってあげなきゃ
  • 師弟愛を引き裂くなんてひどい

というものだったかと。 現実は、宮川選手は思い込みが激しく、受けた暴力指導からかばってもらうのを余計なことすんなと逆上。 世間はその可能性を見抜けなかったが、スポンサーに某ヘイト医師を選んだことで、「ほんとうにこの選手は冷静な判断ができるのか」と流れがかわったように思う。 今回は選手の自爆とも言える行為で、塚原夫妻ほぼ無罪の真相を受け入れられた。 だが、再発防止観点から見れば、安易に容姿端麗な少女の言葉を鵜呑みにする、安っぽい同情心やら共感性は、女性評価の点からも非難されるべきだろう。 女性にかかわるバイアスをどう取り除いて評価するのかを真剣に考えないと、真の社会進出などできようもない。

2019年3月30日 (土)

未来を読めていない日本の重電

日立、無期転換求めた女性の解雇撤回せず「違法性ない」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM3Y61Y1M3YULFA04M.html
日立は初回の団交で、労働局から助言を受けたことを否定したという。2回目の団交で、労組が情報公開請求で入手した労働局の「助言・指導処理票」を示したところ、一転して助言を受けたことを認めたという。

 何万人という社員を抱える大企業が、たった一人を押し込む余裕が無いはずがない。 日立の社風の最悪なところは、家父長的とも言える上司絶対主義。 この手の会社の特徴は「オレ優秀、オマエはダメ人間」という差別意識がデフォルトで横行している。 この件でも「絶対入社させるな」という厳命が役員から下っている可能性が高い。 メディア向けには“病むにやまれず”的な表向きの筋書きを演出しているが、実際は腹黒。 私なら日立はそこまでして入りたいとは思わないから、最初から近づかないけどね。 自社ブランドを棄損してジリ貧を招いている原因が、まさか自分自身だとこの会社の役員にはわかっていない。

2019年3月29日 (金)

裁判官の人間性

「無実ですよ」強く握り返した手 意思の疎通難しくても:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM3Q4SK1M3QTIPE025.html

冤罪は無実の人の人権を踏みにじる実質的な監禁・名誉棄損行為というだけでなく、真犯人の逃走に加担する実質的な共犯行為でもある。 だからこそ、安易な自供はしてはならないし、法律上問えなくても検察や裁判官の罪は存在する。 特に裁判官には間接証拠のみで有罪判断をしなければならない場合があることは承知するが、それだけに人物・人格を見極める深い人間性を持たねばならない。 “無実の嘘”や“真実の潔白”を見抜かずともよいのであれば、AIにでも裁判官をやらせておけ。

2019年3月15日 (金)

最もIT化が進まないのは行政窓口

行政手続き電子化法案を閣議決定 個人番号の紙カード廃止 | 共同通信
https://this.kiji.is/479091114877977697?c=39546741839462401

セキュリティ上、厳重な管理を求められる申請については Face to Face を求められるので、役所まで出向かなければならない。 私は、それは仕方がないと思っている。 だが、行った先の役所での申請が未だに全て紙という現状には、「違うだろ!」 と感じる。 その場に嘘偽りのできない当人・代理人がいるという事実が大事なのであって、筆跡を含めて電子入力させることは技術的に可能だろうが。

見せしめと社長の器

ノジマ社長、社内ネットで実名挙げ「使い物にならない」:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM375DCWM37ULFA014.html

 法律を知っている人はわかっているが、名誉毀損の成立には事実かどうかは関係がない。 不特定第三者に当人を中傷して見せることで成立する。 社内報とは言え、全く当人を知らない社員にまで悪口を聞かせることはパワハラだろう。 しかも、その内容が人格の否定のみで具体的な根拠がまるで書かれていないとなれば、社長の器が疑われる。 自分が常に評価する側に立っているんだという驕りを感じさせる経営者は、なぜ社員が付いてこないのかを知ることはない。 「『使い物にならない』のはどっちだ」と。 こんな時代だからこそ、恐怖政治やファシズムの芽が身近にあってはならないと僕らは思う。

2019年3月 5日 (火)

AIアナの次はAI秘書

100万文字で4ドル? AIアナが登場、どうする人間:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM266VR8M26UTIL08M.html

 近未来的なことを書くならば、おそらくは聞く側にも AI が登場すると思っている。 というのは、おびただしい情報の洪水で、まずその取捨選択に手間取っているのが現状だから。 知る側の知識量によっても要不要が変わってくる。 放送側は最小公倍数的にニュースを垂れ流すが、視聴者は最小公約数的に絞り込まなくてはならない。 興味のあるニュースに絞る民間会社はあるにはあるが、流石に安価とは言い難いし正確性にも限度がある。 その点を AIロボットが克服するのは必然のように思う。 AI秘書がいれば欲しいだろう?
 ただ、これがフィルターとして過度に働いてしまうと、井の中の蛙を増やしてしまいかねない。 自分の世界で完結してしまい、社会へ何の影響力を持たない人間であふれかえったら、コミュニティや国は崩壊するかもね。 物事の判断を自分の持つ知識だけで行う以外に、友人との持つ知識と併せて判断することもある。 実際に友人に声を掛けるには先方の都合を考えなくちゃならない。 しかし、友人のAI秘書ならもっと気軽に連携できるかも知れない。 この先、AI秘書の処理能力を多く持てる人ほど、人気が出る可能性はある。 その計算に使われるクラウド業界は、この先100年は安泰だろう。

より以前の記事一覧